愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
*

*
2015年 10月 26日 *
ドライバーの裏蓋外しが流行っているらしい。

20年ほど前に本来音が出る穴を塞ぎ裏蓋を外して尻を向けドーム型ツイーターとして使うお宅にお邪魔したことがある。
クセっぽさを感じない素直な鳴りかたで好印象だった。

さっそく真似しようとするが。
e0022439_09442295.jpg
残念ながらこのZingali純正ドライバーは黒いプラスチックのダイアフラムホルダーを裏蓋と共締めすることで固定される機構なので裏蓋は外せない。
e0022439_09422352.jpg
せっかく引っ張り出したので試す。


このドライバーをツイーターにしてみたのはずいぶん前だ。

075と替えてみるとスムーズでまろやかなタッチだ、バイオリンや女の声が滑らかになる。
さしすせそに色気を感じるのは同じマイラーエッジを使ったRADIANのダイアフラムにも似ている。

しばらく試してみよう。





[PR]

2015年 10月 23日 *
女性ボーカルを調整に使う癖がある。
癖というよりも聴きたい音は女の声なのだ。
e0022439_12100688.jpg
いろいろ弄っているうちに「勘どころ」みたいなものが見つかる。
あとは聴きながらあれこれやるだけなのだがやっと手に入れた持ち家の音は明るい未来が見えない。

木造二階の部屋に「サンパチダブル」はやはり厳しい。
おまけに分厚いパッドを敷きこんだ全面絨毯張りは女の声から色気を奪う。
e0022439_12240303.jpg
初めてのダブルウーハー4435を二階に持ち込みそれまでの4343よりもずっと難しいことに気づいた。
その部屋も床と壁を補強したつもりだったが、事務所を改造してオーディオルームを手に入れてそれまでどうにもならなかったことが簡単に解決したことをはっきり覚えている。
しっかりした床と高い天井、これがなくてはバカでかいスピーカーは諦めるべきだ。

ある程度音が決まってから片付けようと思うのだが決まらないから片付かない部屋。

すこしうんざりしてきた。
e0022439_12042253.jpg

いろいろと調整方法について思いを巡らせているとなにかの虫の知らせか「あの人」のブログにいろんな示唆が溢れていた。
長くオーディオを「真剣に」やっている人の言葉はツボを押さえている。

e0022439_12050880.jpg


おまけにZingaliを放り出してUrei811か809を考えていることまで見透かされていたようだ。
過去に使ったスピーカーで中島みゆきの再生においてUrei813を凌ぐ音をまだ聴いたことがない。

Ureiの強い個性も今の部屋では強みになる気がする。
もう私のオーディオは終活の時期かもしれない、規模を縮小してもっと気楽に音楽を楽しむべきだろう。
















[PR]

2015年 10月 22日 *
大いに惑う。
2441のクロスを812Hzにする。
075を鳴らさない。
e0022439_13314767.jpg
e0022439_13303226.jpg
e0022439_13310117.jpg

e0022439_13320614.jpg
e0022439_13354179.jpg
e0022439_13322562.jpg
木造2階だともっと小さいスピーカーを選ぶべきだ。











[PR]

2015年 10月 11日 *
中島みゆきのSinglesNo3を20回聴きつつ。
2441のクロスを297Hzまで下げた。
4.43kHzを中心にイコライジングした。
075の低域カット用コンデンサー値を変えた。

どうでもいい話なのでプリンセスをお楽しみください。
e0022439_1046115.jpg
e0022439_10463153.jpg
e0022439_10464432.jpg
e0022439_1047119.jpg
e0022439_10471258.jpg
e0022439_10472653.jpg
e0022439_10475328.jpg
e0022439_10485375.jpg
e0022439_1049126.jpg
e0022439_10492562.jpg

[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon