「ほっ」と。キャンペーン
愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
*

*
2012年 12月 06日 *
e-Bayで落札した荷物が遅いと思っていたがそれすら忘れた頃届いた。
e0022439_158529.jpg

早速繋いで聴いてみる。
よく見ると15dBのところに線が引いてない、別の製品ではないし異常無く音は出たのでよしとする。
e0022439_15102367.jpg

あと2台プラスチックノブのW444STAを入手したい。
我慢強く網を張って待とう。



私にとってエヴァンスは大切な思い出とともにあるピアニストだ。

あれはもう20年ほど前だろうか・・・大阪から新居浜に戻って何年かした頃だった。

行きつけの喫茶店が「元ジャズ喫茶」だということがきっかけでジャズを聴いてみたいと思った。

ママに相談すると

「ウチに来い、ナンボでもレコードあるけん。」

自宅まで押しかけて何千枚もある膨大なコレクションのなかから何枚かオススメのレコードを借りて帰った。

客にレコードを貸さない主義だから、絶対他の客に言うなと念押しされた。

かつてのオーディオ少年がふたたびオーディオ装置を入手した頃でもあった。
昔好きだった百恵ちゃんや中島みゆきを聴いていたが、それだけという状況に飽いたのだろう。
それまではジャズなんぞはオーディオ雑誌で見かけはするが「おっさんの聴くもの」だった。

手当たり次第聴いてみて何枚か気に入ったものがあった。

その中で

「ママ、エヴァンスとかいうピアノの人のレコードええねぇ」

と感想を言うと

「馬鹿たれ!オマエ、エヴァンスも知らんのんか!」

といつものガラガラのパッチパチな口調で言われたが、なぜか嬉しそうにエヴァンスについて話してくれた。

「ライブに何度も行った、東京が遠いのなんか気にならんくらいええピアニストなんじゃ!」

実はママもエヴァンスの大ファンであったのだ。

それから何年ものあいだママのレコードを借りては聴き、返しに行ってはまた借りてきて聴く日々が続いた。

常連客で忙しい喫茶店だったし、私も漫画を読むのにかまけているからジャズの話などほとんどしなかった。
たまにジャズについて問いかけたりするとやっぱりなぜか嬉しそうに解説してくれたものだった。

ママの体調不良をきっかけに店が閉じられたあとは年に何回かあう程度だった。

ハワイへ来てからは全くの音信不通となっている。

元気でいるのだろうか・・・


今夜は酔い潰れるまでエヴァンスを聴こう。
[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon