愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
怒涛の5連発オフその1「ダークサイド城」
2005年 12月 05日 *
いってまいりました。
「大阪共和国」日本でありながら独自の文化を持つ異国情緒溢れまくる街、私自身も昭和の終わりまで青春を過ごした思い出深い街でもある。

天神橋に到着してヨハネスさんに電話すると、軽やかにチャリで登場。
ヨハネスさんといえば、オーディオ装置ではなくビルのワンフロアー丸ごとに超巨大な「オーディオ設備」を持つお方で2度目の訪問である。

前回はタッチアンドゴー、滞在時間15分という短さであったが、今回は長時間お邪魔できるよう予定しての訪問である。

一生の不覚、カメラを忘れ残念ながら写真ナシである、と思ったら携帯で撮った写真が出てきた
e0022439_443134.jpg

前回訪問したときはウーハーがバックロードであったが今回はフロントロードに変更されている。
壮観なのは通称「マンハッタンタワー」80cmウーハー4発という禍々しさ溢れるダークサイド城のシンボル的存在である。

さっそく音を聴かせて貰う。
仰々しいその姿とは裏腹に自制の効いた常識的?バランスで鳴っているように感じた。

個人的には前回聴かせて貰った4520(だったっけ?)バックロードホーンに魅力とヨハネスさんらしさ?があったようにも思う。
コンサートホールでしか聴けない「回り込んで持続するような雄大な低音」は4520時代のほうが素敵だったし、大きなエアボリュームを持つヨハネス城でしか再現できないだろう。

4520のさらに下を受け持たせる最低域専用巨大ホーンを造り、ALLホーンで聴かせる「ヨハネス唯我独尊システム」なんか期待してしまう。

最近入手したDSC260を持ち込ませてもらい、ダークサイド城で実地研修を行わせてもらった。
スッタモンダしながら「いぢくりまわして」いるうちにだいたいの使い方が判ってきた、自分だけではとうていそこまで行かなかったはずである、ヨハネスさんのご指導あってこそで、ありがたかった感謝申し上げたい。

感心したのはヨハネスさんが中座している隙を狙い、勝手に低、中、高域のクロスオーバー周波数やレベルを変更したのだが、戻ってくるなり「おかーしい!」とリスポジにどっかと座り、「ハイとミッドのクロス下げ」とか「ウーハーのレベル下げ」とか指揮者よろしく指示し、DSC260を入れる前のバランスに近い音を「あっというま」に再構築してしてしまったのには感銘を受けた。
自分のスタイル、好みを確固として持っているということであろう、さすがである。

その後はソースを「みー様」(白状すると、私が中高時代を通して最も聴いた中島みゆき)に固定してノイマンフェーダーの威力をはじめ色々と実験してもらい、非常に有意義かつ「泥沼にいらっしゃい的」な時間を過ごせた w

私は関西勢とノリやリズムがあうのか、構えずともツーとカーみたいな会話が成立しちゃうところがあり本当に楽しい。
(関東勢はあわないってワケではない、念のため)
またお邪魔しますのでよろしくです!

怒涛の5連発オフのトップ報告であった、次回は「ごんた邸」乞うご期待。
[PR]

by darda95_215 | 2005-12-05 09:55 | audio | Comments(5) *
Commented by katyan4 at 2005-12-05 15:32
ヨハネス邸は見かけとは違い、常識的な音ではないかと想像していましたが、やはりそうでしたか。
怒濤の5連発、お疲れ様でした。続きを楽しみにしてます。
Commented by naok at 2005-12-05 23:36 x
だーださん
新居浜も雪積もったから 戻ってくるのは 3月くらいかな?
Commented by darda95_215 at 2005-12-06 00:23
katyanさん
常識的なバランスですが・・・非常識なスケールで鳴っています、クラシックを再生する目的においてはひとつのケースモデルとして一聴の価値があると思います。
あのエアボリュームがあってこその音でもあり、ダレにでも真似できる音じゃないだけに参考にできるかどうかは別ですが・・・w

NAOKさん
え!?雪降ったんですか?こっちは雷雨だったりしましたが半袖短パンビーチサンダルで過ごしています w
Commented by OT at 2005-12-07 12:32 x
>半袖短パンビーチサンダルで過ごしています w

???この寒いのに?
Commented by どら。 at 2005-12-07 21:48 x
雪降っても、半袖短パン・サイクリングサンダルで御座います(笑
<< 怒涛の5連発オフその2「策士ごんた」 ページトップ JBL DSC260 >>
The Original Skin by Sun&Moon