「ほっ」と。キャンペーン
愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
*

*
2009年 09月 30日 *
組みあがったr7 425TP 9.5+FUBUKI 73X。
長さは44.75インチ、スイングバランスは今のところD4.5になっている。
e0022439_17204928.jpg

ドロップ気味のフック球ばかりで、全く打てなかった。


この虚しさは己の技術の虚しさであるだけに堪える。



気をとりなおしてV Steel T/S13+BASSARA 83Xを打ってみる。
e0022439_17232758.jpg

なかなか球が上がらずこれもドロップ気味のフック球ばかり。

これもオーバースペックなのか・・・


ふと、フェイスを開いてアウトサイドインに振ってフェードを打ってみようと思いつく。

何球か良い感じの球が出る。

続けて手首を返さずボディターンを意識しながら打つ、シャフトのタイミングも判って来たのか掴まったフェードが出始めた。

そこで同じヘッドにFUBUKI 73Xを挿したものに持ち替え打ってみる。

打ち出しはBASSARA 83Xより低いものの、伸びのある球が出る。
e0022439_17354612.jpg

常に正確に同じように打てる技術は無いので、BASSARAでもFUBUKIでもどちらでも良さそうだ。
この程度の差なら値段が安い分BASSARAのほうが可愛気があるし、これはなかなかのパフォーマンスだと思う。
しかし、ランを含めた距離やドライバーとの感触の違いなどはコースでないと判らない。

そしてこの打ち方でドライバーを振ってみる。


コレだ!


思わず快哉を叫びそうになる。

ずっと感じていたFUBUKIの可能性を目の当たりにすることができた。

素晴らしい棒のような球が出て落ち際で軽くフェードする。
ずっとドローしか打てなかった自分の球とは俄かに信じられないほどだ。

夜なのでハッキリとした距離は見えないが、インパクトの手応えはしっかりと掴まえた感触があるから距離も伸びているはずだ。

これならエースR510TP 9.5+EPIC 68Sにじゅうぶん対抗できる。
ドローからの脱却を願っている今の自分には頼もしい相棒になりそうだ。

大型ヘッド(と言っても最新型よりは小さいが・・・)でフェードを打っていくという目的で色々と試してきた、狙いが当たったようで嬉しい。


今週ラウンドの予定が無いのが悔しい。






目的と言えば、とある目的のため新しく借りた部屋からの景色。
e0022439_17454877.jpg

低層階だが素晴らしいビューである。
e0022439_1746164.jpg

が、荷物はまだ入ってない。
[PR]

2009年 09月 29日 *
先週は3ラウンド。

2ラウンドはR510TP 8.5にFUBUKI 73Xを挿してハワイカイ、パールカントリーに行った。
これがもう書くのも情けないほどのフェアウェイキープ率、たまに当たってもショボい飛び。

オーバースペックの弊害を痛いほど思い知った。

3ラウンドはアラワイゴルフコース。
エースドライバーR510TP 9.5にEPICを携えて行った。

FUBUKIに変える必要を感じないほど絶好調であった。




しかし、ここで引き下がっちゃツマンナイ。

短めに詰めたR7 425 9.5に可能性を感じていたので、未だ試してないFUBUKIで44.75インチを造ってもらった。
e0022439_17372237.jpg

ついでにBASSARA 83Xが安かったので衝動買い。
e0022439_17395784.jpg

T/S13に挿してみるつもりだ。
e0022439_17444496.jpg

T/S13にFUBUKI 73Xの組み合わせもハードスペック過ぎたのかイマイチだったのだ。
e0022439_17453240.jpg

明日にでも挿し変えてもらおう。


いつまでも懲りない男だと、判っているがヤメラレナイ。
[PR]

by darda95_215 | 2009-09-29 17:42 | golf | Comments(2) *
2009年 09月 23日 *
届いたスピーカーは小さな小さなドライバー付き。
e0022439_1791646.jpg

ウーハーも小さくて織り目がある、まるでカーステレオみたい。
JBL Control29AVという型番だ。
e0022439_1710288.jpg

家の中だと邪魔されるから玄関先で開梱したけど、やっぱり甘かった。
e0022439_1711497.jpg

ボクにも見せろとウロチョロされて、部屋での音出しはアキラメてさっさと車に積み込んだ。








取り付けたのはこんな看板の店。
e0022439_17164764.jpg

小さな小さな店。
e0022439_17173471.jpg

客席は40席を少し超える程度。
e0022439_17175949.jpg

なんとなくプライベートな空間と
e0022439_17193454.jpg

オープンな空間に別けた。
e0022439_17202046.jpg

写真が暗いのはボロ隠し。
慌ただしく移転して先週木曜日開店した。


先日のS36AWIIと併せて5組のスピーカーで鳴らすカラオケの音。
目論見どうりピンポイントで歌っている席だけを狙うことには成功した。

が・・・


小さなスピーカーでは音自体に迫力がなくて、少々がっかりである。

もっと大型のスピーカーにすればマシになるだろうか。
ミキサーを使いサービスエリアを可変できるようにしてみようかとも考えている。

しかし、操作が面倒なのは却下されるだろう。


どうしたものか・・・
[PR]

2009年 09月 05日 *
e0022439_630520.jpg

JBLの小さくて白いスピーカーが届いた。
e0022439_6303813.jpg

S36AWIIという名前らしい。
サブシステムに繋いで早速鳴らしてみる。
e0022439_6315927.jpg

全くの新品だったので出始めは音が硬くショボい。

「JBLつったって安物はこんなもんか、4301には全然叶わないし下手したらControl1に負けるぞ・・・」

しばらく鳴らしっぱなしにしていたら2時間ほどで少しマシになってきたが、やはり値段なりのパフォーマンスでしかない。

高価なものでもダメなものはダメだが、安価で良い物などというのは幻想で「値段の割には良い」というエクスキューズをつけなければ通用しないものばかりだ、というのは真理だと思う。

ウォールマウントスピーカーなので後ろの壁面に密着させるとさらにマシにはなったが「退屈」なので遊んでみた。
e0022439_645381.jpg

アンプは中古のCrownPS400を新たに購入してあてがってやっているが、CounterPointSA12でも鳴らしてみた。

PS400は締まった低域に聴こえる、高域の抜け方が直線的な感じで業務用らしい。
SA12は滑らかな高域で上手く雰囲気を造って聴かせるアンプだと再確認した。

NeumannW444STA「ARISAスペシャル」を挟む挟まないも試してみた。

こんなショボイスピーカーでもその違いが判るほど「在る、無し」では音が全く違う。
音にコクというか味わい深くなり、生き生きとした躍動感を与えてくれるように聴こえる。

W444、やはり手放せないブツである。
興味のある人は探して見つけて欲しい、音楽に興味のある人ならば使って失望することはないだろう。
ピュアなオーディオマニアの目には邪道に映るだろうから止めておいたほうが無難である。




S36AWIIの用途はカラオケ用である。

アウトドアでも使えるオールウェザー仕様だそうだがそんなことは気にしていない。
店内のムードに合わせた白のJBLでなるべく安く設置が簡単なモデルという選択であった。

そう広くもない店内なのでJBLのEON15インチモデルかBOSEの802IIIあたりが1組あれば充分だろうし、音もそのほうが良さそうだ。

しかし、デカいスピーカーで広いサービスエリアをカバーすると歌ってない客に迷惑だ。

私だって呑みに行って興に乗ればカラオケを歌う、それこそ気が狂ったかのように歌い続けることさえある。
もう他の客の迷惑なんぞ考えない、ブッ飛んじゃってるのだから仕方ない。

そんな私だが、我侭なことは承知で言わせてもらうと自分以外のオッサンのダミ声なんぞ聞きたくない。

私が歌ってるとき以外はおねいちゃんとの会話を楽しみたいのである。

店内を5つのエリアに分けてスピーカーセレクターで歌っているオッサンだけピンポイントで狙うつもりだ。
この程度のパフォーマンスのスピーカーで上手く行くかどうかやってみないと判らないが、ヤカマシい店になるよりはマシである。



そうこうしていたら次男坊がつかまり立ち。
e0022439_18522499.jpg

おいおい君はまだ生後6ヶ月ちょっとじゃないのか?

デカく生まれると育ちも早いのだろうか、日本なら坂田金時の再来とか言われそう。

感心したところでハワイカイゴルフコースのレンジに定時出勤。
e0022439_18543893.jpg

中古ショップのガラクタコーナーみたいになっている私のバッグ。

今日のテーマはT/S打ち比べ。
全部同じヘッドにミツビシ社フブキ、グラファロイ社エピック、プラチナムを挿してある。
e0022439_18575642.jpg

昨日アホみたいにドラを振り回して、今日もアホみたいにスプーンを振り回す。

結果・・・


腰が痛いだけでなにがなんやら・・・


我ながらアホまみれである。
[PR]

2009年 09月 04日 *
以前世話になってた工房が閉鎖されてしまい、困っていた。
e0022439_17462829.jpg

知人に紹介された地下の秘密工房、オーナー兼クラフトマンは日本人だから言葉に困らないし現地人には期待できない細やかな心配りが嬉しい。
e0022439_1747464.jpg

仕上がったクラブを持ってハワイカイへ戻る。
e0022439_17472133.jpg

ドライビングレンジに持ち込んだのはシャフトをグラファロイ社のエピック68Sに戻したR510TP9.5度と、新たに購入したR510TP8.5度にミツビシ社フブキ73Xを挿した2本。
球が浮きすぎるフブキにロフトの少ないヘッドを組み合わせてみた、我に秘策ありとはこのことだ。
e0022439_17505256.jpg

どちらも45インチで組んでもらってスイングバランスはほぼ同じD4、振動数はほんの少しエピックが高めという仕上がりだ。

やはりR510TPの打感は良い。

予想が当たり、フブキ+8.5度は球の高さがちょうど良く距離もかなり出る。
エピック+9.5度は以前と変わらず、両者甲乙付けがたい仕上がりとなった。

一発の距離はフブキだが安定感ではエピックである。

これはもう少し打ち込んで現場に持っていかないとエースを決められない。



夕刻、工房はワイキキだが住まいは我が家の近所のオーナーが新たに仕上がったクラブを届けてくれた。
e0022439_18492126.jpg

すさまじく便利でありがたい、まさになにかのお導きのような出会いである。
e0022439_1811796.jpg

フブキとの組み合わせで不発だったテーラーメイドr7425。

工房のオーナーから425は44.75インチが標準だと教えてもらった。
45.5インチで組んだ場合例えXシャフトでもしなり戻りの感覚が掴めず、結果が悪かったのではないか?
との示唆も受けた。

なるほど、そう言われるといつもより少しテンポを落として振ったときに良い球が出ていたように思った。
無知ゆえに425TPのバランスを崩し、実力を発揮させてやれなかったのかも知れない。
e0022439_18305162.jpg

家に転がしてあったミツビシ社ディアマナ65Sを半インチチップカットしてもらって振動数を出し、44.75インチで組んでもらった。
若干長いバーナー用のシャフトだったので細工してもらえたのは幸いだった。
e0022439_18311812.jpg

これはいわゆる「白マナ」のテーラーメイド仕様だそうだ。
おそらくコストダウンと万人が打ちやすい方向へのチューンが施されているものだと思う。

白マナの63Sを試打したことがあるが似たような感触だった。
ついでに言うとフブキは白マナのUS仕様だそうで、兄弟の多いディアマナの中でも濃い血縁にあるようだ。

明日を待ちきれず再びレンジに行く、今度は最近ゴルフに興味を持ち始めた娘も連れて行った。
e0022439_1834271.jpg

結果は、別物になったかのような打ち易さで飛距離、方向性ともかなりの好結果。

3本のドライバー、どれをエースにするべきか一層混迷の度合いが深まってきてしまった。
下手糞の道具調べ、これもアマチュアゴルファーの楽しみのひとつなのだが悩みも深い・・・
[PR]

by darda95_215 | 2009-09-04 18:41 | golf | Comments(2) *
2009年 09月 02日 *
朝起きて、孫と遊んで。
e0022439_219287.jpg

ハワイカイゴルフコース。
e0022439_219554.jpg

MitsubishiFUBUKI73X湿ったまま、爆発せず。
e0022439_21172566.jpg

2バーディ奪取するも意気消沈の81、ツレは絶好調の73、最終ホールのプッシュも撃沈。
e0022439_21115849.jpg

練習不足に加え、ドラもパターも変えるなんて、やっぱり無謀だった。
e0022439_21144912.jpg

戻ってキレイドコロ多数とBBQ、食って飲んで上機嫌。

ゴルフ以外は楽しい1日だった。
[PR]

by darda95_215 | 2009-09-02 21:16 | golf | Comments(8) *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon