愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
やっぱ糞耳・・・
2006年 04月 12日 *
なんだか納得がいかないので、手持ちのパワーアンプを総動員して聴き比べてみた。
スピーカーはJBL4301、セッティングはいい加減 w
e0022439_2132679.jpg

CounterpointSA12
ふっくらした低域に伸びやかで自然な感触の高域は、元から好きな音だけになんの文句も無い。
e0022439_2174366.jpg

JBL SA640
ガッシリとした低域、高域はSA12よりも伸びて聴こえる。
芯を感じるシンバルやリムショットは「JBLっぽい」このアンプは暖まるとイキイキとした音に変化するようだ。
e0022439_2110538.jpg

AmcronPS-400
このくらいの大きさになるとスケール感が違ってくるのだろうか?低域の雰囲気が変わった。
後ろのZingaliが鳴っているのではないか?と思わせるほどの深い低域だ。
同じAmcronのDC-300IIも使っていた、同時比較した訳ではないが高域の感触にやや柔らかさがありボーカルに艶を感じる。
ボリュームを上げていくと喧しい感じがしないのに、どんどん凄味が増し切れ味も良くなる。
4301がぶっ飛びそうなのが心配だったがJAZZを堪能してしてしまった、私はどんなスピーカーを使っても「もうコレ以上は壊れそう・・・」みたいなギリギリな状態で垣間見える、限界の向こう側を聴いてみたい性分なのだ。
必然、大音量になるわけで糞耳化はどんどん進行するのだろう w
e0022439_21185912.jpg

CounterpointNP220(1)
マイケルエリオットからアップグレード基盤を購入し国内で組み込んだものである。
SA20と同じハイブリッド構成だが、初段6DJ8後段MOS-FETから、初段6SN7後段バイポーラに変更されていて、音質に大きく関与するコンデンサーは「NAOK式絹巻き」に変更されている。
整流管はMurrard、増幅管はSTCである、色彩感の豊かさと繊細さで選んだ結果だ。
一番気に入っているアンプなので音が悪かったらどうしようかと、ドキドキしたが最も好ましい音が出て安心した w
このアンプにして各音像の高さの違いが判るようになるし、奥行きも感じられるようになった。
e0022439_2125494.jpg

CounterpointNP220(2)
こちらは2年ほど前にアップグレードした、普段は2226Hを担当させている。
低域のキレや張り出しを求め、整流管はRCA、増幅管はElectro Harmonixを挿してある。
狙いが正しかった事が証明されたかのようなキレと張り出しでパリっと鳴る。
繊細さはもうひとつ、音の感触に少し硬さも感じるが(1)と比べるとそう感じるだけで他の石アンプよりも肌触りは優しい。
e0022439_21412245.jpg

GAS Grandson
他に比べ小さなアンプなのであまり期待はしていなかったが、予想以上の大健闘でありクォリティに遜色ないばかりでなく音像は太く、音場は独特の表現がある。
小さくとも4301程度のスピーカーならじゅうぶん振り回せるようだった。
なによりも魅力的なのは音色に躍動感と暖かみがあり楽しい事だろう、これがエリオット流とはまた違ったボンジョルノ流であろうか、一度2445Jを鳴らした時も感じたが低域をAmpzillaにして統一感を出して聴いてみたいと思わせる良さがある。

各アンプでけっこうな違いを感じられた事は確かだが、音に対する影響度の大きさは「部屋>プリ>CDP>パワー>ケーブル」の順でないかと感じた。
アナログプレイヤーの場合セッティングや構成が複雑にからみあって音への影響度が違いすぎるので順列はつけ難い気がする。

どれもアメリカ製のアンプだったので大きな違いを感じなかったのかも知れない、ここにアキュやラックスがあればずいぶん違うのだろうか?
なおざりには出来ないが、気に入ったスピーカーとプリがあればパワーアンプはそこそこの物でも良いのかも知れない。

しかし相手が2235Hなんかになると、全く違う結果になってしまうので、アンプ遊びも面白いがキリが無いようだ。 w
[PR]

by darda95_215 | 2006-04-12 22:01 | audio | Comments(3) *
Commented by ゴウド at 2006-04-14 20:45 x
すいません、チョット話題がそれますが、写真をみますと
ベルデンのスピーカーケーブルをご使用のようですが、
いかがですか???
Commented by darda95_215 at 2006-04-14 22:00
元々サブ用に長く必要だったので30mほど買ったものの余りです。
音はスズ鍍金らしい中域の通りの良い明快な音です。
まぁ、なんてこたない普通の線ですな w
Commented by ゴウド at 2006-04-15 11:42 x
すいませんねぇ~、本題からはずれてしまって・・・
私も一時使っていましたが、可もなく不可もなくって感じでしたね。
でも、値段を考えたらいいと思いますよ。
出水でも一時使っていましたが、今はどうかなぁ???
<< えむじぇえ ページトップ 不思議 >>
The Original Skin by Sun&Moon