「ほっ」と。キャンペーン
愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
*

*
2012年 03月 31日 *
仕事中に見慣れぬ国際電話。

HALです、お困りのようですね。今ハワイに居るのでちょっと見てみましょうか。」

強面技術系専門家の多いダブルウーハーズの中でもプロとしてやっていた経験もお持ちのHALさんである。


まさに地獄に仏、ハワイにHALさん。


お仕事で年に何回かハワイにいらっしゃっているのは知っていたが、慌しく9時から9時まで仕事をしてビーチにすら出られないとのことで一度もお目にかかれずにいた。

今回は私の窮状をブログで見て電話をくれたのである。

奥様とご一緒にアバラ屋にお迎えしなんのお構いもせずアンプを見てもらう。
e0022439_19324659.jpg

ふむふむドレドレ・・・

テスター片手に診断中のHALさん。

あっという間に原因を発見!

e0022439_19334833.jpg

高域の補償回路のタンタルコンデンサーとやらが片チャンネルテンプラ状態だったらしい。
e0022439_1935116.jpg

チョイチョイとハンダ鏝で治す。

音を確認する。


治った!

夢のようだ・・・


左右チャンネルの出力差と音質差がステレオイメージを阻害していた。

しかも音が良好な日もあればまったくダメな日もあるという不定愁訴状態で、球と線を換えるくらいしかできない私にはプリが悪い事は判っていたが、絶対に見つけられなかった故障である。

まさにプロの技。

そこからも診断は続き複合的な原因が音を悪くしていた事が判明した。

1)高域補償回路のテンプラ。
2)出力端子のゆるみ。
3)球の左右音質差。
4)バイアス電流の狂い。

もっとも大きな違いは1)を補修したことによるものだが2)以下も見逃せない違いを感じさせる要因であった。

この事で脳内にステレオイメージがなんの造作もなく現れるようになった。
e0022439_1946576.jpg

しかし厳密に聴き始めるとまだまだネジレを感じさせる部分がある。

音像が顔は正面にあるのに胴体が斜に構えているような不自然さである。

HALさんいわく。

「マルチはスピーカーやアンプなど要素が多い、ひとつひとつのスピーカーで左右の音量をあわせなさい。チャンデバのゲインコントロールを使うのが常識。」

まさに目から鱗である。
今までチャンデバのゲインを耳で聴いて左右をあわせるなんて考えたこともなかった。
同じ数字でないと落ち着かず気持ち悪いとさえ思っていた。

そうではない、耳で聴いた結果がすべてである。

ウーハー、ミッドバス、ドライバー、ツィーターとそれぞれ左右の音量をざっくり耳であわせ音像が真ん中に来るよう調整する。
今までは左右のチャンデバの数字を揃えることしか頭になかったのだが、結果音像がスっとまっすぐ立つように聴こえてきた。

なんということ。

左右の音質差は球に依存する要素らしいので、教えてもらったバイアス電流の調整を行い色々な球を試して選別するしかない。

球の銘柄も音の要素として大きいのにその球の左右音質差まで追及するとなると少し気が遠くなるがやってみる価値はありそうだ。

なにはともあれ音は格段に良くなった。

ほぼ完調と言える気がする。

他にも細かいHow toを教えてもらった。

あとは己の耳を信じさらに調整することだけがHALさんの恩に報いることだ。


天はわれを見放さず。
我になにをさせようというのか・・・


とりあえず全て放り出してバジェットオーディオへの切り替えはなくなった。


HALさん本当にありがとうございました。

1人になって球の選別。
e0022439_22313239.jpg

整流管にはノイズは少なくないが元気な音のRCAを使う。
e0022439_22315075.jpg

ラインの球はやはりSiemensE288ccしかないようだ、まさに別格である。
e0022439_22325245.jpg

百恵ちゃんだとイモ臭さがつきまとうShureV15TypeIIIだがこの手の音楽はバリっと鳴る。

はやくOrtofonのアームを修理しVMS20MkIIなりMC20なりを使えるようにしたい。

なんだか燃えてきた。
[PR]

2012年 03月 30日 *
リベロさんが来るずっと前から「音が悪い」ことに気づいていた。

小音量でしか聴かないことと自分ではどうにもできない故障の可能性を感じていたので気づかないフリをしていた。

しかしここに来て現実を直視しなければならない状況となった。


順列組み合わせを数知れず行い判ったこと。
e0022439_16113213.jpg

エースプリSA3000のボリューム、左右バランスアッテネーターのガリ。
左右chの音量および音質が違いすぎることも問題だ。
e0022439_16135039.jpg

サブのSA3も今日片chから音が出なくなってしまった。
ドライバーを任せているSA20も球を替えても歪っぽさがあるうえ左右の音質差がある。

孤島に住んでいて言葉の通じるテクニシャンを見つけられない現状では「万事休す」かもしれない。

プリをメインランドに送って修理してもらうことは簡単だが、不調をかこっているもう1台のSA20とともに2台のパワーアンプを送るととなるとなかなか面倒だ。

さてさてどうしたものか・・・



いっそ全ての機器を放り出しバジェットオーディオに切り替えたほうが精神安定的に良いかもしれない。


・・・
[PR]

2012年 03月 28日 *
朝から仕事、ちゃっちゃと終わらせ風呂にいく。

e0022439_18533346.jpg

身体から煙のように疲れが湯に溶ける。


e0022439_18533456.jpg

ビールを飲みながらキアベの炭で火を起こして。
最近ミラーライトが気に入っている。



e0022439_18533528.jpg

カルビとキムチ、ビールは3本やっつける。

e0022439_18533610.jpg

とりあえずジャズ。

SA3改SA20改4301という組み合わせ。
小さなスピーカーは小音量でも聞き映えのする音が出る。


e0022439_18534047.jpg

人妻になる前の百恵ちゃん登場。

このアルバムは良い。

e0022439_18534122.jpg

キシダサトシが何曲かかいている。

あまりりすは大好きな曲。


e0022439_18534317.jpg

SA3改にMuralld投入。細身だがぐっと色気が出る。


SA3改にはこれでもかとダイナミキャップはじめBG、Daleなど高級素子が使われている。
e0022439_18572469.jpg

SA3000改に肉薄する音だ。


e0022439_18534459.jpg

ジャックダニエルとパイプの夜が耽逝く。
[PR]

2012年 03月 27日 *
今日は祭日。
e0022439_15255846.jpg

最初は雲が多かったけど昼からいい天気。
e0022439_15264240.jpg

スコアもまぁまぁで上機嫌。
e0022439_15271079.jpg

調子の乗って「ワン半」27ホール。
e0022439_15281226.jpg

楽しかった。
e0022439_15283697.jpg





良い事ばかりでもない。

悪い音をなんとかしようと「つつき倒して」いた。
4301をつないでみたりしていたのは不調箇所を特定するため。


結果は・・・

徐々に悪くなっていたのに気づかないフリで誤魔化してきたが・・・

プリの不調が決定的になった。


本格的に修理が必要だ。
e0022439_1535786.jpg

サブのSA3を引っ張り出してきた。
[PR]

2012年 03月 26日 *
今日は日曜、妻子は教会。
留守をねらってオーディオを「つつく」

いっこうに良くならない、フラストレーションが溜まるばかり。

仰せに従ってアヤスピwithヤス☆アンにした。
e0022439_7485224.jpg

JBL4301whithCounterpointSA3000改とSA20改。
e0022439_751393.jpg

JPS SuperCondactorIIも外すCardas300Bで間に合う。
e0022439_75396.jpg

Coltraneだってブリブリ鳴る。
e0022439_7543726.jpg

なんの問題もない、もうこれで良いと思う。

窓からZingali投げるので誰か手伝いに来て欲しい。
[PR]

2012年 03月 25日 *
情けない音と知りながら、往生際悪く「つついてみる」
e0022439_1829727.jpg

ハイルを足す前から気になっていた高域のピークを探し出す。
e0022439_18295082.jpg

いろいろな盤を聴きながら、最後のリファレンスは「世界標準」らしい中島さん。

こんな玩具みたいなものでも聴感と計測値の一致には役立つ。

デジチャンはこんな時便利。

それにしてもやりたいことは多いが、やれることは少ない。

先ずは075用のSA12の出力を下げたい。
どこかに抵抗を噛ませるだけなのだろうが、そのどこかが不明だ。

ビシェイとかなんだとかの銘柄も値も不明・・・


相談しようそうしよう。
[PR]

2012年 03月 22日 *
e0022439_6131436.jpg

オーディオ界では珍しい「ヤンチャ」なタイプですな。
[PR]

2012年 03月 19日 *
ルージュ、追いかけてヨコハマ、強がりはよせよの3連コンボ。


惚けたように聴いている。
e0022439_2018645.jpg




e0022439_20373929.jpg

御色なおし。


これも今まで最高。











[PR]

2012年 03月 19日 *
オーディオは女性ボーカルだけで誤魔化して後はゴルフと酒と肉。

e0022439_16451310.jpg

ナイスガイとナイスデイだった。

帰宅して聴きなおす。
明後日ハイルの効果はエレキギターのエフェクトが最高に切れてきた。


e0022439_1764939.jpg



e0022439_17163030.jpg

こんないい日は安葉巻もパイプで吸う。

なかなか悪くない。
e0022439_17595375.jpg



ハイルビタミンQ0.47噛ませたら過去最高のエフェクトかも。

いいね。

ハイルは4Ωだから計算上は85000Hzと聴こえないはずの領域でクロスしている。
しかし6dBoctだから能率のいいハイルだとしっかり可聴範囲でも効いている。
e0022439_1854535.jpg

聴取位置音量60dB選手権があったらけっこう良いところに入れる自信が沸いてきた。

オーディオマニアの世界ではないけれど。
[PR]

2012年 03月 17日 *
引き続き試しているハイルドライバー。
e0022439_18251713.jpg

メインの075とは違う明後日の方向へ向けるとしっくりくる。
設置方法はスピーカーの上なので自在に思うが、音のよくなるポイントは案外少なかった。
e0022439_18272889.jpg

こんな時は聴き慣れたみー様がリファレンス。
e0022439_18281021.jpg

呑み慣れたジャックダニエルが切れたのでクラウンロイヤル。
なぜかハワイでポピュラーなカナディアンウイスキー。

いかにもチープな味わいだが甘くされていて飲みやすい。

こんな酒じゃアカンやろ?と思ってみるがジャックダニエルだって負けず劣らずチープな酒だった。
[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon