「ほっ」と。キャンペーン
愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
*

*
2014年 02月 17日 *
「タダ」で貰ってきた往年の名機JBL4311BWXが新しい玩具として暇つぶしに貢献している我が家。
e0022439_549290.jpg

長い間放置されていたせいかウーハーの動きも悪いし、汚い音がする。
スコーカーのひび割れが原因で「挟雑音」がするようだ。

確認のためスコーカーに顔を近づけて聴いているときにあの「古いJBLの匂い」がした。
なぜ古いJBLからは同じ匂いがするのだろう。
ちょっと酸っぱいようなあの匂い。

期待に胸を膨らませてショップの試聴室に鎮座するJBLを聴くときに必ず匂うあの匂い。

なんだかタイムスリップしたような気分になる。
e0022439_5491336.jpg

DBボンドを使ってみようとしたがすでに使い物にならなくなっていた。
e0022439_5493441.jpg

あきらめてそこらに転がっていたボンドを使う。
綺麗に仕上げるよりもビビり音を消すことが目的なのでたっぷり盛る。
e0022439_5495088.jpg

古田織部が好んだという破れの可笑しみが出てよりいっそう味のある姿になった。
e0022439_5503130.jpg

ボンドが乾くのを待つあいだウーハーとツイーターだけで聴いてみる。
チャンデバのパラメトリックイコライザー機能を使い好みの音を探ってみると案外ちゃんと聴けることに感心。
この2231Hというウーハーはなかなか味のある鳴りかただ。
軽やかなベースラインやドラムスのキレはこのウーハーの美点だと感じる。
e0022439_5511231.jpg

ほとんどスルーに近いのではないかと思うくらい高音域までひっぱって使っているようだ。
女性ボーカルなどではフルレンジに近い「肉声感」を感じる。

JBLシンパにはおなじみのLE25というツィーターも相変わらず好ましい音を出す。

栃木のライブハウスの不良マスターに教えてもらった「FrancaMasu」
熟女ボーカルがなんとも言えない色気を醸し出す。
e0022439_551262.jpg

乾いたようなので取りつけて試聴。

残念ながらまだ少しドジな音がする、「織部好み」の修理は失敗に終わったようだ。

スコーカーを絞ろうとアッテネーターを弄っているうちにガリがあることも発見。
重複した不具合の可能性もある、じっくり遊べて楽しめると思うことにした。

二本をピッタリとくっつけてあるのはモノラルを聴くため。
e0022439_5513795.jpg

なるほど、これはなかなか面白い。

ドジな音がするスコーカーを捨て、プレーンバッフルに仮想同軸配置して「モノラル専用機」を造ってみたらどうかと妄想が湧き上がる。

ただの妄想なので造る可能性は低いことは言うまでもない。
[PR]

2014年 02月 15日 *
友人が家の改装をして不要になったから「プレゼント」してくれると言うので貰ってきた。
e0022439_1144185.jpg

JBL4311BWX

オーディオ少年だったあの頃に街の電気屋で何度も聴いたJBLである。

値段のわりに見た目が古臭く

「これで聴くJAZZが最高よ!」

などという店員のセールストークもJAZZなど聴かない当時の私には効果がなかった。

今の私には嬉しいプレゼントである。
e0022439_11441580.jpg

アンプにはハイルドライバーに充てていたCrownPS200を使う。

夜中に小音量で聴く時には図体のでかいZingali95-215よりも軽快でいい音が聴けるかもしれない。
e0022439_1157328.jpg

手持ちの小型スピーカーを試していたところにやってきたので散らかっている。

片チャンネルのスコーカーがひび割れていたりエッジがカビたりして決して良い状態ではないが音は出た。

ずっと鳴らしてなかったせいウーハーがちゃんと動いてないような音だ。



さてさてどうなることか。

オーディオに対する情熱を失ってしまっているがしばらくは「玩具」として遊べそうだ。
[PR]

2014年 02月 08日 *
「だーだワシが運転するわ、雨の日って緊張するー!」とは言っていない。
e0022439_218285.jpg

どうにも腰が重く作業に到らないでいた「飛ばしてしまった2441のダイアフラム」雨でゴルフもつまんなさそうなので、キャンセルして「オーディオ弄り」
e0022439_2191846.jpg

飛ばしてしまったダイアフラムは2445Jから移植したチタン、今回用意したのはアルミのようだ。
ピン位置がずれていてフィットしないかと思っていたが、極性のマークを無視すればピン位置が合うことを発見。
極性なんてチャンデバで変えられるし、ウーハーとのつながりで判別すれば正逆または正正の組み合わは耳でわかる。
e0022439_2115740.jpg

中華製品だからなのかピン穴が浅くドリルで追い加工してようやく完成。
e0022439_21202025.jpg

音は出た。
e0022439_21192835.jpg

ずいぶん地味で輝きのない音に変わった。
e0022439_21215512.jpg

女性ボーカルなどでは色気が出て良いかもしれない。

素性がどこの国の物であれ、真空管の順列組み合わせ、パラメやイコライザーを使えばなんとか気に入る音は見つかるだろう。

昔だったらさらにスピーカーの位置を50cm刻みから5センチ刻み、最後は数ミリの一蹴りで音響測定を繰り返し調整し、電線の相性なんかも考えたものだ。

今は・・・




音が鳴ってるだけで幸せ。
[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon