愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2009年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
*

*
2009年 06月 29日 *
いつもの友人が猫の緊急入院でラウンドできないと言う。
仕方ないから独りでエントリーしたところ、組み合わせになったお兄ちゃんたち、23歳の同級生らしい。
e0022439_22135378.jpg

見るとなかなかヤリそうな道具だし、使い込んでいる。
e0022439_2215274.jpg
e0022439_2215139.jpg

見れば判るだろうが、予想に違わず2人ともかなりの腕前だった。
e0022439_22155553.jpg

e0022439_2216923.jpg

聞けばヒッカムエアベース内のゴルフ場で働いていて、赤いシャツのほうはなにかの大会で17アンダー(何日間の競技かは聞き漏らした)の記録を打ちたて、まだ破られていないとか。

10歳前後からゴルフを始めたそうで、キャリアは長いしそのスイングは本格的なレッスンを受けたに違いないものだった。

今日はパットが悪かったがOB無し、それでもダボを3つも叩き41/41の82であった。
しかもノーバーディ、2ラウンドもバーディ無しなんて我ながら気の毒である。

地元(?)の有利だったか負けはしなかったが、彼らは84と86だったから本気のラウンドではなかったようだ。
こっちの若いゴルファーで上手い連中は、1ホールか2ホール大叩き(といってもダボかトリなのだが・・・)もう投げやりな感じになるヤツが多い気がする。

南国特有の気楽な暮らしがそうさせるのかも知れない。

しかし、ハワイはゴルフ天国。
タッド藤川に限らず、こんな若い衆がゴロゴロしている。




先日写真館で撮った写真。
慣れない雰囲気だったのか機嫌が悪く膝の上から離れない孫たちをなだめているといきなり獲られた。
e0022439_22325828.jpg

こいつらに物心つく前からゴルフを叩きこんで日本でデビューさせれば、ハンサムなハーフのゴルファーとして大人気になるだろう。
大手芸能プロとも契約させ、ガンガン知名度を上げたら、その後アメリカに戦いの場を移しメジャーを獲るようなゴルファーに育てよう。

そうすれば、ゴルフを与えてくれた爺ちゃんの功績はゆるぎないものになり、余生は安泰だろう(笑)
[PR]

2009年 06月 28日 *
医者に行くと
「治りが早いな、たまに居るんだわ、こんな人」
なんて言われて抜糸も済ませた。

量を抑えるのに苦労しながら、ちゃんと毎日欠かさず1杯か2杯のジャックダニエルオンザロックで体内からアルコール消毒したおかげだろう。


「ゴルフできますか?」

と聞くと

「ムチャせんかったら行ってええですよ」
と嬉しい返事、先生の左手が白いのを見逃さなかった、きっとゴルファーの気持ちの判る医者なのだろう。

張り切ってハワイカイゴルフコース。
e0022439_15431292.jpg

苦手のINスタートだったのだが、なんと5本もOBを出し46/39の85だった。
右足の蹴りが悪いのか、自然に庇って手打ちになったか理由は不明だが全て左へのOBだった。
OUTの39も寄せ切れなかったのにパーパットがマグレのようにいくつか入っただけで、内容的には40台のゴルフだった。


がっかりしながら帰宅してみると荷物が届いていた。
e0022439_15461734.jpg

手裏剣の模様にしか見えないが・・・
e0022439_15481261.jpg

このシャフトの名前は「FUBUKI」雪の結晶をモチーフにしたもののようだ。
e0022439_1549821.jpg

今のR510TP+EPICに不満があるわけではないが、r7LimitedTPに挿して試したくなった。
前評判ではミケルソンやイメルマンが使って上々の出来らしい。

85も叩くヤツには猫に小判かもしれないが、そこは趣味の世界少々の背伸びは許されるだろう。
[PR]

by darda95_215 | 2009-06-28 15:55 | golf | Comments(8) *
2009年 06月 26日 *
プリを追加したサブシステムのためにケーブルを作った。
ノイマンW444STAとカウンターポイントSA12改を繋ぐ。
線材はベルデン8412、ピンプラグはvinvan先生に教えてもらったスイッチクラフト。

高価で音が良いと聞いても試せないが、安価で音が良いと聞けば試してみたくなる。
e0022439_21123090.jpg

ハンダは日本アルミット・・・こだわり抜いているようだがキャノンプラグは近所で入手した1個3ドルくらいの台湾製である。

製作者の腕にも不安があり、画竜点睛を欠くようだが短絡もなく無事に音は出た。



私を含め多くの皆さんが予想したとうり、音に大きな改善は見られなかった(笑)

ケーブルだけが犯人じゃないようだ。


深夜なので大きな音で検証は出来ない。




明日の課題にしておく。
[PR]

2009年 06月 24日 *
悪漢1号の背が伸びて寝室のサブシステムにも手が届くようになった。
その脅威からシステムを守るため、棚板の高さを変えた。
e0022439_1773921.jpg

ついでに、プリを追加した。
e0022439_1781374.jpg

ヤマハCDR-HD1000
カウンターポイントSA3.1改(by vinさん)
ノイマンW444STAスペシャル(筐体、配線、電源 by ARISAさん)
カウンターポイントSA12改(by naokさん)
JBL4301(1152さんより貰い受け)

ネットを通じて知り合った仲間のおかげで成立している「友情の塊」と呼ぶべきシステムだ。

夜毎このシステムの音に慰められている、聴取時間はメインのジンガリの数倍に及ぶ。



プリを使ってみて音が細くなった。

小さな4301には不釣合いなほどフテブテしい音が出ていたのだが、それなりのコジンマリした音に変わってしまった。


すぐに思い当たったのはザオラの銀単線を加えたことだ。
全てベルデン8412だったところにザオラが混じったことが良くなかった。
ザオラに換えてカルダスのG-Masterにしてみると若干の改善を感じたので間違いない。

しかし不満は残る。

ノイマンとSA12を繋ぐケーブル、ここには貧弱な変換アダプターも噛まされている。
e0022439_17424017.jpg

もう何年も前から考えていた、キャノン端子~RCA端子を持つケーブルをベルデン8412で自作しよう。

怪我のせいでヒマはある、そろそろ取り掛かるべきだ。

そのぐらい頑張らないと、このシステムに力を貸してくれた多くの友人に申し訳ない。
[PR]

2009年 06月 21日 *
2人でJAZZを聴いていると、ノリの良い曲に反応していることを発見。
動画をMixiにアップしたので暇な人はどうぞ。
e0022439_17213221.jpg

長男は甘えん坊だが次男のコイツはやたらと愛想がいい。

競争相手(長男)に負けずアピールしようとするのだろうか。

次男坊に世渡り上手なヤツが多いのはこういうところから始まっているのかも。
[PR]

2009年 06月 16日 *
AM4:00くらいであったろうか、いつものごとくジャックダニエルで出来あがっていた。
普段はリビングのソファでそのまま寝たりするのだが、今日に限って寝室のパソコン前の椅子でうとうとしてしまっていた。

朦朧としながら立ち上がろうとした瞬間、絨毯に足を取られもんどりうって転んだ。


脳天まで突き抜ける激痛に驚く。

足を見ると小指の付け根から大出血している。
白いモノまで見えていた。

とりあえずガーゼを厚めにあて、以前歯医者から貰った痛み止めを飲み包帯をして寝る。

ここはアメリカ、救急車に乗っただけで500ドル、ERで手術となると5000ドルは下らないと聞いている。

朝、かかりつけの医者の予約を取ってX線写真を撮って診察してもらったところ」
e0022439_18171095.jpg

「ここでは手に負えない」
と違う医者を紹介される、ここまで約3時間。

違う医者に診てもらうまで約2時間。

ここまで自分の車で移動、パターを杖代わりに歩いて移動。

その医者はレントゲンと傷口を見た瞬間。
e0022439_18242339.jpg

「またハデにやったねぇ、開放性脱臼だね。ここでは手術できないから他の病院の手術室を借りてやります」
と手配をはじめて3軒目の病院に・・・

すでに朝飲んだ痛み止めの効果は切れている、痛くてたまらない。

3軒目の病院で手術の手続きに手間取っていると、手術する医者がブチ切れて
「そんなことは後でいいじゃないか!」
と言っているが事務のオバサンはどこ吹く風とモタモタやっている。

やっと手術台に乗れたのは怪我してから13時間後であった。

局所麻酔の効きが悪く、全身麻酔となったので後の事は知らないが痛みは半減した。

脱臼を戻し、傷口は開放したまま予後を見るらしい。

治るまで最低3週間はかかるとか・・・






ゴルフも仕事も出来ない。







オーディオ三昧じゃないか!
未だ聴いてないレコードを聴くチャンス。

ノンビリするとしよう。
[PR]

2009年 06月 15日 *
こっちの学校はすでに夏休み、たまには家族サービスということで海へ繰り出した。
e0022439_19205391.jpg

「ボク泳ぐで」と孫1号。
e0022439_19221182.jpg

「なんやボクはクルマで留守番かい」と孫2号。
e0022439_19225979.jpg

ラビットアイランドの見える入り江で遊ぶ、アンティーとそのお友達に囲まれて上機嫌。
e0022439_1923349.jpg

ちょっと移動してワイマナロ、こっちは波が強くてボクには無理。
e0022439_19251351.jpg

海といえば「スイカ割り」こっちの子供たちは初体験だったらしい。
e0022439_19255762.jpg

いつまでもラチがあかないのに業を煮やしオトナゲナイオヤジが登場。
e0022439_19264018.jpg

みんな無事にスイカにありついた。
e0022439_19271158.jpg

めでたしめでたし。
e0022439_19301941.jpg

いつまでも続け夏休み。
[PR]

2009年 06月 13日 *
UTのシャフトのネック部分が剥離してしまい、キャディーバッグから外している。
使用中のグラファロイ社のエピックはナノチューブとやら言う技術を用いているらしい。

簡単に言えばカーボンシャフトに極薄の金属チューブを被せたものだと思う。
外側の金属チューブと内側のカーボンシャフトとの接着に問題があるのだろう。
e0022439_17333424.jpg

実は同様のトラブルが以前にもあり、これで2度目なのでメーカーを相手に訴訟を起こして億万長者になるつもりだ(嘘)

何度か抜いたり挿したりを繰り返したので必ず加熱している、それが原因なのではないかと推測している。

新品で1度だけ挿した未加熱のモノなら訴えて勝てそうだが、そうでなければメーカーお抱えの敏腕弁護士には勝てない気がする。

余談だがアメリカでは敏腕弁護士とコネを持てばすぐに億万長者になれる、とまことしやかに囁かれている。
半分本当のような気がするほど弁護士のデキ次第で人生が変わりそうな「訴訟天国」なのが恐ろしい。

ダメ弁護士に弁護費用だけ毟り取られ、それでお終いというケースも多いそうで訴訟が株取引や賭博のように金儲けの具になっている。

勝てば大儲け、負けても手数料はガッチリ取れるのだから少し成績の良い学生がロウスクールを目指すのも頷ける。
だから日本と違って弁護士は余っていて仕事を求めて訴訟を勧める弁護士も居る訳で、ますます裁判沙汰が増える構図でもあるらしい。


さて


そんな天国とは別のハナシ。

換わりになるものを探しに中古クラブ店を物色していると、テイラーメイドのVスチール7番ウッドが目についた。
e0022439_17465146.jpg

昔、キャロウェイがセブンとヘブン(天国)をかけたメタルウッドを売り出し、新しいモノ好きの親父が使っていた。

はるか後方からのセカンドショットを高い弾道でグリーンにポトリと落ちる球を打っていた。
それを見てリキんでしまい、トップ気味に入ったアイアンショットが止まりきらず奥にこぼしてしまった事を思い出した。

ロフトが9.5度のドライバー、13度のスプーンなので18度前後のUTかフェアウェイウッドが妥当なのだろうが、一度使ってみようと思い立ちレジに並ぶ。

お代は45ドルであった。
e0022439_17572122.jpg

シャフトはダイナミックゴールドのX100Uが挿してある、末尾のUが何を意味するのか良く判らないが下手にヤワなカーボンシャフトよりましだろう。


急いで練習場に行き打ってみると、具合が良い。
高い弾道で芯を食えば200ヤード以上飛んでいる、これならグリーンで止まってくれるだろう。
同じ21度のレスキューTPと距離は同じくらいだが弾道はもっと高い。

3番アイアンと同じロフトでランを考えれば飛距離はあまり変わらない気もするが、使い分けできるだろう。

これで天にも昇るナイスショットが打てれば楽しそうだ。
e0022439_18165127.jpg

と、いうことで現在のバッグはこんな陣容。
e0022439_18172453.jpg

写真を撮っていると悪漢1号が寄ってきた。

ヨシヨシもう少し大きくなったらオマエにも買ってやるから、一緒にゴルフしような。
[PR]

by darda95_215 | 2009-06-13 18:26 | golf | Comments(6) *
2009年 06月 12日 *
今日は練習場で良い球を打っていたので声をかけてナンパした「I氏」と待ち合わせてラウンド。
e0022439_17151855.jpg

気温は高めの30度前後だったが湿度が低いので過ごしやすい。
e0022439_17161313.jpg

若かりし頃日本で7月に25ラウンドという愚かなまねをしたことがあるが、今だとこんなに連日ゴルフに行く気はおきないだろう。
e0022439_1717535.jpg

ハワイならではのゴルフを満喫して家路に着く、単車で機動できるのも素晴らしい快感である。


e0022439_17182547.jpg

アウトはバーディパットを外しまくって、不注意なダボも叩いた17パットの39。
インは乱れるアイアンを我慢しながら寄せてラッキーなパットにも助けられたりしたが、再度パー3でミスを犯しダボを叩いて13パットの41。
合計で80となり、目標の70台には届かなかった。
e0022439_17225219.jpg

マグレでも良いからバーディが来ないと70台は難しい。
不注意なダボを2つも叩いてはなおのことである。
e0022439_172653.jpg

やはりアプローチとパット、これがスコアメイクの鍵だ。
パター練習が嫌いなのだが、もっとやらなければならない。

1週間で5ラウンドして70台は一度も無し。
ゴルフの才能が欠如していることは明らかで本当に深刻な問題だ。
[PR]

by darda95_215 | 2009-06-12 17:39 | golf | Comments(4) *
2009年 06月 11日 *
午前中に超特急で所用を済ませ、今日もいつものハワイカイゴルフコース。
e0022439_1641215.jpg

今日は強敵であり師でもある、いつもの友人と。
e0022439_1652874.jpg

トワイライトスタートはたまに売店が閉まってしまいビール不足に苦しめられることがある、半ダース用意して今日の準備は万端。


1番
e0022439_1681469.jpg

2番
e0022439_1683133.jpg

3番
e0022439_1685222.jpg

4番
e0022439_1691012.jpg

5番
e0022439_1692935.jpg

6番
e0022439_16105365.jpg

7番
e0022439_16111825.jpg

8番
e0022439_16114177.jpg

9番
e0022439_16121371.jpg

フロントナインだけ紹介。

スコアは39/44
e0022439_16132496.jpg

10番11番と立て続けに80センチほどのパターを外し半ギレ。
13番でも3パットしてしまいほぼキレてしまったところ、14番ではボールの行方は見えていたのにフェアウェイ近くまで隠れて伸びた木の根に当たり、不運としか言いようのないキックに見舞われロストボール。

完全に集中力を失ってしまい、ズルズルと叩いてしまった。


全てはパターが原因だった。
e0022439_16175864.jpg

心情的には好きなPINGを使いたいが、やはり調子の良かったCAMERONに戻すべきだろう。
好調な時は無駄に道具を換えない方が良いという教訓を得た。

明日こそは30パット以下を目指し70台を出したい。
[PR]

by darda95_215 | 2009-06-11 16:29 | golf | Comments(6) *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon