愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
夜間爆撃敢行
2006年 02月 27日 *
tanbajinさんのブログに記事が上がっている。
キターー!

第215だーだ特務部隊は、昨日深夜出撃し夜間爆撃を敢行した。
戦果は上々、目標(tanbajinさんの耳)の破壊に成功したようだ w

などと言うと意味不明だが、tanbajinさんのところへかつての愛機FX-3を送り届けてきた。
コイツは中学、高校生時代1000Mを使っていた頃、常に目の上のタンコブであり、年を経て入手し長年のコンプレックスを解消してくれたスピーカーであった。

同時代のYAMAHAにはさらに上級機のFX-1というJBL4333に似た構成のスピーカーもあったが、ホーンスピーカーを買うならJBLと決めていたのでさして気にならなかった w
e0022439_932283.jpg

このFX-3は電解コンデンサーや鉄芯入りのネットワークを、定数は同じまま高域にはAudiocap、低域にはSOLEN、コイルは空芯コイルへと交換してある。
内部配線は2mmの6N単銅線を使い収縮チューブを利用しジルコンサンドを封入した、端子は大型ののWBTにしてある。

イコライザーや金網を削除し、ツィーター、スコーカーの周りにはバックスキンをドーナツ型に切り抜き貼り付けてある、ウーハーのエッジはセーム革に張り替えてもらった。

ここまで書くと「ソコまでして音は良くなったのか?」と疑問を持たれる人もいると思うが、私の耳には良くなったように感じた。
変化を良くなったと思い込みたいくらい苦労したと言う事だ w

ただ最近聴きなおしてみて、内部配線については失敗だったかとも思っている。
力強く押し出しの良い感じにはなったが、ベリリウムの持つ繊細さや高域の伸びはやや抑制されてしまっているかも知れない。
体は丈夫だが色気のない四国の田舎娘みたいなものであろうか w

コストも考えながら、ややケバいブロンド娘がお好きならKimberの4TCか8TC、細やかで押し付けがましさのない、控えめでも気の利く日本娘(もうそんな大和撫子は絶滅してるようだが・・・)がお好きならモガミの3104あたりに交換したほうがシアワセになれるかも知れない。
なんにしろ、あとはtanbajinさんにお任せしよう(泥沼に突き落とす意図たっぷりです w)
[PR]

by darda95_215 | 2006-02-27 08:16 | audio | Comments(3) *
Commented by ゴウド at 2006-02-27 12:31 x
こ、これは・・・
どこかでばらしてあるのをみたことがあるなぁ~。
気のせいか(爆)
Commented by tanbajin at 2006-02-28 00:34
どうも、ありがとうございました。
ホント、夜中に申し訳ありませんでした。
女と食事してました。やっていたわけでわありません(爆)。

>体は丈夫だが色気のない四国の田舎娘みたいなものであろうか 
四国娘、好きですよ。
弄るのは、もっともっと先ですね。
つーか、+デジタルアンプでアガリの予感がひしひし。
Commented by darda95_215 at 2006-02-28 02:23
気に入ってもらえて良かったです。
Tactでアガっちゃうんでしょうか・・・なるほどアリかも知れませんね。
<< Heilドライバー ページトップ DD5500 >>
The Original Skin by Sun&Moon