愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
松山調査
2006年 04月 24日 *
竹島海域の調査不履行にはがっかりした、またしても主権を放棄したかのような外交である。
一瞬でもこの国の外交に期待した自分が情けない。
「粛々と必要な調査を行う」と言った鼻の大きな次期首相候補とやらの発言に騙された。
私は百年の計を要する国益(領土問題)は多少の返り血を浴びても守らねばならないし、守れないと思う。
自らの保身や一族の出世栄達が優先するような「世襲制議員や外交官」にそれを期待するほうが無駄というものか・・・

「おい!鼻デカ!オマエ首相になって靖国行かんかったらシヴァクぞ!」とゴマメが吼えてもせんない国になっているらしい。

腹が立つので「松山のオーディオマニア調査」に出かけた w
先ず「愛媛お宝拝聴団技術顧問」であるKatyanさんのお宅である。
e0022439_23251458.jpg

システム構成などはKatyanさんのブログに任せるとして、ウーハーのエンクロージャーを後面開放にしたことで、良好な結果を得たとあったので、その「蛮勇」の成果を聴かせてもらいに行ったのだ。

後面開放は成功だったようで、低域から超高域までクセの無い音に仕上がっている。
何回か聴かせてもらっているが、間違いなく過去最高である。
もちろん数々の音響対策や微調整を続けてこられた成果が出ているのだろう。
e0022439_2333055.jpg

Katyanさんのお宅はとにかく入力機器が豊富だ、PCに取りこんで再生する方式などもあわせると一体何種類のデバイスをお使いなのだろう?ざっと見渡しただけでも6~7系統ありそうだ。
e0022439_23351166.jpg

先ずPCに取り込んだ楽曲を聴かせてもらい不満の無い音に聴こえた。
その後CD、SACDと聴かせてもらい、順に音の鮮度が上がっていくようにも感じた。
e0022439_23383967.jpg

感銘を受けたのは「非接触式ターンテーブル」で聴かせてもらったレコードの音だった。
以前聴かせてもらった時はそう感じなかったのだが、フォノイコをROTEL製に換えられたようで鮮度や立体感など、同じソースで比べた訳ではないので不確かな感想でしかないのが残念であるが、CDやSACDを超えているのではないかとさえ思った。

なかなか不思議な方式で私のような者には理解できないが、非接触である限り物理的に音溝を引っかいて音を拾い出すアナログ方式の原始的であるが故のアドバンテージが生きず、CDのような音になってしまうのではないか?と思うのだがコトはそう単純なものでも無さそうである。
e0022439_2352111.jpg

もっと驚いたのはBSデジタル放送を取り込んだ女性ボーカルを聴かせてもらった時だ。
声の質感が他の入力機器に比べ格段に「生々しい」
絵に誤魔化されてそう聴こえるのかと疑い、目を瞑って聴いてみても間違いなくリアルだ。
ソースがボーカルを前面に押し立てたアコースティックな楽曲だったせいかも知れないが、このリアルさが「カタチの無い電波で飛んできたモノ」から得られるのは不思議でならない。

興味深いKatyanさんワールドを堪能した後、合流されたMitchieさんと「Katyanさんの従兄弟さん宅」へと向かう。
Katyanさん宅が東島なら、従兄弟さん宅は西島だ。(まだ言うか w)
実態は図々しく便乗させてもらっただけなのだが、個人宅で鳴らしているJBL4348を聴ける機会など滅多に無いので強行突入した。
e0022439_15531469.jpg

瀟洒なマンションにお洒落なご夫妻が住んでらっしゃる、絵に描いたように勝ち組みなご主人は私と同い年だそうだ。
「何故4348にしたんですか?」と訊ねたところ「20年以上前からJBLに憧れてました、4343が欲しかったんですけどね・・・」と負け組みな私とほぼ同じ動機でJBLを選択されたようだった。

私がオーディオ再開にあたって4343を入手したのは「安くなっていたから」という要素も多分にあったのだが、勝ち組みはそこで4348を購入してしまえるようだ・・・
e0022439_1554175.jpg

9.1ch?と伺ったが後ろのスピーカーもJBLで統一してあり、非常に好感を持った(JBLということだけで良いのだ!w)
e0022439_15571838.jpg

入力はセンターchに隠れてよく見えないが、SONYの実力機と聞くTA-DA9100ESというデジタルアンプだ。
導入してまだ一ヶ月というのに、非常に嫌味無くまとまった端正な音が出ているのに感心してしまった。
重い御影石?を1人で運び込み4348の下に敷きつめたり、アンビエントスピーカーの取り付けなどご自身の手で行ったそうだ。
そんな部分にマニアの執念を感じるが、それにしてもこんなに短期間でサラリと鳴ってしまうものなのだろうか・・・
このアンプは実に多機能らしくキャリブレーション機能とやらを使えば、簡単に定在波の影響を減じることができるらしい。
詳しくはKatyanさんのブログをどうぞ w
健康的なオーディオ・ファンとは?
e0022439_1558126.jpg

私がZingaliを導入して10ヶ月弱経っていながら、未だ完成した音を構築できないでいるのに比べ、最新鋭機を導入し「技術の進歩」を享受し「アっと言う間に」ほぼ完成形の音を構築されているのには驚かされた。

オーディオって一体なんなのだろう・・・私はどうも自分の立ち位置が間違ってるのかも知れないと考えさせられた。
21世紀に生きるオーディオマニアとしては失格のようだ、しかし従兄弟さんの部屋にマックスローチが等身大で降臨することは有り得ないような気もする。

蟹は自分の殻の大きさに合った穴を掘るとか・・・私は私に似合いの穴を掘る他ないようだ。
[PR]

by darda95_215 | 2006-04-24 01:27 | audio | Comments(4) *
Commented at 2006-04-24 12:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katyan4 at 2006-04-24 14:20
昨日はお疲れ様でした。お腹の調子は如何ですか?
Commented by darda95_215 at 2006-04-24 16:04
>>恥ずかしがり屋さん w
どっちでも、お待ちしています。ただ朝、家を出るトキ電話ください寝てるから w
>>Katyanさん
昨日アレから寿司食ったのもイケなかったのか、朝まで苦しみました w
Commented by ゴウド at 2006-04-28 19:58 x
アナログのレーザー再生  魅力的ですね。
注目しています。
<< 放出! ページトップ ショボイJBL >>
The Original Skin by Sun&Moon