愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
大空襲
2006年 03月 08日 *
名古屋の「ARISA作戦本部長」立案作成の大空爆が我が家に行われた。
e0022439_2123068.jpg

その内容はアクティブフェーダー2種、変換トランス1種である。

先ずJBLの変換トランスを使ってみた。
e0022439_2131266.jpg

音は全く普通に出ている w
我が家で気になっていたのはプリがアンバラ出力なのにチャンデバがバランス受けのせいか、音が薄く感じる事だった。
入力が足りないせいでビット落ちしていたのではないかと思う(詳しいことは判らない、オームと言われても物真似する鳥くらいしか思い浮かばないのだ w)
そこでこの変換トランスをプリ>チャンデバ間に挟んだのだが、Counterpointらしい音でありながら、挟む前よりずっと色濃く実在感のある音が出はじめた。
肌触りも滑らかでこのチャンデバを使い始めてから気になっていた「薄さ」や「トゲトゲしさ」は解消された。
帯域が狭くなったとか、曇りが出るとかの悪影響は一切感じない。

さっきまで使っていたANTのW691アクティブフェーダーに比べると、色付けは少ないが脇役に徹しながらキチンと仕事をこなしてるようだ。
あえて言うならNAエンジンをファインチューンしたような、そんな気持ち良さである。

しかし「天神橋のダークサイド城」でアクティブフェーダーのターボを効かせたような威力を聴いてしまったカラダには物足りなくもある。
アレを聴いてなかったら、このトランスを挟むだけで満足したかも知れない。

さて、そのアレ「NoemannW444STA」から聴いてみる。
e0022439_2116023.jpg

音が出た瞬間顔がニヤケてしまった、コレだコレ!こういう感じが欲しかったのだ。
うねりながら跳ねるベース、スッ飛んで来るようなドラム、輝きながら突き刺さるトランペット、そしてピアノは打楽器であって欲しい・・・
そう思いながら、ナニをやっても我が家では出てこなかった音が出始めた。
力強く実体感のある音、音に質量などないはずだが重さを感じられるような音である。
音場はやや狭くなったが奥行きを感じるし、各音像の立ち方がシッカリしているのが嬉しい。

次は同じNoemannW444B(モノラル)である。
天神橋のヨハネス卿が使っているものと型番は同じだが、出力トランスが無いバージョンらしい。
e0022439_21424742.jpg

これもイイ!
さっきのSTAに比べ若干力強さは後退するが、音場は広く音像のエッジもクッキリしている。
高域の伸びやかさや、女性ボーカルの爽やかさが好ましい。

こういう「挟みモノ」はピュアオーディオ的に邪道だと思っていたが、いったんその威力を知ると挟まずにはいられない w

それにしてもこのW444のSTAとB どちらにするか迷うところである。
力強いJAZZっぽさや音の濃さは444STAのほうが上だが、444BにはCounterpointらしい肌触りのよさを保ちながらグっと惹きつけられるような魅力を感じる。

ARISAさんのお宅で聴かせてもらった時、開放的でありながら魅力ある音色に貢献しているのは「ノンシールドヴィンテージ線材」の存在も見逃せないのでは?と思い始め早速試してみた。
Westernの24AWGという触れ込みの頼りなくも安っぽい線をHotに使い、Coldには何年くらい前のものか失念したがこれまた古い16AWGエナメル絹巻き線を使った。
e0022439_2224156.jpg

最初はただ2本繋いだだけ、次はBeldenの線材をもう1本追加しKimber風に三つ編みにしてみた。
どちらもなかなかイイのだが最後に2本に戻し、硬く縒ってみた。
ボーカルがポっと浮かぶように聴こえ始めこのカタチが今のところ気に入っている。
今まで胡散臭いと思っていたヴィンテージ線だが、なかなかどうして捨てたものではない。
情報量は若干減るようで、近代的なスピーカーには合わないかも知れないが、音色の良さとある程度整理された音を具体的に出してくれるように感じる。

しかしこの見た目のショボさはどうだ・・・右端のJPSのSupercondacterIIと比べると情けないほどだ w
しかし・・・ちょっとハマってしまいそうな予感が・・・危ない危ない w

それにしても色々なお宅で各人各様のアプローチをしているのを見たり聴いたりすると非常に勉強になる。
ヨハネスさんARISAさん、すげぇ戦果でした「ありがとー!」
[PR]

by darda95_215 | 2006-03-08 22:10 | audio | Comments(7) *
Commented by ARISA4550 at 2006-03-09 00:18
>「ありがとー!」
いえいえ。
444Bを2本(キレイなの)を私んチに残して、送りたかった。。
予選落ちした444Bをコッチへ送ってねー♪
Commented by KJ at 2006-03-09 02:12 x
入力トランスだったのか! 
大きさを比較する為の乾電池だったのね。

ノイマン、いいっしょ?
444BはAと違いノブがアルマイトのようなダイキャストね。
良い感じ。
LANCER44もそうだったけど、
不吉な番号44シリーズは何故か皆音が良いよね。
ぼ@隊長は44才位の年増のオバハンが良いらしい。(爆)
Commented by darda95_215 at 2006-03-09 06:31
ARISAさん
大感謝です、444B要るんだったらそう言ってくれれば良かったのに。
明日送りますね(ムダに宅急便儲けさせてしまった w)

かまじぃさん
今宵も寂しい中年男が2人オーディオルームに閉じこもってヨカラヌ事してたようで・・・
ノブはアルミにブルーのクリア塗装したようなヤツです。
444イイっすね、Aを持ってるのになんで使わないの?よこせ! w
Commented by Kin-ya at 2006-03-09 08:35 x
> 音に質量などないはずだが重さを感じられるような音である。
おおっ、私の大好きな音だ!
19日、楽しみです。

tanbajinさんとこのFX-3、だーださんの汁、出てましたよ(^^;。
Commented by darda95_215 at 2006-03-09 11:58
kin-yaさん
今イチバン聴いてもらいたい人がkin-yaさんだったりする w
汁出てました?爆音&起伏を表現できるアンプじゃないと出ないハズなんですが(悪
Commented by ARISA4550 at 2006-03-09 13:09
わーい、やたー♪
ムダに宅配走らせると地球に優しくないから、STAが来てから一緒でエエっすよ♪
Commented by darda95_215 at 2006-03-09 21:23
ARISAさん
らじゃ♪
<< 測定と聴感の差 ページトップ 電源 >>
The Original Skin by Sun&Moon