愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
絶倫の音(ドーピング済み)
2006年 08月 24日 *
SHUKSさんの隠れ家にお邪魔した。
HPではちょっとコアなオーディオマニアのふりをしているが、真性の超ド変態級マニアである w

先ずはハーツフィールド、見るのも聴くのも2度目でしかないが憧れの名器である。
e0022439_7424691.jpg

先ず姿が美しい。
e0022439_845992.jpg

その大きさといい、端正なカタチといいバランスのとれた均衡の美しさがある。
e0022439_749416.jpg

謙遜しているのかこんなもんじゃないよ・・・と言いたいのか「たいしたことはしていない」と言うがSHUKSさんの腕によって音もすばらしい、使いこなしにずいぶん神経を使っているようだ。
e0022439_8454383.jpg

vinvan先生のお宅のWestrexは無理としても、いずれはへそくりしたうえで嫁を上手く誤魔化し買いたいスピーカーの最右翼だ。


e0022439_821257.jpg

こちらはまた違った趣で聴かせる現代的なシステム、驚くほど精緻な音である。
自分が同じ部屋で鳴らすと違ったシステムでも似通った音になる。
部屋の音が大きく作用していて、よく雑誌などで複数セットを置いた部屋で「どの音にも○○さんのポリシーを感じる」なんて書いているのは大きくは部屋の影響、次は単なる好みでしかないと感じていた。
しかしここではハーツフィールドとの鳴らし分けが見事でスキルの高さを感じた。
自分が同じように鳴らす自信が無いだけに「コノオッサンタダモノデハナイ・・・」と素直に思った。


場所を移動してランサーを聴く。
e0022439_82848.jpg

溶接機やオイルヒーターと見紛うようなアンプで鳴らしている。
e0022439_8301647.jpg

前段も鬼のようなハイエンドっぷりだが対象は古色蒼然としたランサーである。

カンカンとロードのかかりきらない高域にぼんやりした低域でバランスの難しいSPだと思っていたがここではハナシが違う。

バキバキと高解像度(アヤシげな言葉だと私も思う w)凄まじい勢いのバスドラ、吹き上がるサックスは豪快。
ドライバーは火を噴き、ウーハーは炸裂しかねないようなギリギリの緊張感・・・
「古い皮袋に新しい酒」オーディオマニアなら一度は夢見るような実験であるが、実行してしまえる人は少ないだろう。
ここでも細やかに神経を張り詰めセッティングした痕跡と執念を感じた。

毒気に当てられ呆然と聴き竦んでしまった。
e0022439_8394721.jpg

同行したオジサマ達も怪しげなオーラに包まれているようだ w

いやはやお江戸は怖い、こんな凄いオッサンがゴロゴロ居るハズも無いが確かに居る・・・
[PR]

by darda95_215 | 2006-08-24 08:47 | audio | Comments(3) *
Commented by hide。 at 2006-08-24 18:26 x
ドラさん、お祓いしたほうがいいんじゃないの?(汗)
Commented by どら。 at 2006-08-24 21:50 x
これは、だーださんについています(笑
Commented by darda95_215 at 2006-08-25 03:34
むさくるしいALLにちゅいてまちゅ♪
<< naru邸訪問 ページトップ 靖国神社参拝 >>
The Original Skin by Sun&Moon