愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
*

*
2007年 11月 25日 *
市原ひかりのCD2枚、Micthieさんのおかげで入手できた。
島流しにあった私を忘れずに気にかけてもらって感謝に堪えない。
e0022439_1044068.jpg

ライブを観た人の感想だと「こんな小さな子が!?」と驚くほどだそうだが、私は生を観たことが無い。

黒いアルバムに大好きな曲「I remember Clifford」が入っているのだがなんとなく違和感を感じ、LeeMorganが吹く同じ曲を聴いてみた。

なるほど・・・甘いのだ。
元々ロマンティックな曲調だがそれだけでは聴き足りない、もっと哀愁が必要だ。



などと意地悪く思いながらもう一度彼女の曲を聴く。


どうもジャケット写真と直筆文字の可愛らしさにホダされたのか
「おセンチな感じが女の子らしくて、コレもええやないか」などとオヤヂはコロっと納得してしまう。
サイドメンが甘く仕立ててしまった感じも否めないので文句をつけるのはやめよう。

Micthieさん、ありがとうございました。
[PR]

2007年 11月 24日 *
なんとも「アレ」な名前のクラブがMixiを媒体として活躍中である。

飛行機の出発時間を12時間ほど間違え時間をもてあます。
折り悪く平日の昼間、素人さんやカタギの衆には遊んでもらえない。

思いついて電話するとしっかり遊んでくれたのは「管理人ひろっさん」
湯水のように銭を突っ込んだHXを見せびらかされて・・・
e0022439_19252786.jpg

「特別相談役」ローラ姐さんのお店へ・・・
e0022439_19274989.jpg

名物ローラ焼きをしっかり食って・・・
e0022439_19284756.jpg

不良たちの巣くう悪のアジトへ案内され・・・
e0022439_19301849.jpg

その後、奈良まで拉致られてお茶を飲んだ。

ひろっさんコースターに乗ってグルグル回っているうちに時間は過ぎた。
ありがたいことに、全国に遊んでくれる仲間が居る。


もう一度天神橋へ行き映画を観呆けてから再び関空へ。

今度は無事飛行機に乗れてハワイに戻った。


やっぱり日本は良い。
次の帰国はダレに遊んでもらおうか今から考えている。
[PR]

by darda95_215 | 2007-11-24 19:39 | bike | Comments(4) *
2007年 11月 24日 *
今回の帰国目的を果たすべく「ダークサイド」へと堕ちてみた。
e0022439_10583554.jpg

何度も訪れたビルの未だ知らぬ奥深くに「それ」は隠されていた。
e0022439_1122435.jpg

簡潔だが完成されている。
e0022439_1133594.jpg

贅沢に聴き比べる。
e0022439_118141.jpg

楽しい、こんなに違うなんて。
至高の検聴方法、人間ドライバーも経験できた。

私が同じシステムを手に入れたなら、「聴き呆ける」だろう。
しかも「画」を観ながら「観呆ける」こともできる、本当に羨ましかった。



そしてアンプを換えてから初めてご本尊に対面。
e0022439_111604.jpg

凄まじいエネルギーの洗礼を受ける。
奔流に身をさらす快感に変わり無いが、その温度は違う。
足がすくみ、恐怖を覚えるほどに空気が動揺し始めた頃私は気づいた。



風車に立ち向かう騎士。

焦燥する感性は暴走を始めたのか。

演奏家たちの魂が津波となって押し寄せ、私は彼方へと流された。

それでも孤高の男は屹立し続ける。



e0022439_11353561.jpg




やはりこの部屋は特別だ。
また訪ねよう。

そして夜中の2時だというのに「ごんた邸」を襲撃。
行くほうも行くほうだが迎えるほうもどうかしている。
e0022439_19299.jpg

4430専用ボードというレア品を入手されたのでマルチにして聴き比べる。
e0022439_194786.jpg

忙しくて休むヒマも無いのに実験していただいて恐縮である。
e0022439_1962991.jpg

ヨ様も助手として大活躍、大阪人は底抜けにサービス精神旺盛だ。
e0022439_19111526.jpg

隠れ家にも潜入してパラゴン、4350も聴く。

前から感じているのだがごんたさんと私は聴きたい音が似ているようだ、この部屋がなぜか落ち着くのはそのせいだと思う。

そして慌ただしく仕事に戻っていく・・・

驚くほどタフで優しい男「ごんた大明神」に休みは無い。
いつかゆっくりとハワイに遊びに来て欲しいと心から思う。
[PR]

2007年 11月 23日 *
オーディオへの情熱が全く失せてしまっているのだが、帰国するとなるとやはりなんとなく気になって、何軒かのマニア宅を訪問してしまった。
e0022439_23494375.jpg

「ITO55000」さん。
試行錯誤中、目下はパワーアンプがテーマのようだ。
比較試聴に飽きたら、気に入ったのを残してプリの選定へと進むのだろう。
システムの要であるスピーカーは名器の誉れ高いエベレストである、変な音になりようもないので安心して観ていられる。



そして噂には聞いていたが初対面となる「教授」さん。
e0022439_014567.jpg

ものすごい高額機器をインシュレーターやケーブルなどにコダワリ抜いて使いこなしている。
四国ではなかなか聴く事ができない機器だけに、音そのもののクォリティーは群を抜いていた。
衝撃的だったのは「音楽性」や「趣味性」などという言葉に代表される曖昧な要素を真っ向から否定しているかのような音造りだ。

これはこれで個人の趣味なのだからアリである、オーディオの極北を目指すかのようなその潔さに驚いたともいえよう。

四国にもまだまだ大物がゴロゴロ居る事を知らされた。

夜は楽しく忘年会。

翌日、先ずはは「キハチ」さん。
e0022439_0132945.jpg

昨日に続いて「これでもか!」と言わんばかりの高額機器。
e0022439_0143263.jpg

狭い部屋なのに、悍馬を制御して聴かせるテクニックに驚いた。
ほのかに薫るハイエンドな趣きも「アリ」で投資にみあうだけの満足が得られているのではないかと推察した。

連日の隠れた大物に驚く。



外せない大物、四国お宝拝聴団 団長「yukiny」さん宅。
e0022439_0214159.jpg

スピーカーをJBLからATCに換えてから、初の訪問となった。

もうアガったも同然。


聴いて聴いて聴き倒して煮詰めるだけのようだ。

一時は「みんなの玩具」と囃したてられるほど悩みぬき、無責任な外野の声に舞い踊っていたのが嘘のような落ち着きぶりである。
あいかわらず好きに弄らせてくれるので、勝手な戯言を垂れ流しながら遊んだ。
e0022439_0255599.jpg

しかしもう迷いは無いようだ、祝着である。
[PR]

2007年 11月 22日 *
日本に帰っていた。
e0022439_13365787.jpg

e0022439_13372146.jpg

e0022439_13374828.jpg

まんまアメリカっぽいがこれは日本で撮った写真。
e0022439_13385684.jpg

e0022439_13411033.jpg

e0022439_13403434.jpg

ハーレーのミーティングなのだが、景色は日本そのもの。
e0022439_13445437.jpg

e0022439_13491693.jpg

日本に残した愛機「RG500Γ」で参加、この日のために仲間が整備して乗れるようにしていてくれた、感謝せずにいられない。
[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon