愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
*

*
2009年 05月 31日 *
修理に失敗したSA3000がプロの手で修復され戻ってきた。
e0022439_1835336.jpg

にっくきワラジムシはソケットに収まっている。
今後この部品を交換するハメになっても大丈夫、私にも差し替えるくらいならできる。
e0022439_18365269.jpg

音の印象はSA3.1に比べ若干薄味だが解像度や音場の表現力に勝る。
音のテクスチャーというか、その肌触りは絹のように滑らかだ。



e0022439_1840360.jpg

ついでにCDP>DAC間のケーブルをオーグラインに、DAC>プリ間にビンテージ線を使ったケーブルに交換した。
どちらも単線構造のケーブルである。

Belden8412からスイッチするとスッキリと細身になり、色彩感が豊かになった気がする。
女性ボーカルなどはこちらの方が好みである。
[PR]

2009年 05月 26日 *
先日カートリッジの針を折られた。
e0022439_18162154.jpg

そんなに泣くな、じぃじはもう怒ってないよ。
これでもうダイジョウブだからね。



ハワイ王朝ゆかりの宝物箱の底を抜き、ちょうど良い高さになるようぶった切った。
e0022439_18175860.jpg

ヴィンテージな雰囲気が薫る宝物箱、非常に凝ったエンボス加工がされている。
e0022439_18311672.jpg

こんな風プレーヤーを囲うのに使う。
e0022439_18191486.jpg

あわせてプリ類も今までよりも長いサイドレールを入手しひとまとめにした。
(すごく安っぽいミニコンポに見えることは言わないでおく・・・)
e0022439_18211090.jpg

開けた蓋部分にLPジャケットをディスプレイもできる「Now On Play」なんだかジャズ喫茶みたいだ。
e0022439_1903955.jpg

全体的にまとまりの良い配置になった、これで「愛しき悪漢」に罪を負わせずに済むだろうか。
e0022439_20585822.jpg

ほら、絶好調じゃないの。

いいね。







ハワイ王朝の・・・なんていうのはデマカセ。
e0022439_18225687.jpg

ハワイの庶民が愛するバッタ屋「ROSS」で買った。
底が痛んでいたのでアピールすると表示価格39.99ドルから6ドル値引きしてくれた。
どうせ底は抜く気でいたのでどうでも良かったのだが言ってみるものだ。
[PR]

2009年 05月 23日 *
e0022439_16152988.jpg

e0022439_16154373.jpg

e0022439_16155847.jpg

e0022439_16161282.jpg

e0022439_16162465.jpg

e0022439_16163787.jpg

e0022439_16165146.jpg

e0022439_1617596.jpg

どーもスミマセン。
[PR]

by darda95_215 | 2009-05-23 16:17 | golf | Comments(0) *
2009年 05月 22日 *
孫の破壊活動に遭い。
2も3も4も5も持ってるけど売り払おうと思う、と意味の無い自慢をされ。
e0022439_14353430.jpg

ドタマに来たので略号NIB(NewInBox)新品箱入りを買った。
e0022439_1437423.jpg

嗚呼・・・
e0022439_14411848.jpg

白文字SuperTrack"plus"
e0022439_1442059.jpg

見ているだけで良い音がしそうだ。

我慢できず孫を寝かしつけてから取り付ける。
e0022439_18244355.jpg

同梱されていたネジの長さがSMEのシェルに取り付けるとピッタリツライチなのは「純正組み合わせ」の証拠?

音も納得、これぞTypeIIIの音。
記憶の中の黄文字ボディやJICO針の音とたいして違わないようにしか聴こえないことは内緒にしておく。





小さな箱だけでなく長い箱も届いた。
e0022439_1452472.jpg

中身はTaylorMade r7LimitedTP
e0022439_1514480.jpg

日本じゃ売ってないんだぜ。


並行輸入でナンボでも買える。
意味の無い自慢(笑)
[PR]

2009年 05月 21日 *
郷里、愛媛県新居浜市の写真スタジオのオーナーのブログをリンクしました。

デジタルスタジオナガイ(こどもらいおん)

飄々とした語り口と写真がメインのブログですが時折り「ハッ!」とするほど鋭い切り口の写真があったりします。
本格的に写真をやった人の「凄味」でしょうか。
e0022439_0212289.jpg

たまに楽しんでください、夜中に1人パソコンの前でクスクス笑ってしまうこと必定ですから家族に見られないように。
[PR]

2009年 05月 18日 *
朝起きて、バイクに飛び乗りフリーウェイ。
e0022439_21281520.jpg

向かった先はパールカントリークラブ。


のハズが・・・

なぜかミリラニゴルフクラブに・・・
e0022439_2129288.jpg

理由は・・・

何度も行っているパールカントリーなのにフリーウェイの出口を間違え道に迷い、遅刻するハメになってしまった。
ティータイムをを失い同伴者に迷惑をかけてしまったが、その同伴者の機転でミリラニゴルフコースのスタートを確保。
e0022439_21373470.jpg

なんとかゴルフを楽しめる事になったが、大恐縮で平謝りした。
e0022439_213822.jpg

なぜか真珠湾付近で道に迷うことが多い。
米軍によって巧妙に仕組まれた軍事的迷路の罠にハマっているのかも知れない。
同伴者にそう言うと「そんなワケ無いだろ、観光客じゃあるまいし、迷うなよ!」と叱られた。
e0022439_21393283.jpg

さて初のミリラニだが、なんとなく天気が悪い。
今日はコナウィンドだったが、そのせいだけではなくこの辺りはいつもこんな感じらしい。
e0022439_21402677.jpg

コレは某氏のブログで見かけた「カリステモン」の仲間か?
それにしても「借り捨て者」ってすごい名前である、ツタヤの天敵か。
e0022439_21434619.jpg

アセってしまい精神的に動揺したのか、元からそんな実力なのか判然としないがボギーばかりだった。
それでもゴルフは楽しい、同伴者の機転に感謝である。

それにしても・・・

遅刻には注意、大反省である。
[PR]

by darda95_215 | 2009-05-18 21:47 | golf | Comments(6) *
2009年 05月 16日 *
最近調子が良くなってきたオーディオに事件が起きた。
帰宅してレコードに針を落とすと盛大な異音・・・

横滑りするトーンアームを見た瞬間全てを悟った。

「ヤラレタ・・・」
e0022439_19355765.jpg

無残に捻じ曲げられたカンチレバーが痛々しい。

悪漢1号、孫の仕業である。

青くペイントされているのは某グループの「お呪い」を試した痕跡なので気にしないで欲しい(笑)

この日が来ることはなかば予想はしていた・・・
孫を責めるより防御策を施さなかった自分の不明を反省せねばなるまい。

V15TypeIVはメインにには成りえなかったが好きなカートリッジであった。
MMなので針だけ探せばいいのは不幸中の幸いというべきか。

とりあえず手持ちの中からML140HEと交換してみた。
e0022439_19434279.jpg

SHUREの中ではマイナーな存在のカートリッジのようで、ネットで得られる情報も限られている。

音質はSHUREの血統を感じさせる明快な音造りだ。
音場の表現はTypeIVなみに広いし、情報量もそこそこあるように感じる。
低域と高域の両端にアクセントを感じる、それが中途半端な帯域なのは小型スピーカーとの組み合わせを想定されているのかも知れない。
e0022439_19514127.jpg

単体で聴くとそう悪くないが、IIIやIVに比べるとアクやドスを感じさせないサラリとした質感なのが少し物足りない。




やはり私にはTypeIIIか・・・



告白するとTypeIIIは付け替え時の事故や、中古で購入した時からの断線などで過去に4台購入している。
どれも少しずつ音が違っていたが、白文字VN35Eが一番良かったような気がする。

使わないゴルフクラブを叩き売ってでも「極上品」を入手しろという天の啓示かもしれない。
[PR]

2009年 05月 14日 *
某氏がMixiで真空管の足について言及していた。

そうだ、確かに磨いた後聴くとそれまでの怠慢を感じる。

最後にパワーアンプの天板を開けたのはいつだっただろう。
日本に居た時は開けっ放しにしたまま煩雑に球を換えたりしていたのに・・・

全ての球の足を磨いてみた。
e0022439_1856129.jpg

確かに違う。




ひさしぶりに針を落としたアルバム。
e0022439_1857266.jpg

このアルバムを聴いていた10代、こんなに強く濃い音を聴いてなかった。

ジンガリの音はもちろん、カウンターポイントやノイマンの音を感じる。

オーディオを続けていて良かった。






ご機嫌な音に調子づき、スピーカーの振り角も変えてみた。
e0022439_1941330.jpg

これは失敗だったか・・・

もう少し追い込める。

また明日の楽しみにとっておこう。
[PR]

2009年 05月 09日 *
ここ3日ほど南からの風が吹いていた。

ハワイの気候が低湿度で過ごしやすいのは、普段はTradeWind(貿易風)が吹いているかららしい。
その風向きが低気圧などによって変わることがあり、その時の風をKonaWindと呼ぶらしい。

この風は高温多湿で雨を呼ぶことが多い。
ハワイ島で栽培され高級品として知られるKonaCoffeeを育む風として恵みの風らしいが私は苦手だ。

高温多湿なだけでなくハワイ島の火山性のガスを運んでくるのか必ず頭痛がする。


風に文句を言っても始まらないが、2週間以上行けなかったゴルフに出かけた。
e0022439_16322778.jpg

薄く霞がかかったような空気で、雲が多い。



同伴の友人の友人がPINGの中ではレアなニッケルベリリウム素材のアイアンを使っていた。
リベロさん愛用のクラブだったと記憶している。
e0022439_16345161.jpg

何球か打たせてもらったがその打感と球の捉まえやすさに惚れこむ人が多いことが納得できた。
持ち主の彼も何度か新しいアイアンにチャレンジしてみたが結局これに戻ってしまうと話していた。
e0022439_16392919.jpg

「ベリリウムは毒だからもう造ってないんだよね」
と言うと心配そうに 
「使っていても大丈夫なのか?」
と聞いてきた。

拙い英語のせいで変な心配をさせてしまったようだ。
「工場で造っている時が危ない、製品になったものは安全」
なんとなく判ったような顔をしていたがちゃんと伝わったかどうか・・・




空の色の違いが判るだろうか?

昼からは貿易風が戻ってきてくれていつもの爽やかさも戻ってきた。
コーヒー農園には申し訳ないが、やはりハワイはこうでなくてはいけない。
[PR]

by darda95_215 | 2009-05-09 16:47 | golf | Comments(3) *
2009年 05月 08日 *
ここのところ色々と忙しかった。
オーディオだけでなく単車にも乗れないし、ゴルフもできずにいた。

まるで他人の人生のようだ。



なんとか落ち着いたので某所で見かけたアルバムを聴く。
e0022439_20413531.jpg

このアルバムを聴くと何年も前の出来事を思い出す。

YamahaMC1>GT2000>CounterPointSA3000>AudioResearchCL30>TannoySystem600
という組み合わせでこのアルバムを聴いたところ、メインの4343が霞んでしまうほどの美しい音が聴けた。

あの頃は毎日何時間もオーディオを弄りまわしていた。
どんどん弄っているうちにそんな「奇跡」のような音が出ては消え、消えては出ることが楽しくてしようがなかった。
機材の入れ替えも煩雑でセッティングも日替わり、何度かの転居でいつしかあの音は幻のように脳裏に残るだけの音になった。

あれから何年経ったのだろう・・・
この島に渡ってきてからほとんど機材に変更は無い。

思えば遠くに来たもの・・・
[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon