愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
*

*
2013年 04月 23日 *
e0022439_1817157.jpg

今日アマゾンから届いた。アメリカでアメリカの音楽を注文したら日本製だった不思議。
[PR]

2013年 04月 09日 *
足取りの重い2235を最低域に使い、その上には張りとパンチがある2226を使っていた。
e0022439_15495231.jpg

大音量で聴けている頃はそれで満足していたのだが小音量ではその変則的な使い方のせいか違和感を感じていた。

2226の使い方にはいろいろと制約がある。
不快な音が出ないようレベルや帯域に気を使う必要があるのだ。

女性ボーカルで顕著なのだがギャザードエッジから出ているであろう音が聴こえてしまう。

4343を使っていた頃、ロールエッジの150-4Cと2231を換装した時と同じ不満である。

小音量かつスピーカーに近接して聴取する現在の環境では加水分解してしまう運命を持つが、ウレタンエッジのほうが静かである。

ハードバップなどでもどかしさを感じる2235だが女性ボーカルで見せる優しい音は2231にも通じる美点である。

女性ボーカルでは2226と2235の受け持ち帯域を逆にして使っていた。

今回思いきってエッジを張り替えて2235をダブルで使うことにした。
e0022439_15563762.jpg

結果は労力を使ってシステム変更する度に感じてしまう愚かさではあるが良くなったように聴こえる。

設定を追い込んでいくのには日数がかかるがなんとか鳴らせそうだ。
e0022439_16103796.jpg

HALさんにNY土産として貰った「TomHarrell/NumberFive」
e0022439_16155991.jpg

勉強不足の私は知らないジャズメンであったが素晴らしい演奏だ。

ジャズジャイアンツのエッセンスをたっぷりと含みながらも現代の演奏であることを伝える秀作だ。
作曲も担うバンドリーダーのイメージをしっかりと演じきるサイドメンもかなりの出来である。

緊張感を失わず深く深く心に沁みるアルバムだ、機会があればぜひ聴いて欲しい。
私の雑な文章では伝えきれない精神性を持っているように感じた。

ここ何年かで聴いたアルバムの中で最も印象に残るアルバムであった。

何度も何度も呆けたように聴き惚れては調整を繰り返す。

HALさんのお蔭で快調を取り戻したエレナが

「まだまだイケる」

と訴えているようで嬉しくてたまらない。
[PR]

2013年 04月 07日 *
HALさんがNY経由で遊びに来てくれた。

耳の鋭いHALさんに誤魔化しは効かない。

「かなり前からなんですがドライバー帯域が歪んでいます、ギャップ掃除も兼ねてダイアフラムの交換もしようと思ってすでに購入してあるんですが・・・」

と言い訳をする。

「ずっとやっていないという事はこれからもやらないと言う事でしょ、今やりましょうよ。」

と言ってくれた。

大変申し訳ない気持ちもあったが、独りでやるのは結構面倒な作業なので「渡りに舟」

「よろしくお願いします!」

と返事したのは言うまでもない。

e0022439_7432644.jpg


愛しのエレナちゃん自慢のウッドホーンはMDFの筐体にキャップボルトと鬼目ナットで固定されている。

馬鹿な私は電動ドライバーで押し付けながら弛めていた。
鬼目ナットがボードから外れてしまい空回りしてホーンを外せない。

実は今まで作業していて同じ目に何度もあっている。

こうなるとウーハーを外し内部に手を入れて鬼目をペンチで掴みボルトを外す必要がある。

鬼目が板に食いついている力は弱い、それを電動ドライバーで突きながら回したら脱落するのはあたりまえ。
アレンキーでそっと弛めていかないとこういう面倒な事態に陥ると非常に基本的な指摘をHALさんから受けた。

基本がなってない素人の悲しさである、まさに「自明の理」そして「目から鱗」であった。

摘出に成功した2441とウッドホーン、JBLユニットを搭載できるように友人に造ってもらった鉄板のアダプターが重い。
対面するのは前回ダイアフラムを飛ばしてしまって以来である。
e0022439_86294.jpg

某社のマイラーエッジダイアフラムを試したが音が気に入らず2445から拝借したチタンダイアフラムを使っている。
e0022439_8153100.jpg

アルミダイアフラムを試したいと思い購入した社外品だが、届いてみたらチタン製だった。
返品も面倒なのでそのまま放置されていたのだが、ピン位置が違うことが判明、装着には加工が必要だ。

面倒なのでさっさと諦めて純正2445ダイアフラムを使うことにした。

爪が折れて再使用に耐えない鬼目ナットを購入すべく近所のホームセンターに買いに走っている間にHALさんがギャップ掃除を終わらせてくれていた。

結構なゴミが取れていた、残念ながらその作業をこの目で見る事ができなかった。

今後の参考になった作業であったのだが、見逃したのは無念。

e0022439_8284748.jpg

新しい鬼目をボンドを併用して固定する。

この固定方法も今までハンマーで打ち込んでいたがそれは間違いで、写真のようにボルトで締めてじっくり食い込ませてやる方が良いと教えてもらう。

いつでも役立つノウハウの塊のようなHALさんである。
e0022439_834224.jpg

速やかに作業を続けてくれている、手伝うのが本筋だが邪魔になりそうなので写真を撮った。

2226を外したままであるが音を出してみる。

嗚呼・・・

もっと早くやれば良かった、見違えるように清々しく喜び謳うエレナの声に深く反省する。

本当にありがたいことであった。


真面目そうだが洒落も理解できるHALさん。
e0022439_841157.jpg

ジャックダニエル砲を所定の位置に構えて音を聴く遊びもやってくれた。

孤島に住む私にとって定期的に訪れる天使のような存在である。


さて、残りの作業に精を出すことにしよう。
[PR]

2013年 04月 01日 *
家族が全て出払った隙をうかがい。
e0022439_65418.jpg

股間にジャックダニエル1.75リットルの空き瓶を挟んでみる。

なんだか「スゴイヤツ」になった気がするがそれが目的ではない。

手で蓋をしたりしなかったりを比べながら聴く。

日曜の朝からいったいナニをやっているのか理解できないお友達も多く居るだろうが、こんなくだらない事をする男だとご理解していただければ嬉しい。

蓋をしたりしなかったりで音に必ず同じ変化が起こる。

ヘルムホルツの理論など知らないがこの変化は面白い。

この空き瓶を目に入る色々なところに置いてみる。
e0022439_772464.jpg

視覚効果のせいだろうが空き瓶を置いた場所に音が引っ張られていくという現象も起きる。

ならば10本並べてみたらどうだろう。
e0022439_77487.jpg

1本の時と同じ方向により強く変化する。

やはり特定の周波数に同じような変化が現れるが、不思議なのは高域にも変化が起こることだ。

ガラスによって出来た空洞に、その共鳴音が乗っているのではないか。
目で見た効果のせいかも知れない。

空き瓶を次々に移動させては聴く、まさに暇人の行為である。

はるか昔同じようなことをやって途中で飽きて放り出した頃から成長していない。
閉塞作戦

なんとなく収まりがいい気がしてスピーカー内側の足元に5本置いてみたところで飽きてきた。
e0022439_719222.jpg

しばらく聴いていて違和感を感じるようになってきたのでチャンネルディバイダーを弄りはじめた。
レベルとクロス周波数だけを変えながらざっくりと変化の方向を確認しながら心地よい音を探す。

やはりデジタルチャンデバはほとんど無限とでも言うべき変化を音に与える事が出来る。





ふと気づいた。


本末転倒・・・

空き瓶を片付ければ元に戻るだけではないか。




そこに娘から帰宅すると連絡があった。

悪童どもに空き瓶を玩具にされては危険なので撤去した。
[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon