人気ブログランキング |
愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Top
じぇえ邸
2005年 06月 21日 *

じぇえ邸_e0022439_09251923.jpg


今日は「お宝拝聴団」団長yukinyさんと徳島の「じぇえ」さんちにお邪魔した
じぇえさんは昭和53年生まれだそうだがシステム構成は15年生まれのマニアみたいである
EMT950>McintoshC22>MC2300>Altec620という構成
デジタルはエソの銀のやつ(おおざっぱですんません)>DAC-1となっていた

部屋は自社ビルの一室で約30畳と広く天井も高く3.3mくらいはありそうだった
事実上じぇえさんの専用ビルとなっており好き勝手に使える環境のようでうらやましい
天神橋あたりのぶっとんだマニアを髣髴とさせる環境だ w

さっそく聴かせてもらう
スピーカーはAltecとなれば当然オープニングはJAZZ それもアナログがふさわしいだろう
LP保有枚数もかなり多く「マックスありますか?」と問えばサっと出てくる
MaxRoachのIN Consertをボリューム大盛りでお願いした

ポンと置いて適当なアンプで鳴らすと聴くに堪えないカンカンした音が出やすい604系ユニットをうまく飼いならしているのが判る
低域の伸びはそれなりであるが中域の充実と不足の無い高域だ
熟練のベテランマニアがまとめあげたシステムと言われても納得するようなバランスである
まだお若い「じぇえ」さんなのに感心してしまった

(お若いのに気の毒にもう普通の生活には戻れませんね w)

見渡せばそこらじゅうセッティングに工夫があり細やかな神経で試行錯誤をくりかえしたであろう苦心の跡がうかがえる
604にしてはじゅうぶんな音場が得られているし定位もしっかりしていた

あれこれと聴かせていただくうちにいつもご本人が聴いている音量で鳴らし始めると非常に説得力のある音が出始めた
ここらへんもいかに神経を使ったシステムであるかがうかがえる
常用音量でもっともウェルバランスなのは苦心を重ねた証拠であろう

驚いたのはデジタル系統の音だった
アナログと併用されているにしてはちゃんとバランスがとれていてソースの違いによるクォリティの差を感知しにくかった
自分もアナログとデジタルの音質差を埋めるために苦労しているのでよく判るがこれはけっこう大変な作業なのである
じぇえさんが並みの腕ではない証拠なのではないだろうか?

子供の頃の溜まり場みたいでついつい居心地がよく長居してしまいそうな環境だし
次から次へと「おっさんを喜ばせるツボ」をこころえたネタを聴かせてくれる
「これはダレでしょう?」と聴かされたJAZZスタンダードが平山ミキだと当てられたのは快感であった
おっさんの耳を馬鹿にしちゃいかん ムーンライトサーファーなんか擦り切れるほど聴いたんだ w

楽しいひと時をありがとうございました
美味しい徳島ラーメンのお店にも大満足でした
またお邪魔させてもらって今度は70年代歌謡曲大会でも開催してもらいましょう w

by darda95_215 | 2005-06-21 19:18 | オーディオ | Comments(0) *
<< NAOK邸訪問 ページトップ JBL375 >>
The Original Skin by Sun&Moon