愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
*

*
2011年 04月 29日 *
判りきったこと、心当たりは星の数
e0022439_2125933.jpg

蒼ざめたその夜
e0022439_21252495.jpg

力なきその羽音、息も絶えるか
e0022439_21253819.jpg

消えて久しいその青い目が
e0022439_212559100.jpg

伝える伝える、伝えるその声は届かず

弱き者酒に溺れ四騎士を待つ
[PR]

2011年 04月 20日 *
朝から「ポーン行こ!ポーン行こ!」とうるさいので連れて行った。
e0022439_5484483.jpg

1号はやっぱり左利きのようだ。
e0022439_5491460.jpg

2号は右利き。
e0022439_5494935.jpg

向かい合って仲良く打っている、この2人が仲良いのは珍しい。
年子のせいか何かと張り合い、譲り合わず喧嘩が絶えない。
e0022439_5511085.jpg

今日は2人とも特に機嫌がいいのか

「手ってつないで、危ないけんね」

というと大人しく手をつないで帰り道。


人生でいちばん可愛い時期なのだろうと心から思う。
[PR]

by darda95_215 | 2011-04-20 05:52 | golf | Comments(4) *
2011年 04月 05日 *
フェニックスモーターサイクルに久しぶりに行ってきた。
e0022439_8112342.jpg

バイク屋にナニをしに行ったかというとバイクに一切関係ない・・・

逆タップを持っているかと尋ねたら「ある」と言うので
e0022439_812835.jpg

ドライバーヘッドに折れて残ってしまったウェイトを外して貰った。
e0022439_8125867.jpg

家にある道具では全く歯がたたなかったが10秒で解決した。




フライス盤を持っているかと尋ねたら「ある」と言うので
e0022439_8142133.jpg

パターの加工をしてもらう。
e0022439_8145345.jpg

あっという間に完成。
e0022439_8154356.jpg

タングステンを埋め込む下穴を掘ってもらった。
e0022439_816871.jpg

エポキシで貼り付けて完成。

持つべきものは友である。
ちなみにこのタングステンも愛媛のバイク屋「小野商会」で調達してもらった。

持つべきものは友である。(大事なことなので繰り返した)

これでトゥーヒールバランスがますます明確になり、スイングバランスも1~2ポイントほどあがったはずだ。
汚らしくソールに貼ってあった鉛は全部剥がしたので相対的にはスイングバランスは以前より軽くなった。

優しい顔立ちと気質のせいでバーディーパットをショートする確立90%の私だが、少しはオーバーするように打てるようになるだろうか。

届かなければ入らないのだからカップ手前で止まる球はもう見たくない。
[PR]

by darda95_215 | 2011-04-05 08:24 | golf | Comments(0) *
2011年 04月 05日 *
帰国する前にRYOさんに頼んで何件か香川のマニアのお宅を訪問させてもらえないか打診しておいた。

なにごとにも真面目なRYOさん、完璧なツアーコーディネーターぶりを発揮してくれた。

先ずは車と運転手にbi-onさんを担ぎ出すことに成功した。
e0022439_625981.jpg

快適な車で安楽な移動、言うことなし。
先ずはtanba邸
e0022439_6252831.jpg

YamahaFX-1にサトリアンプの組み合わせ。
個人的にヤマハのベリリウムの音はオーディオを始めた頃から聴きなれた音。
言わば幼児体験でもあり原点でもある、違和感など感じようはずも無い。
なかでも最高峰のFX-1である、無条件に良い音に聴こえてしまうのは致し方ない。

サトリを他で聴いたことがないので確信は持てないが、このアンプはサラリとした感触と余分な贅肉を省いたようなストレートな表現のように感じた。

私はその余分や贅肉に音のリアルさを感じる性質なので好みではなかった。

しかし、tanbaさんはこの音が気に入っていてここまでのクォリティまで仕上げたのだから「自慢のシステム」と胸を張っていいと思う。
ここまで鳴らしこんであれば外野は黙って拝聴するだけだ。






予定がギッシリなので足早にひでさん邸に向かう。
e0022439_6254310.jpg

リビングに我が物顔でA7が鎮座している。
せっかくのリビングを雑然とした雰囲気にしてしまっているオーディオ機器。
良いではないか、家長たるものリビングを好きに使って堂々と振舞うことは素敵だ。

我が家のリビングオーディオにそっくりな状況だ。

そのせいかここの音が一番リラックスして聴けた。
スピーカーに貼り付けたマジナイの跡や、汚らしく見える毛なども含めて色々と楽しんでる結果の音だと感じるのである。

そして今回のオフ会で最も感動した「ブツ」が現れた。
e0022439_6255985.jpg

iPadである。
BillEvansとスウェーデンの名花MonicaZetterlundのビデオクリップをYouTubeで見つけて再生してくれた。

私はアップル社の製品を一度も所有したことがない。
しかし話を聞いて欲しいとは思っていた。

踏ん切りがつかないのは、見たことも無ければ使い方も判らないので指をくわえて遠くから眺めるだけであった。

プリアンプにHDDをつなぎ、iPadをリモコン代わりにして楽曲をジャケット写真を見ながら選び音を出せるようにできるらしい。
HDDに録り貯めた楽曲に飽きたら、YouTubeなどから気に入った映像付き音楽を楽しむこともできるらしい。
無限のソースをYouTubeから見放題聴き放題できるなら音質など気にしない。
酒を飲みながらPCでなく自分のオーディオから音が出て、ソファーに座ったまま映像も楽しめるなら最高のツマミである。

この操作を煩わしいケーブル無しで、全て無線で行えるなら私はiPadを購入する。

ひでさん邸で天啓を受けたような気持ちになった、どうすれば良いか検討研究してみよう。

次はももんが邸に到着。
e0022439_6262098.jpg

ここも持ちビルオーディオであった、オーディオマニアには金満家が多いのでビル持ちが多い。
借家住まいの我が身に比べ羨ましい限りである。

しかし狭く急な階段で大きく重たい機器を運び込むのは大変だったろうと思い、そのへんを訊ねてみたらすべて業者任せだったそうで貧乏人の要らぬ心配だった。

音は目に見える機器から予想したとおりの音だった。
会話できる程度の音量でも音痩せせず、情報量を保ったまま聴かせるのは素晴らしいことだと思った。
本人の耳にも家族にも近所にも優しい、ももんがさんの人柄がにじみ出ている気がした。



讃岐名物うどんを食ったらcantea邸へと移動。
e0022439_626438.jpg

シンプルな機材で構成されたオーディオ。
ここの音を楽しむのに今回のように大人数では邪魔である。
e0022439_627651.jpg

聴く人以外は廊下で待機と相成った。

ロクハンの良さがうどんで腹いっぱいになった心と体を癒す。

なるほどなるほど・・・

フルレンジが欲しいと前から思っていたがますます欲しくなった。



トリは四国最右翼だと私が思っているKinya邸。
e0022439_6272352.jpg

WilsonSashaに買い換えたと聞いたので興味津々。

さすがKinyaさん短時間で掌中の珠としていた。
アンプが戻ってくれば鬼に金棒、素晴らしい音になることは間違いない。

私と違って音の悪いソースは聴かない潔さなので、どんどん先鋭化した方向に行けるのが強みだ。


今回のオーディオオフ会、自分の耳が堕落してきてることに気づいた。
皆さん私より数倍の時間と情熱をかけて自家の音を醸造している。

私はもっと真面目に精進しなければいけないと感じた。
[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon