愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
*

*
2011年 05月 26日 *
Thorens TD124、SME3009FixHead
e0022439_210220.jpg

SHURE TypeIII
e0022439_210176.jpg

そしてSHURE SE20
e0022439_2123426.jpg

我が家ではこの組み合わせがJAZZを聴くのに最高の組み合わせである。

CounterPointのフォノイコも悪くないが、SE20の「迫真力」を聴くとナチュラルだが女性的で繊細な感じに聴こえてJAZZでは物足らなくなってしまう。
SE20の音は筋肉質で温度感が高くエネルギッシュ、どちらかといえば男性的だ。

今までもエースとして君臨してきたが、他の入力機器との兼ね合いもありその力量を引き出せてはいなかった。
e0022439_2284928.jpg

今回専用のチャンデバ設定を与えてみると、その力強さに磨きがかかった。

と書くと凄いことをやったように見えるが各ユニットへのゲインを見直し、リミッターを追い込んで2226と2441のクロスに手を加え、パラメトリックイコライザーの設定を変えただけで、昨日までと大きく変わってはいない。
方向性としては「野放図に近い低域」「くどくなる一歩手前の中域」「シンバルに芯のある輝き」を目指した。
e0022439_2282651.jpg

「お城のエヴァンス」を何度も聴きながら、少しづつ追い込んで行く。
観客の拍手や歓声が薄くならずリアルに聴こえてくるようになってきたあたりで演奏に「迫真力」が増してきた。
気を良くしてさらに繰り返し聴き微調整を繰り返す。

それにしてもこの盤は魅力的な録音と演奏だ。
何度聴いても飽きない素晴らしい盤じゃないとリファレンスにはなりえない。

ここで大切なのは音量を一定にすることだ。

プリからの入力とリミッターの利かせかたで大きく雰囲気が変わってしまうので、プリ側の出力をある程度固定する必要があるのだ。
不便だがチャンデバ以降で音量を調節できない現状では仕方ない。

今までもそうだったが、昼間音量を上げて聴くことができるときだけ真価を発揮する設定だ。

近所の人から「ハワイから出て行け」と訴えられてビザ剥奪なんてことにならないように気をつけよう。
[PR]

2011年 05月 23日 *
夜更けに小さな小さな音で酒を飲みながら聴く。
e0022439_18274268.jpg

音に不満が無いわけじゃないが堕落したオーディオを俯瞰する夜に慣れてきた。
e0022439_1828217.jpg

限られた人生とは言うもののあの世までの長い旅でもある、無駄遣いもしてなければ息が詰まる。
1.75リットルのジャックダニエルを5日~7日で飲み干す暮らしを続けている「バカ代表」の資格はじゅうぶんだと自覚はある。



一定以上の入力を与えてやらないと音痩せを感じさせるデジタルチャンデバ。
大音量を出せない環境でその欠点を思い知る日々、諦めの影が覆うリビングルーム。
某氏の様にチャンデバ以降での音量調節をしないと不可避だろう。

ふと利点を考えてもみた。


我が家のアームは3本、フォノイコも3系統ある。
それぞれ専用にチャンデバを設定しても簡単に呼び出して聴くことができる。

最近思いついたわけではない、GEのモノ専用アームを入れた時から考えていたが億劫なまま自分を騙し続けていた。

ここに来て急に弄る気になったのは先輩諸氏が情熱を失わず楽しんでいる姿に触発されたせいだ。
e0022439_1948465.jpg

先ずはモノラルチームGEトリオに専用設定を与えてみた。
e0022439_18461833.jpg


数時間聴きながらチャンデバを弄り、弄りながら落胆することを繰り返してふと思いつく。

以前GEのフォノイコPX003の低域に不足を感じたので余計な抵抗を追加した、そのせいか音に輝きがない。
e0022439_18501820.jpg

早速削除してみたところ、中高域に力が戻ってきたので気を良くしながら聴きかつ弄る。
e0022439_18505633.jpg

その瞬間に「閃き」が降りてきた。
e0022439_18381233.jpg

Zingaliはずっと変則3Wayで使っていたのだが、スタガー駆動にしてみた。
ざっくりと2226と2441の2Wayだけで具合の良いところを掴んだら、2235をサブウーハーとして加えてみる。

専用設定に光が見えてきた。

聴きつつ弄る、弄りつつ聴く、なんだかオーディオマニアみたいだ。


パラメトリックイコライザーで高域を弄ってみたがあまりよろしくない。
思い切って075のコンデンサーを追加してみたところパラメで弄るより良い結果のような気がしたので暫定的に採用とする。
e0022439_18504219.jpg

ノイズが出始めたので使用を止めているNP220を治して075を独立して調整できるようにしないと満足できるところには達しない。



家族からの苦情が出るまでやって今日は切り上げる。




結局音痩せは大音量再生でしか解決できないし、モノラル録音には軽く硬く強靭なコーンを持つウーハーと、それに豊穣さを加味するロードホーンが無ければ寂しい結果になることは明らかだ。


しかし専用設定が全くの無駄ではないことが判っただけでも収穫ではあった。
[PR]

2011年 05月 13日 *
珍しさからつい試してみたくなった。
e0022439_13303640.jpg

コスメにはアメリカ人にはクールに見える「漢字」が使われている。
e0022439_13333121.jpg

Miyazaki Kusala72XBlack資料によると元調子らしい。
e0022439_13395170.jpg

レンジで打ってみると、Diamanaの白に粘り気を加えたような雰囲気だ。
特に走ることも無ければ弾く感じも無い、これといった特徴を感じられないのはクセがないとも言える。
e0022439_13443814.jpg

勝ち抜き戦で生き残った「ツワモノ」TourAD DIやDiamana ’Ilimaに比べるとなんとなく頼りない。
振動数は未計測だがSくらいの硬さしかないように感じる。

私との相性はもうひとつであった。
元調子というか、手元が柔らかいシャフトは合わないようだ。


e0022439_16521317.jpg

もうひとつと言えばR9 SuperDeep 9.5だがこれも悪くはないがR510TPのほうが魅力的だ。
e0022439_16555887.jpg

下手をすると2番手のR7 425TP 9.5にも敵わないかもしれない。

新製品だから良くなる訳ではないのはオーディオも同じだ。
[PR]

by darda95_215 | 2011-05-13 16:57 | golf | Comments(0) *
2011年 05月 01日 *
1号に左利き用クラブを与えてみた。
e0022439_1864793.jpg

使い勝手が良いのか張り切って打ち始めた。
e0022439_1874593.jpg

2号は今日はやる気なし、チップスに夢中。

動画も撮ってみた。



なかなか鋭い振りだ。
末はミケルソンやババ ワトソンのようになるのは間違いなし。
[PR]

by darda95_215 | 2011-05-01 18:33 | golf | Comments(0) *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon