愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
*

*
2011年 11月 26日 *
これは最終仕様の一歩前。
e0022439_16592941.jpg

4343のホーン部にバックスキンを張り込み、さらにカーボンフェルトを配していた。
張ったり剥がしたりが簡単に出来るようにスプレーボンドを使った。
e0022439_170920.jpg

音響レンズが無いほうが「直截な音」つまりは耳に刺さるような破裂音が心地よかった。
しかしライブ物などで感じられる「臨場感」は失われる。

当時ハマってたワルツフォーデビーをいかにリアルに聴くかという命題にむかって頑張っていた頃の話である。
e0022439_171133100.jpg

Urei813に着想を得て、リング状に切ったスポンジを辺縁部に貼ったりもした。
最終的には2センチ幅くらいのカマボコ状のスポンジパッキンをぐるりと円形に貼り付けたはずだ。

ホーン辺縁部をカール状にすることと、スポンジの特性でディスパージョンを向上させてやることにより、臨場感を得ることに成功したと記憶している。

その写真はいくら捜しても無かった・・・

結果はそこそこ満足できる状態となり、我が家では音響レンズは無用となっていた。

音響レンズなるものはそのメカニカルでハードないでたちが、4343に個性的な外観を与えることに寄与していて中学生だった頃の私に強く憧れを抱かせた大きな要素であった。

中年になり4343を入手して弄繰り回しているうちに、憧れの音響レンズを外すことになろうとは思わなかった。

2307程度の短いホーンではじゅうぶんなホーンロードがかからないこと。
また聴取エリアを広くする、拡散性を向上させるなどの目的で開発されたのではないかと推察する。

その後4435やZingaliを使うことになって、やはり音響レンズは4343開発当時にはベターな選択肢だったかも知れないが、ホーンの形状の研究が進むにつれ淘汰されていった技術だと感じるようになったものだ。

もちろんこの音響レンズの他にもJBLが開発した「蜂の巣」「オバケホーン」「ゴールドウィング」などの名器を否定することはない。

各ホーンの特性や音色を知り尽くした上で上手くバランスを取り、その個性を「生かして」鳴らしているマニアの音はあるだろうと簡単に想像できる。

余談だが、今気になるのはこのホーン。
Zingaliのホーンと2360をミックスしたような形、どちらも好きなホーンなので気になる。

話を戻す。

今考えるとこの頃はずいぶん真面目にオーディオをしていたように思う。
資金の少なさをなんとか知恵と工夫でカバーしようと涙ぐましい行為が多かったようにも思う。

今やオーディオにいちばん必要なものは「持ち家」と「潤沢な資金」だと悟り、こんなことに熱をあげることはない。

ワルツフォーデビーだって名録音と言われていることには賛成するが、リファレンスとしてバランスを取るにはむかないソースだとも思うようになっている。

進歩なのか堕落なのか、過去をふりかえると感慨深いものがある。

「情熱の喪失」

が・・・それもまた良しとしたうえで音楽を聴く「老獪さ」も身につけたいものだ。
e0022439_19383386.jpg

さあ、今夜も飲むとするか。

     Stars Fell On Alabama・・・
[PR]

2011年 11月 23日 *
近頃オーディオ関係で欲しいものが無い。

まったく停滞したまま手持ちのシステムでダラダラと酒を飲みながら聴いているだけだ。
パワーアンプの一台が壊れたままなので応急的にとりあえず鳴るだけの状態にもかかわらず修理もしていない。

堕落している。
e0022439_10245210.jpg

音楽は必要だがこれほどのシステムを持つ必要は今や無い。


欲しいものが無いわけではないのだが、それが「どうしても欲しい」という熱情に浮かされるほどではない。
たとえばアナログチャンデバUrei525、低域用パワーアンプCrounPS400をもう一台欲しいとは思っているが「なにがなんでも」という気持ちになれないでいる。

そんな私がe-Bayで見つけた。
e0022439_10121058.jpg

2365を組み合わせて鳴らしてみたい、2360よりも濃く強い音が出る。

日本の自宅に住んでいたら本気になったが、他国で仮住まいの身ではなんともいかんしがたい。

寒い冬の夜、酒を飲みながらJAZZを聴いてみたい。

NYのJAZZシーンが盛り上がるのは寒くなり始めてからだとだれかが言った。
HOTなJAZZを厳しい寒さの中で聴くのが良いのかもしれない。


年中暖かいハワイではJAZZはBGMでしかない気がする。
[PR]

2011年 11月 15日 *
ショートパットの酷さに辟易し、新パターを調達した。
e0022439_1395529.jpg

Ping Pickemupというパターだ。
e0022439_1362050.jpg

贔屓のヒメネス選手が使っていたが、試合中にへし折るというショッキングな映像を見たパターだ。
e0022439_1375911.jpg

家のマットで転がしてみると悪くない。


早速アラワイの練習グリーンで試してみる。
e0022439_1324092.jpg

もしかして・・・


すごく良いかも。

良いはず。
[PR]

2011年 11月 13日 *
こんなに円が高いんだから、年金基金や郵貯はたまた米国債を売った金でアメリカから鉄屋、油屋、ガーギルなどなど買ってしまえばええやん?
[PR]

2011年 11月 11日 *
ダウンタウンに用のある時は、特に目当てもないのについでに中古クラブの店を覗くのが習慣になっている。
e0022439_8402739.jpg

いつものごとく店内をブラブラしていて見つけてしまった「PING TourW」ロフト50度、バンスは12となっている。
新品同様のうえ、好みのブラッククロームメッキ仕上げだったので無意識にレジに持っていってしまった。

衝動買いというやつだ。
e0022439_8455487.jpg

ここのところギャップウェッジとサンドウェッジにはOld PINGの代表PING Eye2ドットモデルをDynamicGoldS400にリシャフトし、スイングバランスをそれぞれD3、D4くらいにして使っている。

その操作性のよさになんの不満もない。

独特の凹んだソールの効果か滑りのよさがあり、少々ダフリ気味に入っても大きなミスにならないというお助け機能を持つ。

特にWはロフトが50.7度ということもあり、以前使っていたVokeySpinMild52度や同じPINGのTourW52度よりもいい転がりが出てくれる。
e0022439_8551217.jpg

私くらいのヘボゴルファーは道具に慣れる事が先決で、コロコロとクラブを換えるのは良くないことだと判って入る。

特にパターやウェッジは慣れが必要だと・・・


判ってはいるのだが、もっと良くなるのではないかとあらぬ妄想を抱き試したくなるのも人の性というもの。

いつもの工房でDynamicGoldS300にリシャフトしてもらったうえで、ライ角を少しフラットに捻ってもらった。
e0022439_859451.jpg

グリップはいつものGolfPrideDDで、好調なマキロイ選手にあやかった黄色である。
金運アップの黄色でもあるのでニギリに効果絶大なはずだ。

まだ打ってないのでこれから練習場に持っていこう。



e0022439_17394323.jpg



e0022439_17394469.jpg



e0022439_17394551.jpg



e0022439_17394677.jpg

[PR]

by darda95_215 | 2011-11-11 09:05 | golf | Comments(0) *
2011年 11月 05日 *
最近ガソリン価格が高止まりしている。

e0022439_13511611.jpg

ずっとリビアが原因だと言うニュースを見るが本当なのか?

e0022439_13511797.jpg

カダフィがいなくなっても値下がりしない。


e0022439_1351186.jpg

どこかに庶民から搾取することを正義と考える人々がいるとしか思えない。

満タンにするたび無力感に襲われる。
[PR]

2011年 11月 02日 *
e0022439_20522889.jpg

今後の方針が決まりました。

e0022439_20522918.jpg


こうありたいもの。

e0022439_20523074.jpg


このCD欲しい!






どうやって買おう・・・
[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon