「ほっ」と。キャンペーン
愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2008年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
*

*
2008年 07月 23日 *
我が家に同居している娘婿。
境遇はマスオ君だが、身長体重は幕内力士の平均という体格で、デカイ面して家の中を闊歩している。

「ゴルフがしたい!道具を選んでくれ」

と言うので昨日の「Noriさん」も誘って一緒に中古ショップへ行った。

アイアンはPING i3O-size
e0022439_18255927.jpg

「お前はファッキンハオリ(ハワイ語で白人の意)だからホワイトドットで良いよ」

と言ったらショップの女将がゲラゲラ笑いながら

「あなたは背が高いからコレが良いのよ、彼は正しいわ」

とちゃんと説明してくれていた、本人はライ角がアップライトだと言われてもなんのことやら判らぬ様子。

ドライバーはR7Quad10.5°
e0022439_18314321.jpg

構えたら見えない所に傷があり、そのぶん安くなっていた。
e0022439_18345148.jpg

シャフトはプロローンチのブルー65Sが挿さっていたのも薦めた理由。

R510TPあたりも良さそうだったが9.5°や8.5°しか無く、シャフトも手元調子でハードなのがついていたので薦めなかった。

パターはお気に入りのZing2をくれてやった。
e0022439_19282099.jpg

お気に入りなのになぜ?といぶかる向きもあるかもしれない。

実は先日ラウンドしようとしたら、家にパターを忘れてしまっていた。

クラブハウスのショップを見回すと、好みのKarstenZingがあったので緊急購入したからだ。

常に車の中に隠匿してあり非常時に出撃する予備役だが、これがなかなか良い。
打感が柔らかく、ロングパットの距離感などこちらのほうが良いかもしれない優秀機である。

よってZing2は娘婿のものとなった。

FW類はしばらくは不要だろう、腕が上がって小遣いが貯まったら買えばよい。
キャディバッグもとりあえずお下がりを使えとは言ったが、古くてクタビレているから気に入ったのに買い換えろと言っておいた。

早く打ってみたいとウロウロしているので、ハワイカイのレンジへ連れて行ってやる。
全く初体験なのでナニを言っても無駄だから、グリップだけ教えて放置。

「どうすれば良いんだ?」

と聞くから

「球をよく見て思いっきりひっぱたけ、頭は動かすな」

とだけ言って再度放置。



ちょっと借りて打ってみる。

ドライバーは高弾道でよく飛ぶ、インパクト前にビュっと走る感じがあり、打ち出し角が高い。
プラチナムよりも先調子で、3Wに挿すならこっちのほうが良かったかも知れない・・・

アイアンも打ってみた。
構えた感じは野暮ったい、グースが強く私にはライ角も合っていない。

が・・・

どうしたことだ・・・真っ直ぐにしか飛ばない。

ボーン、ボーンと高めの弾道で曲がる気配すら無い。

これは、なかなかのクラブではないかと思った。



ふと脳裏を嫌な気分が走る・・・

「クラブなんて、なんでもええんじゃないのか?・・・」

薦めておいてなんだが、忸怩たる思いである。


「明日も明後日も練習して、早くコースにオヤジと行きたい」
と言っているそうだ・・・練習ならつきあってやるがコースは・・・来年くらいにしようか。
[PR]

by darda95_215 | 2008-07-23 19:33 | golf | Comments(7) *
2008年 07月 22日 *
私には気に入ったメーカーが見つかると繰り返し試したくなる性癖がある。
JBLだとかSHUREだとかCounterPointだとか・・・
e0022439_18135972.jpg

今回はProLaunchPLATINUMである。
e0022439_1815843.jpg

しっかりした手応えで、少々の事ではへこたれない。
タイミングで左右に散っても、曲がりは少ないシャフトだ。
今回はTaylormadeV-SteelT/S13°に挿してみた。

ただの一発も打つことなく実戦で使用したところ・・・

硬い!

バット部で長さを調整しているので寸が短くなっている。
加えてヘッドはドライバーより小さく軽い。

今日は3回使うチャンスがあったが、1回だけ納得できる当たりだった。

打ち込んで打ち込んで自分のものにするしか無いだろう。
ただ以前のFujikuraReaxよりもしなりが少ないので、少々タイミングを外しても曲がらない。


今日の御連れ様は「Noriさん」
e0022439_18225354.jpg

シャイなので後頭部の撮影だけが許可された。

顔をみたい人はカパフルのおむすび屋さんにいるので見に行って欲しい。
このおむすび屋さんはおむすびだけでなく日本食メニューが充実していて、リーズナブルな値段でランチが食べられるのでけっこうな頻度で訪れている。

ハワイでは日本食だと思って入った店でも、寿司にコチジャンが載ってたり、定食屋風の店の味噌汁に五紅粉が入っていたりして、意外な味に出会いびっくりすることがある。

そういう料理を半島系なら彼らはジャを発音せずザと聞こえるのでザパニーズ、大陸系ならチャイナのチャをとってチャパニーズと言うらしい。

彼の店はそういうことは皆無なので安心して食べられるのが嬉しい、お勧めの店だ。


スコアはノーバーディで41/39だった。
最終ホールでダボを叩いた、詰めの甘さを露呈している。
[PR]

by darda95_215 | 2008-07-22 18:35 | golf | Comments(3) *
2008年 07月 20日 *
仕事先が中古ショップに近かったのがいけなかった。
e0022439_1485175.jpg

時間調整の為にフラリと吸い込まれたら、RescueMidTPの#2#3を見つけてしまった。
e0022439_14253394.jpg

シャフトは「DynamicGold X100」で難しそうだったが、顔がいま持っているノーマルモデルのMidよりもスクエアでライ角もフラットなのが気に入った。

得意の衝動買いである。

用事があったのでいつものカールの店に行き、ついでに計測させてもらった。

#2 400g D1.5 cpm314
#3 407g D1.9 cpm309

さすがにX100シャフトは重い。

レンジで打ってみたところ、#3はなんとか打てそうだが#2は歯が立たないかも知れない。
硬さはそれほど気にならなかったが、重く粘っこいシャフトは他のクラブと異質でバランスも悪そうだ。

カーボンシャフトのRescueTPは#3#4の組み合わせだが、距離はMidの#2#3と変わらない。

現状ではRescueTPを使うことになるだろう。

MidTPはリシャフトするかも知れない・・・というかするつもりだ。
[PR]

by darda95_215 | 2008-07-20 14:54 | golf | Comments(0) *
2008年 07月 18日 *
もうワンセットPING S59を買った。
e0022439_17133867.jpg

我ながら間抜けな話である。
e0022439_1714428.jpg

ダイナミックゴールドのS300が挿さっているセットだと思いこんで買ったのだが、到着してからすでに持っているセットと全く同じZ-Z65が挿さっていることが判った。
e0022439_17163137.jpg

前のオーナーはほとんど使っていなかったそうで、程度はすごく良い。
e0022439_17263454.jpg

同じシャフトである、計測してみてもほとんど違わない。

セットごとのバランスは見事に揃っている。

PINGは仕上がったヘッドを全て計測し、番手ごとの重量フローを揃えたうえでセットを組み立てるそうなのだが、本当の話のようだ。

打ってみても全く一緒・・・のはずだったが少し違う。
e0022439_17274670.jpg

違いの原因は標準よりひとまわり太いグリップのせいだろう。

クラブと手の接点であるグリップの重要性を再確認できた。
PINGのクラブが真面目に造られていることも判った。

良い勉強になった・・・


このセットはこのままe-Bayに出すつもりだ。
ピカピカなので損害は少なくて済むだろう・・・



溜め息・・・
[PR]

by darda95_215 | 2008-07-18 17:55 | golf | Comments(6) *
2008年 07月 16日 *
また行ってきました、今日の御連れ様は二人ともシングルさんでバックティーを使用。
e0022439_17221116.jpg

左のお父さん、私のキャディーバッグを見て
「お!カールんとこのバッグやんか、ワシもヤツの客やで」
(もちろん大阪弁ではなく英語)
とカールのオリジナルウェッジやマトリックスにリシャフトしたツアーバーナーやら見せてくれた。

そのドライバーを一発だけ打たせてもらった。

自分のドライバーも悪い当たりではなかったが、それを20ヤードくらい越えて飛んでいた。
「売ってやってもええで~」
(やっぱり英語、なぜかそんな感じなのだ)
と言ってくれて真剣に悩んでしまったが、ここのところ散財続きなのでグっと我慢した。

41/39だった、スコアだけ見ると平凡だが・・・
e0022439_17282014.jpg

セカンドOBが2発、アプローチでのソケットも2発、バーディは3発。
ドタバタとなんだか疲れるゴルフだった。

コースばかりだとショットがおかしくなる。

ラウンド後、軽く一袋(ここのレンジは大きなみかん袋みたいなネットに入っている)打ってみたが、なんだか手打ちになっていた。
[PR]

by darda95_215 | 2008-07-16 17:29 | golf | Comments(3) *
2008年 07月 15日 *
毎日好天。
e0022439_17152555.jpg

本日の御連れ様、二人ともナイスガイだったが山賊みたいな体格である。
こんなのがチカラまかせに振り回すのだから、同じメーカーのクラブでも米国仕様は硬いシャフト、重いバランスと違ったセッティングなのは理解できる。
e0022439_17162563.jpg

スコアは曇り・・・43/41

このコースはバックティーからだとフェアウェイが木でスタイミーになり、ドライバーを使えないホールが増える。
そんな難易度の上げ方はフェアなコースセッティングとは言えないと思う。

言い訳しておこう。

最近気づいたのだが、ここは日本資本の経営だ。
安くて近くてスタッフも親切なので言うことないのだが、芝のつきが悪いのがちょっと残念である。
[PR]

by darda95_215 | 2008-07-15 17:29 | golf | Comments(2) *
2008年 07月 14日 *
晴天の日曜。
e0022439_16505690.jpg

モロカイ島、もっと遠くにマウイ島まで見える。
e0022439_16514428.jpg

売店で買ったBento、ランチパックのことをハワイではこう呼ぶ。
e0022439_16541878.jpg

ぴーかん。
e0022439_16551058.jpg

今日の御連れ様。
e0022439_16553879.jpg

いつもの海沿いのハイウェイを走る、目的地はお招きいただいた知人の家。
e0022439_16572630.jpg

ものすごい豪邸。
e0022439_165857.jpg

ものすごい肉。
e0022439_16583422.jpg

ものすごいリビング。
e0022439_1712818.jpg

ものすごい景色。
e0022439_16585945.jpg

生バンドも歌う。
e0022439_16592538.jpg

43/35
e0022439_172746.jpg

現在のクラブ、データを折れ線にしてみた。
e0022439_17532119.jpg

アイアンのバランスが軽い、これは嬉しくない。
[PR]

by darda95_215 | 2008-07-14 17:02 | golf | Comments(0) *
2008年 07月 09日 *
e0022439_18442726.jpg

今日もハワイカイゴルフコースへ独りで行く。
e0022439_18451192.jpg

組み合わせになった中国系アメリカ人の歯医者さん、聞けば互いの自宅は車で数分のご近所さんだった。
とても明るいナイスガイで、私のたどたどしい英語にも一生懸命理解しようとしてくれた。
孫の写真と息子さんたちの写真を見せ合ったりして、楽しくラウンドできた。


が・・・


スコアは41/44だった。

名づけて「別人28号」もしくは「白ティー番長」または「うっかり八兵衛カンニングに失敗の巻き」である。
e0022439_18495060.jpg

青ティー(バックティー)を使用したのだが、馬脚を現す結果となった。
現時点の私の実力はこんなものか、これでも上出来であろう。

続けて70台をマークし、さらに良いスコアを出そうとしていた。
その「欲」は不自然な力みを生む。
実力以上の結果を望み、裏切られ落胆する事になる。
次のショット、パットへのリズムを失わせ悪循環を造る。

おまけに秘密兵器レーザー測距計をうっかり忘れて来てしまった。
距離のジャッジミスを頻発し、その存在の大きさを身をもって実証したようなものだ。


次は頑張ろう、必ず測距計を持って・・・

「デカケルトキハワスレズニ!」    by ジャックニクラウス
[PR]

by darda95_215 | 2008-07-09 19:14 | golf | Comments(0) *
2008年 07月 07日 *
ハワイカイゴルフコースへいつものごとく独り。
e0022439_15364653.jpg

現地のご夫婦と組み合わせになった。
偶然だったのだが、いつもお世話になっている石川プロの生徒さんだったこともあって和やかにラウンドできた。
e0022439_15372555.jpg

私の英語力ではじゅうぶんなコミニュケーションは無理だったが、真面目にかつ楽しくゴルフに取り組んでいるお二人で、ご主人はHDC8という腕前だったので相手にとって不足は無い。

リシャフトしたドライバーと昨日買った新兵器の威力が炸裂、恥をかかずに済んだ。
e0022439_15402977.jpg

38/36とゴルフ再開後のベストスコアを更新できた。

ProLaunchPLATINUMにリシャフトしたドライバーがとにかく曲がらない、笑えるほど曲がらない。
マン振りしても曲がらない。
インサイドから煽ろうが、アウトサイドインに引っぱろうが、どう打っても曲がらないのだ。
一発の飛距離は少々落ちているがアベレージで見るとこのシャフトのほうが断然良い。

そしてBushnellPinseeker1500Slopeの効果。
e0022439_1723978.jpg

残りのヤーデージが正確に判るということが、これほどゴルフに余裕を与えるとは知らなかった。
同時に今まで自分が距離のジャッジミスでどれだけスコアを落としていたかも知った。
短いかも知れない、大きいかもしれないと不安に思いながら握ったクラブと、これだけ打てば乗るんだと確信を持って握るクラブでは全く違う。
余計なことを考えずゆったり振るだけのゴルフは、今までとは次元が違った。


距離計を持っている人間と、持っていない人間には違いがありすぎるのではないだろうか。
上手く行き過ぎて、まさにカンニングしながらテストを受けているような気分だ。

複雑な気分だが、使用可能なコンペなどでは理不尽なほど差があるだろう。
[PR]

by darda95_215 | 2008-07-07 17:07 | golf | Comments(6) *
2008年 07月 06日 *
e0022439_14581758.jpg

コースを知り尽くした同伴者もキャディさんもいない男には必需品である。

Bushnell Pinseeker1500Slopeを購入した。

日本では買うより安いようで449ドル(税別)だった。

これはレーザー方式で目標物を双眼鏡のように捉えて計測する。

残りのヤーデージがはっきりしたからと言ってスコアが良くなるとは限らないが、いつもセルフプレーで周る私には便利そうである。

明日の実戦ラウンドに持って行くつもりだ。
[PR]

by darda95_215 | 2008-07-06 15:28 | golf | Comments(3) *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon