愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
カテゴリ:audio( 494 )
*

*
2013年 08月 11日 *
ずっと気になっていたことを実験してみた。
e0022439_861464.jpg

我が家ではShureV15TypeIII、OrtofonVMS30MkII、GEバリレラのカートリッジを使っている。

カートリッジごとに音が「多少」違うのはあたりまえなのだが歪っぽさが気になっていた。
e0022439_88598.jpg

おそらくは盤の程度がよくないので歪っぽく聴こえるのだろうと諦めていた。

iPhoneでダウンロードした音源で聴いてみる。
e0022439_8102865.jpg



同じようなところで歪っぽさを感じるがずっとスッキリしている。

盤以外ににも問題があるのだろう。

面白いのはiPhoneでの再生が最もGEバリレラでの音に近い。
V15やVMSよりも太く強い音質である。

やるなぁアップル。



e0022439_814494.jpg

「そんなことよりオレ様もう寝てんだから静かにしてや」


すんませんでした。
[PR]

2013年 07月 27日 *
e0022439_532827.jpg

アメリカに住んでアメリカのオークションサイトで日本の荒井さんのレコードを買ったら上海から荷物が届いた。
e0022439_53519.jpg

モノさえ良ければそれでいいのだが開封してみるとエアパッキンに包まれてはいたがレコードがジャケットにしまわれてなかった。
オークション用の写真撮影時に出してそのまま梱包したのだろう。
e0022439_565687.jpg

細かいことを気にしても始まらない、洗って聴いてみる。
e0022439_574319.jpg

4thプレスだかなんだか知らないがやっぱり音は違う。

だからアナログは衰退したのだろう。

スタジオでミュージシャンたちが聴いたマスターテープの音が最高で、消費者の手元に届くのは程度の差はあれどすべて劣化したコピーという「原理主義」

e0022439_511571.jpg

3枚のレコードから同じ曲を聴いてそれぞれ違う。

デジタル時代では考えられない現象かもしれない。


でっかく「ALFA」と書かれたブツと比べてみたいものだ。
[PR]

2013年 06月 26日 *
e0022439_20225577.jpg
e0022439_20201699.jpg
e0022439_20193034.jpg
e0022439_20185460.jpg
e0022439_20182276.jpg
e0022439_20173561.jpg
e0022439_20163523.jpg

[PR]

2013年 05月 09日 *
リビングに「蠅」が入っていて鬱陶しかった。

部屋の電気を全て消し、一つだけ点けたスタンドの空域に殺虫スプレーで煙幕をはる。

光に引き寄せられた蝿は汚染区域を飛行してしまいあえなく絶命した。

しかし今宵の蝿は誇り高き魔王「ベルゼばぶ」の生まれ変わりだった。

死を察した大いなる蝿の王は最後のチカラを振り絞り・・・
e0022439_19503846.jpg

今宵も私を慰めてくれるはずだったJACKDANIEL'Sのグラスを死地と定め、蝿の誇りと呪いを見せつけ死んだ。

彼の胸中は彼にしか判らないが、今宵「憎き敵」のグラスに飛び込み美姫の甘い蜜を台無しにする事で一矢報いた。

彼の戦術には計算があった。

酔っぱらってしまっていたら命を懸けた不潔な亡骸は指で取り除かれ何事も無かったように「憎き敵である私」の喉を歓喜で満ち溢れさせるに違いない。

まだ理性を保っている一杯目に突入したのは美姫の甘い蜜を捨てると確信していたのだ。

敵ながら天晴れ、今宵の宴に冷水を浴びせかけるに足る突入であった。

閑話休題


プリアンプCounterpointSA3000だが
e0022439_2031340.jpg

なにやら危険な色のLEDが光っている。

赤は良くない知らせの色と決まっている。
e0022439_20132296.jpg

LEDの近くには「HI-VORTAGE」などと恐ろしい文字が書いてある。
HIはいけないハイはいけないハエはいけない蝿はいけない。

どうやら蝿の魔王の呪いに侵されたようだ。

「LED502 NO LOAD」刻み込まれた呪文は他にも呪いがかけられた証だ。
その呪文を挟み込むよう刻まれたD514、D513は簡単には魔力を解けなくする為の護魔の文字だ。

今治の神官の血を引くため神通力を手に入れている某氏に窮状をフェイスブックで知らせる。

忙しいにもかかわらず呪いを解くための検証方法を指示してもらう。

先ずはバイアス電流を下げる。

先日ラインの球をSIEMENSE288CCから同じくSIEMENSE88CC775と表記された球を使ってみた。

そのとき左右の音質差の大きさについアテもなくバイアス電流をコントロールする半固定抵抗のネジをやみくもに回してしまったのだ。

ふとずっと以前に読んだ某氏のブログを思い出した。


もしかしたら規格違いのe88CCなのではないか?

4,5番ピンに導通がありどちらかのピンと9番ピンに導通がなければ規格されている6DJ8系らしい。
我が家のSIEMENS e88CCはどうやら規格球のようなので危険な色のLEDが灯る原因は他にありそうだ。

考えても仕方ないので整流管も含め全ての球を交換してみた。

危険な色のLEDは灯り続ける。

さっさとあきらめて退場させサブのSA-3改を引っ張り出す。
ついでの比較にYAMAHA MVS-1も参加させた。
e0022439_22444156.jpg

SA3000ほどの繊細さはないが勢いで押し切ってしまうSA-3もまた楽しい。
全ての球を3本セットで買ったSIEMENSe88cc6922で揃えたので規格の違いはないはずだ。

太く力はあるが繊細さにやや不満が残る、だが同時に試したMVS-1の生気のない音に比べればだんぜんマシである。

チャンデバの後にこのMVS-1を入れボリウムコントロールをさせるつもりで購入したが結線し目論見を現にすることはなかった。
出来心で買ってしまったJack in BoxのLLサイズコカコーラを飲みきれずしばらく置いてあったみたいに氷が解け炭酸も抜けてしまったような音だからだ。
e0022439_23222474.jpg

なにはともあれSA-3がリリーフする事で音楽は聴ける。

SA-3000は某氏のアドバイスを待とう。



蝿の一念恐るべし。


時節柄、蝿を日本人、中国人、韓国人、北朝鮮人にそれぞれ置き換えてもちゃんと意味の通じる文章になっています。
[PR]

2013年 04月 09日 *
足取りの重い2235を最低域に使い、その上には張りとパンチがある2226を使っていた。
e0022439_15495231.jpg

大音量で聴けている頃はそれで満足していたのだが小音量ではその変則的な使い方のせいか違和感を感じていた。

2226の使い方にはいろいろと制約がある。
不快な音が出ないようレベルや帯域に気を使う必要があるのだ。

女性ボーカルで顕著なのだがギャザードエッジから出ているであろう音が聴こえてしまう。

4343を使っていた頃、ロールエッジの150-4Cと2231を換装した時と同じ不満である。

小音量かつスピーカーに近接して聴取する現在の環境では加水分解してしまう運命を持つが、ウレタンエッジのほうが静かである。

ハードバップなどでもどかしさを感じる2235だが女性ボーカルで見せる優しい音は2231にも通じる美点である。

女性ボーカルでは2226と2235の受け持ち帯域を逆にして使っていた。

今回思いきってエッジを張り替えて2235をダブルで使うことにした。
e0022439_15563762.jpg

結果は労力を使ってシステム変更する度に感じてしまう愚かさではあるが良くなったように聴こえる。

設定を追い込んでいくのには日数がかかるがなんとか鳴らせそうだ。
e0022439_16103796.jpg

HALさんにNY土産として貰った「TomHarrell/NumberFive」
e0022439_16155991.jpg

勉強不足の私は知らないジャズメンであったが素晴らしい演奏だ。

ジャズジャイアンツのエッセンスをたっぷりと含みながらも現代の演奏であることを伝える秀作だ。
作曲も担うバンドリーダーのイメージをしっかりと演じきるサイドメンもかなりの出来である。

緊張感を失わず深く深く心に沁みるアルバムだ、機会があればぜひ聴いて欲しい。
私の雑な文章では伝えきれない精神性を持っているように感じた。

ここ何年かで聴いたアルバムの中で最も印象に残るアルバムであった。

何度も何度も呆けたように聴き惚れては調整を繰り返す。

HALさんのお蔭で快調を取り戻したエレナが

「まだまだイケる」

と訴えているようで嬉しくてたまらない。
[PR]

2013年 04月 07日 *
HALさんがNY経由で遊びに来てくれた。

耳の鋭いHALさんに誤魔化しは効かない。

「かなり前からなんですがドライバー帯域が歪んでいます、ギャップ掃除も兼ねてダイアフラムの交換もしようと思ってすでに購入してあるんですが・・・」

と言い訳をする。

「ずっとやっていないという事はこれからもやらないと言う事でしょ、今やりましょうよ。」

と言ってくれた。

大変申し訳ない気持ちもあったが、独りでやるのは結構面倒な作業なので「渡りに舟」

「よろしくお願いします!」

と返事したのは言うまでもない。

e0022439_7432644.jpg


愛しのエレナちゃん自慢のウッドホーンはMDFの筐体にキャップボルトと鬼目ナットで固定されている。

馬鹿な私は電動ドライバーで押し付けながら弛めていた。
鬼目ナットがボードから外れてしまい空回りしてホーンを外せない。

実は今まで作業していて同じ目に何度もあっている。

こうなるとウーハーを外し内部に手を入れて鬼目をペンチで掴みボルトを外す必要がある。

鬼目が板に食いついている力は弱い、それを電動ドライバーで突きながら回したら脱落するのはあたりまえ。
アレンキーでそっと弛めていかないとこういう面倒な事態に陥ると非常に基本的な指摘をHALさんから受けた。

基本がなってない素人の悲しさである、まさに「自明の理」そして「目から鱗」であった。

摘出に成功した2441とウッドホーン、JBLユニットを搭載できるように友人に造ってもらった鉄板のアダプターが重い。
対面するのは前回ダイアフラムを飛ばしてしまって以来である。
e0022439_86294.jpg

某社のマイラーエッジダイアフラムを試したが音が気に入らず2445から拝借したチタンダイアフラムを使っている。
e0022439_8153100.jpg

アルミダイアフラムを試したいと思い購入した社外品だが、届いてみたらチタン製だった。
返品も面倒なのでそのまま放置されていたのだが、ピン位置が違うことが判明、装着には加工が必要だ。

面倒なのでさっさと諦めて純正2445ダイアフラムを使うことにした。

爪が折れて再使用に耐えない鬼目ナットを購入すべく近所のホームセンターに買いに走っている間にHALさんがギャップ掃除を終わらせてくれていた。

結構なゴミが取れていた、残念ながらその作業をこの目で見る事ができなかった。

今後の参考になった作業であったのだが、見逃したのは無念。

e0022439_8284748.jpg

新しい鬼目をボンドを併用して固定する。

この固定方法も今までハンマーで打ち込んでいたがそれは間違いで、写真のようにボルトで締めてじっくり食い込ませてやる方が良いと教えてもらう。

いつでも役立つノウハウの塊のようなHALさんである。
e0022439_834224.jpg

速やかに作業を続けてくれている、手伝うのが本筋だが邪魔になりそうなので写真を撮った。

2226を外したままであるが音を出してみる。

嗚呼・・・

もっと早くやれば良かった、見違えるように清々しく喜び謳うエレナの声に深く反省する。

本当にありがたいことであった。


真面目そうだが洒落も理解できるHALさん。
e0022439_841157.jpg

ジャックダニエル砲を所定の位置に構えて音を聴く遊びもやってくれた。

孤島に住む私にとって定期的に訪れる天使のような存在である。


さて、残りの作業に精を出すことにしよう。
[PR]

2013年 04月 01日 *
家族が全て出払った隙をうかがい。
e0022439_65418.jpg

股間にジャックダニエル1.75リットルの空き瓶を挟んでみる。

なんだか「スゴイヤツ」になった気がするがそれが目的ではない。

手で蓋をしたりしなかったりを比べながら聴く。

日曜の朝からいったいナニをやっているのか理解できないお友達も多く居るだろうが、こんなくだらない事をする男だとご理解していただければ嬉しい。

蓋をしたりしなかったりで音に必ず同じ変化が起こる。

ヘルムホルツの理論など知らないがこの変化は面白い。

この空き瓶を目に入る色々なところに置いてみる。
e0022439_772464.jpg

視覚効果のせいだろうが空き瓶を置いた場所に音が引っ張られていくという現象も起きる。

ならば10本並べてみたらどうだろう。
e0022439_77487.jpg

1本の時と同じ方向により強く変化する。

やはり特定の周波数に同じような変化が現れるが、不思議なのは高域にも変化が起こることだ。

ガラスによって出来た空洞に、その共鳴音が乗っているのではないか。
目で見た効果のせいかも知れない。

空き瓶を次々に移動させては聴く、まさに暇人の行為である。

はるか昔同じようなことをやって途中で飽きて放り出した頃から成長していない。
閉塞作戦

なんとなく収まりがいい気がしてスピーカー内側の足元に5本置いてみたところで飽きてきた。
e0022439_719222.jpg

しばらく聴いていて違和感を感じるようになってきたのでチャンネルディバイダーを弄りはじめた。
レベルとクロス周波数だけを変えながらざっくりと変化の方向を確認しながら心地よい音を探す。

やはりデジタルチャンデバはほとんど無限とでも言うべき変化を音に与える事が出来る。





ふと気づいた。


本末転倒・・・

空き瓶を片付ければ元に戻るだけではないか。




そこに娘から帰宅すると連絡があった。

悪童どもに空き瓶を玩具にされては危険なので撤去した。
[PR]

2013年 03月 23日 *
トレイの開閉ができなくなったSA-14、もう要らないというのでもらった。
e0022439_11184256.jpg

分解してみると開閉できなかったのはクランパーゴムが劣化し張り付いてしまっていたのが原因だった。
アルコールで掃除して動作確認すると音が出た。
e0022439_1120535.jpg

手持ちのディスクでSACDは百恵ちゃんしかない、聴いてみると思わず

「おっ」

と声が出てしまうほど音が違う。

鮮明でニュアンスが豊か、音場も広く見渡しがいい。
音の感触は硬く陶磁器を思わせるツヤがある。

現用機と比べ圧倒的な情報量で分解能力も高い。

CDではどうだろう。
e0022439_124917.jpg

NorahJones/Furst sessionsの5曲目。
今まで埋もれて判り辛かったのだが、コーラスが寄り添うようにささやくパートがある。
本人によるダブレコなのか他人のコーラスなのか判断できなかったが、あきらかにノラの声だと判別できるのだから凄い。

e0022439_11263122.jpg

現用のYAMAHA+CounterpointDACはくすんだ音に感じるし描写の質が全く違う。
全ての音が太い、音像も大きくその輪郭には滲みを感じる感触はやや温もりを感じるアナログ的な音だ。

元来デジタル系の変化に鈍感なのだが、進歩の激しいデジタル機器では製造年代の新しさもあいまってSA-14はいかにもハイエンドっぽく高級機らしい音だ。

「なかなかいい拾い物をした」

と笑いが止まらない。



3日ほど入念に聴き比べをしているうちあることに気づく。

普通はSA-14のような音を良い音と感じるだろう。

大枚を払って購入した機材ならなおさらではないだろうか・・・

幸運にも「ロハ」で入手したのでそのバイアスが効いてない。

アナログ系との違和感の無さでは古色蒼然としたCounterpointが勝る。
ボーカルの声に集中して聴き入る事ができるのも美点である。

我が家ではCDは酒のツマミでしかない事が多い。

レコードとの音質にこうまで違いが出てしまうと肩が凝る気がしてきた。

艦隊に正式採用されるかどうか微妙な雰囲気になってきた。

もう少し楽しんで結論を待とう。





「じいちゃん、ボクもう眠たいわ。どうでもいいけど静かにしてくれる?ボクの耳にはたいして変わらんよ・・・」
e0022439_11311296.jpg

孫3号がそう言っているようだ。
[PR]

2013年 02月 11日 *
e0022439_20114144.jpg


紅の豚の挿入歌だとしても違和感のない曲。


全方位にアンテナ張ってるってことか?


お!?

調べたらこっちが1988年、豚が1992年発表。

なるほど。

加藤登紀子も偉大な歌手だったんだ。

インスパイアは世代を超えるのか?
[PR]

2013年 02月 03日 *
いつもは殆んどどうでもイイようなコメントを書き散らかしてゆく人なのだが・・・

タマに核心を突いたコメントをするから侮れない。


Commented by OT at 2013-02-01 21:52 x
発表当時はそうでもないのに10年20年経って聞くとドキッとする時があります。
自分の心境にぴったり合う時があって全く評価していなかった歌が突然名曲になったり。
他のアーチストでは殆ど無い事で何故中島みゆきだけそういう現象が起こるのか不思議です。

ここ数日CD時代の中島みゆきを聴いていて思ったことに迫ってくる。

e0022439_18135854.jpg


このアルバムの1曲目「この空を飛べたら」

聴いていて人間の声というのは加齢による衰えを免れないものだということ。

e0022439_18184100.jpg


あきらかにこちらの「この空を飛べたら」のほうが期せずして醸し出された「色気」がある。

ホルモンバランスが良好な時期「旬」が持つ薫りと言い換えてもいいだろう。

しかし彼女の執念は衰えた声を知ってなおかつ努力をおしまず表現力を向上させている。
今の自分の精一杯をマイクに送り込んでいるように聴こえるのだ。

ビリーホリデイなどとも比肩できる執念ではないだろうか。


「この空を飛べたら」の後に「地上の星」が入っている。

レコード時代の彼女にはできなかった力強い表現がされているように聴こえる。


残念なことに受け手である私がその力強さに感銘しながらも辟易してワンコーラスだけでお腹いっぱいになる。

しかし、時間を遡って中島みゆきを聴いていて感応するものがあることに気づく。
それは彼女の歌唱表現が向上している為に他ならない。

地声そのものは旬を過ぎてもボーカリストとしての進化を続けることを止めていない。

OTさんが言う不思議な現象というのは彼女のその時の「精一杯」を受け止めてかつ心象風景が自分にあるから感応するタイミングにあったことだと思う。


ここのところ1週間かけて思い至ったことの核心を突かれたかもしれない。


e0022439_18313311.jpg


その1週間でアイフォンの音にあわせてチャンデバを弄り倒し納得できる音になったのでセーブした。

チャンデバを使ったマルチは入力機器に合わせて自在に音を造れるから便利だ。

ずっと不思議に思っているのだがアナログカートリッジはそれぞれ音が違う。
ベストな出口のセッティングというものは入り口の音に合わせて造るほうが合理的ではないだろうか。

逆説としてカートリッジもCDプレーヤーも「全て同じセッティング」往ける機器の選択もあるだろうが、限りある身では全てを試すのは不可能だ。



世のオーディオマニアには高額な最新機器を買い換えては「音が良くなった」と言われる御仁も多い。

私に言わせればそれは最新のフェラーリを買って公道だけを走って自慢する行為にしか見えない。

確かに買える人にとって最新のフェラーリは魅力があるだろう。
貧乏な自分の立場で少しでも良い音を造ろうとすれば自然としてマルチアンプで往く他無かったのだが、今はその恩恵を受ける事ができている。

アンプを自作ができる人ならなおさらだろう、素子ひとつで好みの音を探れるのだから。

眺めていてマルチ派や自作派に超高額機器を買う人が少ないのはそんな自得のせいかもしれない。



御託を言うだけ言っているが今の聴き方。
e0022439_18424621.jpg

こんな風にスピーカーにパターを立てかけたままで聴いている。
厳しい人から見れば言語道断、オーディオマニア失格である。


細かいことを言う資格は私には無いことを自覚している。

e0022439_18435881.jpg


なにせ真剣に聴いている所をこんな暴漢たちに襲撃される身だ。


幸せな爺さんコンテストがあれば世界ランクに違いない。
[PR]

ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon