愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
青砂
2006年 04月 02日 *
大阪で「オトコだったらこのくらいヤラな!」と元気をもらい帰宅した。
さっそく先日某氏の御協力で入手した通称「ブルースーナー」と呼ばれる同軸線をフォノ>プリ間に使ってみた。
(大阪のド迫力に比べいきなりハナシが卑小に感じるが・・・w)
ずっと以前にディスクショーワから入手した電源ケーブルと同じ線のように見える。
e0022439_2218413.jpg

編み線をマイナス側に使うと良くない・・・などという情報も得ていたがとりあえず普通に造ってみた。
最近気に入っているスイッチクラフトのプラグを使った。
貧相なプラグだが、見た目どおり変なクセやかざりっけの無い音がするように感じる。

出てきた音は電源に使った時とよく似たイメージなのが面白い。
図太く迫力のある低域は良いが、中高域の抜けがイマイチ物足りない。
50Ωという高インピーダンスなケーブルなので、フォノに使うのが間違いなのかも知れない・・・
ライブっぽさを感じさせる背景の音が、ゴッソリ抜け落ちたようなそんな感じである。
もう少し使ってみないとなんとも言えないが、少々期待ハズレであった。

微小だがハムノイズに悩まされていた事もあり、ARISAさんに造ってもらったインピーダンスマッチングトランスだけをプリ>チャンデバ間に挟んで使っていたが、抜けの良いNoemannW444Bに戻す。
e0022439_22535571.jpg

やはり力感といい音像の濃さといい、マッチングトランスだけでは得られない音が出る。
ハムノイズさえ気にしなければ・・・と思いながら聴きこんでいるとトランスだけの時には感じなかった歪みっぽさを感じた。

なんだぁ?究明のためARISAさんに電話してお知恵拝借してみた。
いくつかサジェスチョン貰ったので明日試してみようと思う。

しかしアクティブフェーダー、あればあったで悩み事も多いのだが、こんな効果を得られる物が他に無いだけに悩ましい。
使いこなしてみせるぞ!と決意も新たにした(ホンマか? w)
[PR]

by darda95_215 | 2006-04-02 22:57 | audio | Comments(0) *
<< シカーゴ! ページトップ 大阪名物 >>
The Original Skin by Sun&Moon