愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2008年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
*

*
2008年 06月 30日 *
先日は不毛だなどと書いたが、今日はなにがなんでも発表させていただく。
いつものように独りでハワイカイゴルフコース。
組み合わせはローカルの若い二人連れと、独りで来ていたチャイニーズのおじさん。
いつもはバックティーを使うのだが、3人ともレギュラーティーを使うと言うので私もそうした。
e0022439_15384216.jpg

インスタートで前半はボチボチだったが、後半のアウトは2バーディ、2ボギーのパープレイで41/36となり大満足であった。

とにかくティーショットが飛んで曲がらない、自分でも驚くほどのフェアウェイキープ率であった。

使用中のドライバー「テーラーメイドスーパークアッドTP9.5°」にはヘッドに4個所の穴があり、そこに交換可能なウェイトがネジ止めで入るようになっている。
e0022439_1559495.jpg

球筋やバランスを調整するために、昔は鉛を貼ったり剥がしたりしていたのを、手軽にできるようにした機能だ。

組み合わせや重さによってけっこう違うので楽しみながら調節していたが、先日思いついて試した組み合わせが功を奏したようだ。
e0022439_16664.jpg

しかし、このウェイト最も軽い2グラムの物から2グラム刻みで14グラムまで用意されている。
同じカートリッジがスプーンにも使われているので、組み合わせを試すには数が必要だ。

むやみに試しても訳が判らなくなること請け合いなうえに、1個が15ドルもする。

やってみないことには始まらないが、ある程度落ち着いたらそんなに変える必要はないように思う。
オーディオと同じで小異を気にし始めたらキリが無いので、だいたい決まったらいい加減にしておくのが良さそうだ。
[PR]

by darda95_215 | 2008-06-30 16:14 | golf | Comments(4) *
2008年 06月 29日 *
12年ぶりにゴルフを再会し、過去に使わなかったユーティリティアイアン。
当時は「タラコなんか使うのはオッサン」などと思っていたが、自分もすでにオッサンなので臆面もなく使うことにした。

ドライバーがテーラーメイドなのでなんとなくレスキューと名づけられたシリーズを選択することになったのだが、楽に200ヤード前後を打てるのと、同じロフトのアイアンより高弾道なのでグリーンで止まるということに驚いた。

こんな便利なクラブがあるなんて知らなかったのだが、同時にフックが出やすいことに気づいた。
大事な場面でチカラが入ったり、打ち急いだりした時に出る。
長い距離を狙っているだけに危険である。
調べてみると、数多くのラインナップがレスキューシリーズにはあるので、自分にあったモノを探すため色々試すことになった。

Mid、Dual、Draw、TPと純正カーボンの挿さったレスキューを購入し打ってみた。

スイングが固まってない事もあって、悩みは増すばかりでもあったが傾向は判ってきた。
重く硬いシャフトほどフックが出にくいことだ。
e0022439_17283067.jpg

RescueTPを購入した事で収束するかに思えていたのだが、アイアンをスチールシャフトに買い換えてその感触が自分にはあっているような気がしはじめた。
e0022439_17291684.jpg

そこで打感が良く、ポンと置いてライを選ばず座りがしっくりしていたMidで95グラムの軽量スチールシャフトが挿さった19°を購入してみた。
テーパーの.370チップなので数値的に見てトゥルーテンパーのTX-90テイラーメイドバージョンだろう。
e0022439_1729567.jpg

打ってみると最初は酷いフックばかり連発した、打っても打ってもフックなのだ。
球筋は気に入らないが、振りぬきやインパクトの感触は良い。

そのうち、球の高さや曲がり幅が一定に落ち着き始めた。

比べるとTPはフックこそ出にくいが、気を抜くと右にボケた球やトップ気味の球も出る。
Midは曲がり幅は大きかったり小さかったりするが左にしか曲がらないし、高さや距離のバラツキが少ない。

どちらを選ぶかまだ決まっていない。

200ドルを越える購入金額だった最新最高級モデルTPと、新品デッドストックでも60ドルしかしなかったMidのどちらを選ぶか悩んでいるのだから、ゴルフ道具もオーディオと同じで金額は決定事項にはならないようだ。

そして・・・

先ごろ実戦配備したアイアン、PING S59のロングアイアンが非常に打ちやすい事が判った。
e0022439_17411112.jpg

これはほぼ安定したドローが出る、180ヤード前後ならばレスキューよりこちらのほうが確実なようだ。

アイアンの4番23.8°(なぜか半端な数字・・・)を使うとなれば、レスキューの4番21°は不要になる。
ならばレスキューの2番16°を入れればドライバーからのつながりが良くなる。
13°のツアースプーンは狭かったり抜けたりしたら困る時のティーショットか、ライが良い時のセカンドに専念させられる。


RescueTPはいつものショップで2番と3番を交換してもらったのだった。
今度は4番を出して、2番を取り戻すべきだろうか・・・TPの2番はもうひとつ使いこなせなかった。

新品デッドストックが45ドルと安かったMidの2番16°はすでに購入済みで届くのを待っている、試打してみて良かったらレスキューはMidでいくことになるかも知れない。
[PR]

by darda95_215 | 2008-06-29 18:13 | golf | Comments(7) *
2008年 06月 25日 *
頭髪のことではなく「スコア公開協定」が・・・
e0022439_174561.jpg

こんな情けないスコアも開陳しなくてはならないなんて、恥ずかしい。

仕事がキャンセルになったので足取りも軽くハワイカイゴルフコースへ。
今日はアウトスタート、風はあるが一昨日ほど強くない。

6番までパープレイ、竿より短いバーディを2本外しイラつきながらも
「パーでええねん、パーを狙うんやで」
と自分に言い聞かせながら次へ。

この7番は230~280ヤードくらいまでのフェアウェイが狭く、左はOBで右には池がある。
しかも意地悪くフェアウェイは池に向かって傾斜していて、ランが出過ぎると池に転がり落ちてしまう。

ここは安全策とスプーンを抜いて、狭くなる手前に刻む。
ナイスショット!狙い通りの地点をキープ。
セカンドは池越えではあるが200ヤード、ライも良くややアゲ、ピンは奥

「これはイタダキ!」

とレスキュー3番を抜く。
入念に素振りを入れて「スカーン!」と気持ちよく振りぬいた。


ご想像の通り・・・

左に大きく曲げ、ピンが見えない次ホールの窪みまで打ってしまった。
リカバリーでグリーンを捉えられず、アプローチも寄らず・・・結局トリプルであった。



日本と違って昼食休憩などは無い、ガックリと肩を落としてそのままインへと向かう。

いつもなら売店で、スパムむすびやホットドッグ、チョコバーなどを買ってエネルギー補給をするのだがなぜか閉まっていた。

今日に限って満足に昼飯も食わず家を飛び出たので、腹が減ってしょうがないうえに風まで強くなってきた。

出だしから3パット。
その後もパーオンすれば3パット、グリーンを外せば寄らず入らずのボギー行進。

燃料切れは集中力を低下させる。
なにかで読んだと思い出しながらパットをしたのがいけないのか、まるで入らない。

最後まで投げずに集中するぞ・・・と気合を入れても空回り。
結局、腕にふさわしいボギーペースであった。


うーん



うーーーーーーん






こんな恥ずかしいこと、何度も発表したくないっス。
[PR]

by darda95_215 | 2008-06-25 18:19 | golf | Comments(3) *
2008年 06月 24日 *
懐かしの「ゴキブリスープラ」
e0022439_14451566.jpg

娘婿のクルマである。


他に意味は無い w
[PR]

by darda95_215 | 2008-06-24 14:49 | car | Comments(14) *
2008年 06月 23日 *
また一人でハワイカイゴルフコース。

「なんでオマエはいつも独りなんだ?」と受付のおっちゃんに言われる。
「I don't have friend and boy friend. 」と答えたらウケていた。
e0022439_14143092.jpg

組み合わせとなったローカルゴルファー。
3人とも見ての通りマッチョな体格で良く飛ばす。

真ん中の男は私と同じドライバーでXシャフトだったので、打たせてもらった。
使えないことも無いがラウンドで使うとなると、振り切ろうとして力んでしまいミスを連発しそうだった。

私にはSシャフトで充分なようだ。

PINGのアイアンには慣れてきた、以前に比べて長い番手の納まりが良い。
カーボンシャフトだと軽いのでテイクバックが早くなり手打ちになりやすかったが、スチールシャフトだと重さを感じながらゆっくり上げられるのが良いようだ。

アウトからのスタートだったが、今日は風が強く苦しんだ末44を叩いた。
ここの風は海風なのだが常に同じ強さでなく、ときおり突風の混じる難しい風である。
バックナインは風がやや収まり途中まで好スコアだったが、残り3ホールで3ボギーとしてしまい39だった。
e0022439_142934100.jpg

情報公開協定?に基づき恥ずかしながら披露しておく。

握っていたなら30台を出しても「全部負け」なパターンで、我ながら情けない。

精神力の弱さとスコアメイクの下手さを反省しながら、いつもの帰り道・・・
e0022439_1428538.jpg

ここを通る度、素晴らしい景色だと思う。
[PR]

by darda95_215 | 2008-06-23 14:33 | golf | Comments(5) *
2008年 06月 21日 *
最近アイアンのシャフトはスチールに限ると思いはじめた。
使い慣れたホンマをNS950にリシャフトしたのは失敗だったが、PINGがTrueTemperに作らせているZ-Z65という軽量シャフトが思いのほか良かった。
e0022439_22355571.jpg

やはりTrueTemperを試すべきだとDynamicGold SLに7番だけリシャフトしてもらいテスト。
スペックは次のように変わった
総重量  393   424
バランス D1.5  D2.9
振動数  309   330
e0022439_22432888.jpg

まず単独で数十球打ってみた。
カーボンシャフトに比べ格段にしっかりしている、重くなった分球に加わる力が増えたせいか飛距離は変わらないように思えた。
このシャフトはなかなか良い、PINGのZ-Z65より元調子のようだがアイアンヘッドが低重心なせいか上がりやすいが吹け上がらずドローンと飛んでゆく。
e0022439_22484095.jpg

薄くダフってしまってもNS950に感じたブルブルという不快な振動は無く、ダフリに負けずヘッドを前に押し出していける感触で、飛距離の落ちが少ないようだ。
e0022439_22514366.jpg

PING S59に持ち替えて数十球打ってみる。

なんということだろう・・・

他人の空似なPINGとホンマの差はますます埋まってしまった。

ほとんど同じバランスでほんの少しホンマのほうが飛ぶ。
本当の芯はS59のほうが狭いのだがミスになっても距離の落ちや方向のブレが少ない。
芯が広く感じるホンマだがミスしたときの距離の落ちや方向のブレは大きい。

どちらを選ぶか、ますます悩んでしまうことになった。
仕上げの美しい使い慣れたホンマで華麗にいくか、機能本位でそっけない外観のピンで剛健にいくか・・・

ロングアイアンの球が強いのはPINGである、ホンマを全部リシャフトして徹底的に打ち比べてみたくなった。
[PR]

by darda95_215 | 2008-06-21 23:02 | golf | Comments(0) *
2008年 06月 20日 *
カレーを食うアレではない。
e0022439_18365014.jpg

私にとってスプーンはドライバー以上に難しい。

ティーアップせずさまざまなライから距離を稼ぎたいのだから、状況によってはギャンブルでしかない選択である。
少しでも確率を高めようと、色々試すことになってしまった。

R7TPのT/S13*
e0022439_18442264.jpg

シャフトはドライバーと同じREAXで10g重い75TP
e0022439_18443521.jpg

実のところ、ミート率はV-Steelの方が良い。
なぜR7を選択しようとしているかというと、全体重量が重いので手で上げてしまう事が少なく、曲がり幅の大きい左へのミスが比較的少ないからだ。

ソリッドな手応えの打感も気に入った要因である。

ミート率は練習で上げられるかも知れないので、一生懸命打ち込んでいる最中だ。
スプーンが上手く打てるようになってくると他のクラブまで良くなってくるのは不思議だ。

ロングの2オンの気持ちよさはゴルフの醍醐味のひとつだ、頑張って練習しよう。
[PR]

by darda95_215 | 2008-06-20 18:52 | golf | Comments(5) *
2008年 06月 17日 *
麦藁帽子がイチバンとアドバイスをもらったのでゲット。
e0022439_1892953.jpg

孫には大きいが、私の頭には少々小さかったかも・・・
[PR]

by darda95_215 | 2008-06-17 18:11 | golf | Comments(2) *
2008年 06月 15日 *
買ったばかりのS59をしょって元気良くハワイカイゴルフコースをラウンド。

結果は目も当てられない悲惨さで、前半48を叩いた時点でスコアをつけるのは放棄した。

リキみすぎなのかタイミングがとれずダフリ、トップ、チーピン、スライス・・・
まるでミスショットのデパート状態である。

これではイケナイと、ラウンド後レンジで8/9/Wだけを打ち込んだ。
e0022439_1654848.jpg

打点のバラツキが酷い、これではナイスショットなど望むべくも無い。

今までカーボンシャフトで楽をしすぎて、手打ちになっていたようだ。
後半になってボディターンを意識して打ち始めるとだんだん良くなってきた。

長いあいだ忘れていた感覚でヘッドが走りはじめた、しっかりと球を潰して打つ感覚も蘇ってきた。

この感覚は心地良い。

貧乏な私には安価なスチールシャフトが似合うのだろう。
e0022439_16124848.jpg

調子に乗ってスチールのレスキューミッドも買ってみた。
[PR]

by darda95_215 | 2008-06-15 16:26 | golf | Comments(2) *
2008年 06月 13日 *
昨日届いたばかりのPING S59。
e0022439_1546303.jpg

辛抱たまらず・・・
e0022439_15431243.jpg

ハワイカイゴルフコース、地主のトラ猫様にご挨拶してから初ラウンド。
e0022439_15441327.jpg

やはりアイアンを換えたからと言って劇的にスコアが向上するはずもなく・・・
e0022439_15472542.jpg

もっと練習して、自分のモノにしないといけないようだ。
e0022439_15505922.jpg

41/43という結果だけみるとそう悪くも無いが、ダボを5つも叩いてしまったことを反省しながら家路についた。

明日から猛練習に励むか、元のホンマに戻すか・・・
はたまたホンマをダイナミックゴールドSLあたりにリシャフトするか・・・

「下手の道具調べ」を地で行くかのような悩みは続く・・・
[PR]

by darda95_215 | 2008-06-13 16:01 | golf | Comments(2) *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon