愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
ベルゼばぶの呪い
2013年 05月 09日 *
リビングに「蠅」が入っていて鬱陶しかった。

部屋の電気を全て消し、一つだけ点けたスタンドの空域に殺虫スプレーで煙幕をはる。

光に引き寄せられた蝿は汚染区域を飛行してしまいあえなく絶命した。

しかし今宵の蝿は誇り高き魔王「ベルゼばぶ」の生まれ変わりだった。

死を察した大いなる蝿の王は最後のチカラを振り絞り・・・
e0022439_19503846.jpg

今宵も私を慰めてくれるはずだったJACKDANIEL'Sのグラスを死地と定め、蝿の誇りと呪いを見せつけ死んだ。

彼の胸中は彼にしか判らないが、今宵「憎き敵」のグラスに飛び込み美姫の甘い蜜を台無しにする事で一矢報いた。

彼の戦術には計算があった。

酔っぱらってしまっていたら命を懸けた不潔な亡骸は指で取り除かれ何事も無かったように「憎き敵である私」の喉を歓喜で満ち溢れさせるに違いない。

まだ理性を保っている一杯目に突入したのは美姫の甘い蜜を捨てると確信していたのだ。

敵ながら天晴れ、今宵の宴に冷水を浴びせかけるに足る突入であった。

閑話休題


プリアンプCounterpointSA3000だが
e0022439_2031340.jpg

なにやら危険な色のLEDが光っている。

赤は良くない知らせの色と決まっている。
e0022439_20132296.jpg

LEDの近くには「HI-VORTAGE」などと恐ろしい文字が書いてある。
HIはいけないハイはいけないハエはいけない蝿はいけない。

どうやら蝿の魔王の呪いに侵されたようだ。

「LED502 NO LOAD」刻み込まれた呪文は他にも呪いがかけられた証だ。
その呪文を挟み込むよう刻まれたD514、D513は簡単には魔力を解けなくする為の護魔の文字だ。

今治の神官の血を引くため神通力を手に入れている某氏に窮状をフェイスブックで知らせる。

忙しいにもかかわらず呪いを解くための検証方法を指示してもらう。

先ずはバイアス電流を下げる。

先日ラインの球をSIEMENSE288CCから同じくSIEMENSE88CC775と表記された球を使ってみた。

そのとき左右の音質差の大きさについアテもなくバイアス電流をコントロールする半固定抵抗のネジをやみくもに回してしまったのだ。

ふとずっと以前に読んだ某氏のブログを思い出した。


もしかしたら規格違いのe88CCなのではないか?

4,5番ピンに導通がありどちらかのピンと9番ピンに導通がなければ規格されている6DJ8系らしい。
我が家のSIEMENS e88CCはどうやら規格球のようなので危険な色のLEDが灯る原因は他にありそうだ。

考えても仕方ないので整流管も含め全ての球を交換してみた。

危険な色のLEDは灯り続ける。

さっさとあきらめて退場させサブのSA-3改を引っ張り出す。
ついでの比較にYAMAHA MVS-1も参加させた。
e0022439_22444156.jpg

SA3000ほどの繊細さはないが勢いで押し切ってしまうSA-3もまた楽しい。
全ての球を3本セットで買ったSIEMENSe88cc6922で揃えたので規格の違いはないはずだ。

太く力はあるが繊細さにやや不満が残る、だが同時に試したMVS-1の生気のない音に比べればだんぜんマシである。

チャンデバの後にこのMVS-1を入れボリウムコントロールをさせるつもりで購入したが結線し目論見を現にすることはなかった。
出来心で買ってしまったJack in BoxのLLサイズコカコーラを飲みきれずしばらく置いてあったみたいに氷が解け炭酸も抜けてしまったような音だからだ。
e0022439_23222474.jpg

なにはともあれSA-3がリリーフする事で音楽は聴ける。

SA-3000は某氏のアドバイスを待とう。



蝿の一念恐るべし。


時節柄、蝿を日本人、中国人、韓国人、北朝鮮人にそれぞれ置き換えてもちゃんと意味の通じる文章になっています。
[PR]

by darda95_215 | 2013-05-09 23:09 | audio | Comments(2) *
Commented by エセ神父 at 2013-05-10 01:13 x
あごはずれよった。刺し違えたんやなぁ。ハエ
audioのことはちんぷんかんぷんやけど。
ダラすぎじゃ
Commented by flog at 2013-05-11 06:24 x
おひさしぶりです。
爆笑させて頂きました。
あ~、ダーダおもしろい(^^)
<< 壊れる日 ページトップ 撃沈 >>
The Original Skin by Sun&Moon