愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
*

*
2012年 01月 25日 *
ベビーシッターが急用で休み、もったいなくもかしこくも私めが大任を仰せつかった。

e0022439_875751.jpg

2人の王子様を打ちっぱなしにご案内する。

e0022439_875879.jpg

しばらく打った後はチップス休憩。

e0022439_875994.jpg

朝露に濡れていたマットで打ったせいだろうがわずかな時間でうっすら錆びが浮いている。
その名に違わずRustequeである。
しかし、打感はステンレスモデルより快感を伴うものだ。

カシュッとクシユッの違いでしかないが、この感触の為なら錆びを許せる。
ウェッジでは初めて試したDGX100も具合が良い。

アイアンではDGS300の粘りを好むがウェッジはX100のほうが正確に打てるかもしれない。
次のラウンドでデビューさせよう。

そしてパター。
e0022439_88064.jpg

コイツはエースだぜ!

パターを替えるたびそう思うのはいつものこと。
願わくば実戦でもそう思えますように・・・
[PR]

by darda95_215 | 2012-01-25 07:42 | golf | Comments(2) *
2012年 01月 24日 *
我が家の偉いさんが柳眉を逆立てる「長い箱」がいっぺんに2つも届いた。

逆鱗に触れないよう少しづつ間を空けて落札するという高等な技を弄しているにもかかわらず、配達が重なるとはなんたる不運。

しばらくは謹慎生活を余儀なくされること間違いない。

中身はPING Tour-S Wedge Rustique 56/12PING Redwood Putter Zingである。

Rustiqueというのは造語らしく要するに「錆びまっせ」という意味だ。
e0022439_12351656.jpg

その名に相応しく届いたブツは錆ていた。
e0022439_12383419.jpg

早速「銃を手入れするキット」で錆落とし、仕上げはオーディオマニアらしくCAIG社のDeoxIT D5を使う。
e0022439_12412299.jpg

リビングでいそいそと行う作業を見て

「あんたホントにそんなことだけは、マメね。」

と言い放つお偉いさん・・・ご無理ごもっとも仰せのとうりでございます。
e0022439_12431038.jpg

実は先週からテストしていた同じクローム仕上げのPING Tour-S Wedge Silver Chrome52/12が思いのほか好感触だったことに気を良くして、さらに打感がよいと噂される「Rusteque」を試したくなったのだ。

新溝規制に抵触しないアマチュアとしては旧溝ウェッジを使ったほうが楽に止められるので興味がなかったが、案外止まるし転がして足を出したい時にも対応しやすいように思う。

ついでに言うと30年前のEye2DotModelなぞをエースウェッジとして使っている身なので、講釈よりも結果が良ければそれが自分にマッチしていると判断する以外に無い。

もう一つの箱はPING Redwood Putter Zing
酒を見ればちょっと一杯ヒッカケたがり、イイ女ならば隙を見てヒッカケようとし、バーディパットとなればヒッカケる気がなくてもヒッカケてしまう・・・そんな私はトゥバランスのZingがあうかも知れない。
e0022439_13313422.jpg

すでにディスコンモデルだが打感のよさは最新のインサートつきモデルより好みである。
トーナメント並みの高速グリーンならばインサートつきの威力を発揮できるかもしれないが、芽が強くしっかり打ちたいハワイではインサートなしのほうがいいかもしれない。



さて、今週はいつラウンドできるだろう。

楽しみである。
[PR]

by darda95_215 | 2012-01-24 13:43 | golf | Comments(2) *
2012年 01月 19日 *
ここ1週間ゴルフ漬けである。

e0022439_12593057.jpg

日本からの自分や友人のゲストがソニーオープン目当てに来布しているからだ。

e0022439_12593140.jpg


ラウンド3回、観戦2回である。

e0022439_12593279.jpg


石川選手は残念ながら決勝にが出られなかったが、見ごたえのあるトーナメントだった。

e0022439_12593330.jpg



昨日はタートルベイへ行ったのだが、土日月と石川選手が来ていたそうだ。
1日違いで見られず残念。

e0022439_1259346.jpg


ハワイはゴルファー天国、皆さんもぜひお越しください。
[PR]

by darda95_215 | 2012-01-19 12:43 | golf | Comments(4) *
2012年 01月 10日 *
いつのまにかロックシンガーなみゆきさん、ちょっと違うな・・・
e0022439_18303856.jpg

定番の共演者、コイツは鉄板。
e0022439_18305110.jpg

これもちょっと違う。
e0022439_1831081.jpg

コイツはどうだ?
e0022439_1857689.jpg

これは真面目に聴くもんだよと叱られそう。
[PR]

2012年 01月 07日 *
オスカーピーターソントリオのプリーズ・リクエストを探したが見つからない。
LPを持ってたはずなのだが・・・CDだったか?それとも夢か幻か・・・とにかく見つからない。

捨て曲なしだそうなのに見つからない。

棚を探りながらついでに聴こうと取り出したLPが3枚。

先ずは
e0022439_1947346.jpg

MilesDavis At Plugged Nickel,CHICAGO
実はこのLPはA面を1回か2回きいただけで、B面まで聴いた事が無かった。
世に言う「電気マイルス」だと思い込んでいた・・・
e0022439_19501671.jpg

Pluggedって書いてあるならあの紐付きの赤いトランペットなのだろうと・・・

内容もフリーっぽくて難解である

「コレが電気マイルスか、案外電子音臭くはないものだ・・・」なんて思いながら敬遠していた。

ジャケットを眺めていて違う気がしてきたのでライナーを見ると・・・

恥ずかしながら大きな勘違いだった。

PluggedNickelは録音した店の名前で、電気を使っているわけじゃなかった。

しかし待てよ・・・

どこからUnplugedでどこからがPluggedなのか?
マイク立ててミキサーで録音したらもう電気使っているんだからPluggedじゃないのか?
PAの入っている店なんかだとマイクはPluggedされたスピーカーの音が入っているから、全部生楽器を使ったとしてもUnpluggedじゃないではないか・・・

愚にもつかぬ考えを巡らせていても、いつの間にかマイルスの万華鏡のような音の世界に囚われてしまい身動きも出来ないまま聴くことだけに没頭している自分に気づく。

なんだ・・・いいアルバムじゃないか。
心象風景が音の荒野にあるとき、そこでは凛々しい魂が弾けあっている。

2012年初の驚きであった。

そして
e0022439_2071396.jpg

過去何度も何度も聴いたお気に入りのLP、Billie HolidayのSongs For Distance Lover・・・

んんっ!違う!

よく見ると「Songs For Distingue Lovers」と書いてあるではないか・・・
e0022439_20113670.jpg

実はこのLPはCDより後に入手した、小さなCDのジャケットをチラっと見て
離れた恋人たちを歌ったアルバムだと思いこんでいた。

大好きなStars Fell on Alabamaなんか歌詞に「Glandma」」と歌っているように聴こえていた、本当はDramaと歌っている。
勝手にアラバマのおばあちゃんの家であなたと昔見た星が忘れられない・・・みたいな内容だろうと思っていた。
離れてしまった少女と少年の思い出・・・DistanceLovers・・・ロマンチックだと・・・

全く違っていた、恥ずかしいことこの上ない。

おまけに離れた恋人ならDistant Loversであろう。

2012年2度目の驚きだった。

本当に恥ずかしい・・・穴があったら入れたい入りたい。

それにしても情けない英語力である。

自分の人生にはなぜかこういう不整合な事象が多い。

「英語が判らないのにアメリカ在住」
「難聴なのにオーディオが趣味」
「手首がTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)なのにゴルフ中毒」
「単車はスピードの出せるレーサーレプリカが好きだけど腹が出すぎているので運転できない」
「ハンサムなのでどんな美女でも望むがままなのに、でっぷりと肥えた女にしか興味が無いデブ専」

まだまだ数えられるが馬鹿馬鹿しいのでやめておく。
e0022439_20512448.jpg

犬も呆れているようだ。
e0022439_2052121.jpg

しかし気になるので「Distingue Lovers」の意味を知りたくなった。
ライナーを見ても「ナンノコッチャヨーワカラン」こんなライナー書いて金がもらえる職業ってなんじゃいコラ。
e0022439_2054326.jpg

困った時はネットで検索「気品のある、きわだった」と訳されている。
e0022439_20553429.jpg

さすが我らがネルソン提督のページには納得できる解説があった。
もうずっと前から勝手にネルソン提督と呼んでこのHPを大いに参考にさせてもらっている。
e0022439_2184074.jpg

今の自分より若くして亡くなったとははじめて知りこれにも驚いた、もっと高齢だと思いこんでいた。
e0022439_21102180.jpg

YouTubeで動画を探して見る、音はZingaliから出す。
e0022439_21111885.jpg

なるほどなるほど、そうだったのか・・・

彼女の人生・・・そうだったのか・・・

なんだか疲れてきたので1枚$1以下で入手したCDの中からMilesDavis。
e0022439_21202111.jpg

もうこのアルバムについて考えることも調べることも億劫だ。

音を聴くことにだけを楽しむ。



なかなか恥と実りの多い午後だった。
[PR]

2012年 01月 01日 *
こちらもようやく年が明けた。


大晦日は打ちっぱなしも早仕舞いだったが打ち比べに勤しむ。
e0022439_1929946.jpg

R510TPを凌ぐヘッドを探しているがなかなか見つからない。
ショップで片っ端から試打したり、闇雲にe-Bayで購入したりしているが結論が出ない。

しかしクラブごとの重心距離を調べていくと興味深い傾向が見られる。

重心距離39mmあたりが自分の好みのようだ。

クラブの性格は重心距離だけでは決まらないが、ひとつの指標にはなりそうだ。

TaylorMadeR9460もPING初代Raptureも重心距離が長く捕まりが良くない。
ショップの鳥かごでは良い感じでも、レンジで打つと右にすっぽ抜ける球が出やすい傾向にある。

逆に重心距離の短いYAMAHA InpresX V425だとヒッカケやチーピンが出る。

慣れという言葉だけでは片付けられないなにかが色々な数値に隠れていそうだ。


パターも相変わらず日替わりである。
e0022439_19482919.jpg

最近はマレットタイプの直進性の強さに惹かれる。
$25で買ったPING G2Piperが意外と良さそうだ、インサート付きのパターはあまり好みではない。

クラブも値段ではないようだ。

R9 460(US)とPING Raputure(初代)
e0022439_8481483.jpg

2007年USオープンだったか、カブレラがタイガーをやっつけた光景が焼きついている。
e0022439_8481586.jpg

特徴的なカーボンコンポジット製法。
e0022439_8481632.jpg

購入した個体はAldiraProto65Sがついていた、しっかりしたシャフトだ。
R9にも新調してやったAldila、こちらは新製品でR.I.Pという名前がついている。

どちらもロースピンで打ち出しの高い球が打てる。

Aldilaを打つ度感じるのだが、メーカー純正シャフトに良くあるタイプで特にクセは無いがボンヤリした打感である。



e0022439_8491665.jpg

子守りをしながら年始の音出し。
e0022439_849174.jpg

[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon