愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
読書用老眼鏡
2017年 11月 26日 *
読書用老眼鏡をAmazonで買った、送料込み4本で15ドル。
150ドルの間違いではない、日本円で2000円弱である。
この値段で採算がとれるのか?従業員はちゃんと給料もらってるのだろうか?

活字を読むには文字だけに集中できるよう視野一杯にしたいから普段の眼鏡とは違う。
e0022439_21371879.jpg
一度ざっと目を通しもういちどゆっくり読んでいる。
現代風に訳されていても候文は明治の条約や高官の手紙など読むのは喉につっかえながら読むことになる。
しかし他人の手が入ってない生の言葉として必ずのみこんでおきたい、こういう文をサラッと読める大人になりたいものだ。
e0022439_21372530.jpg
眼鏡は全て老眼鏡、家にいるときはほぼずっとかけるようになってしまった。
安物を3種使いわけている。読書用3.25、普段用2.0、ゲーム用2.5だ。
眼鏡屋で調製した高価なものは孫たちに壊された。
e0022439_21373150.jpg

暗い部屋なので読書灯も必須。
e0022439_21373617.jpg






























それにしても少し読んだだけで明治人が国家についてどれだけ危機意識を持っていたかうかがわせる。
自らの命と引きかえに敵の命を奪うことをためらわない護国の牙を持つ気概にあふれていた。
昭和人はその牙をもがれ飼いならされたことに気づいていない、平成人にいたってはなにをや。

今こそ朝鮮半島とのつきあいかたは北に圧力、南と断交。
半島の赤化統一を促すべきだ。
そうしないと憲法は改正できない。
改正したら国連軍に参加して竹島を奪還し38度線まで攻め上る。
無論「休戦」が落としどころ、日本軍は全て引き上げ領海領空を厳しく護る。

弱肉強食だけがルールの国際社会にあって「悪辣」であろうと「人道に反する行い」であろうとも国を護るためには、朝鮮を膺懲し併合すべき、と八百屋のおっさんが新聞に投書した明治人。

それは大事な家族の先には隣近所がありおらが村があり国家があると考えていたからだ。
昭和人、平成人は護りたい家族は国家と無関係だと考えているのか。

再び日本に核が落ちない限り目覚めないのかもしれない。

そのとき大くの家族はもう失われている。
















[PR]

by darda95_215 | 2017-11-26 22:43 | Comments(0) *
<< 神さんが甘やかしとる男 名古屋編 ページトップ ふと思うに >>
The Original Skin by Sun&Moon