愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
CDPの帰還
2005年 07月 27日 *
NAOKさんに預けてあったCDPが帰ってきた。
このCDPはAH!のTjoeb4000とかいうモノで、Marantzの普及機を改造したものだ。
見た目は普及機そのもので実にショボイ w
オリジナルのDACに真空管バッファーという構成だが、オプションのアップサンプリングボードを組んである。
球は6DJ8とその互換球で、プリやパワーで試して遊んで貯まった球を使えるようなので購入したものだ。

怪しげななりたちのCDPではあるが、音は案外まっとうで私の好みだ。

インレットが装備されてないので電源ケーブルを交換して遊ぶには具合が悪い。
接点が増えるのは承知の上でインレットを装備してもらった。
インレットから本体の給電部までは、NAOKさん伝家の宝刀「絹巻き銀線」である。
e0022439_19191160.jpg

早速SIEMENS188CCを使い、電源ケーブルはSynergistic ResearchのACmasterを刺して聴いてみた。
正直言って現用のYAMAHA CDR-HD1000+THETA DSProprimeとの差が少なく聴こえてしまった・・・
告白すれば、いつもこうなのだ・・・私の耳はCDPやDACの違いを感知しにくい耳のようだ。

もちろん違うのは判るのだが、10分も聴いたら忘れてしまうくらいの違いにしか聴こえないのだ。
アナログでカートリッジを交換して遊んでいるときはそんなことないのだが・・・
何日か聴いた後でも「あ、ここらへんは○○のほうが良かった」なんて前の音と比べられるし、音楽そのものの表情まで違うようにさえ感じられる。
私の耳は「デジタル不感症」な耳なのかもしれない、CDPやDACの違いを敏感に感じられる耳をお持ちの人がうらやましい。


しかたないのでプリのSA-3000に同梱してもらったWestern396Aを挿して遊んでみる。
e0022439_19193256.jpg

これはちゃんと違いが判る! w
やはりこの球は私の好みだ、詳しいインプレッションはWaldstimmeさんのブログを参照していただきたい、私などよりも語彙が豊富でずっと参考になると思う。
http://d.hatena.ne.jp/Waldstimme/20050726

音像がシッカリして、音色自体の色彩感も強い、SA3.1に比べSA3000は繊細でより自然な肌合いが好ましかったのだが、396Aを入れると繊細なまま迫力も得られるようだ。

着々とメインの部屋もデキあがりつつある、楽しみになってきた。
音が出ない今がひょっとしたらイチバン幸せなのかも・・・
出始めたら悩むことが多すぎるから w
[PR]

by darda95_215 | 2005-07-27 19:31 | audio | Comments(2) *
Commented by naok at 2005-07-29 18:32 x
届きましたが 見るのが恐ろしい。
Commented by darda95_215 at 2005-07-29 20:55
たいしたことなくて良かった w
<< 396A続報 ページトップ NAOK式トランス >>
The Original Skin by Sun&Moon