愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
ウーハー換装
2013年 04月 09日 *
足取りの重い2235を最低域に使い、その上には張りとパンチがある2226を使っていた。
e0022439_15495231.jpg

大音量で聴けている頃はそれで満足していたのだが小音量ではその変則的な使い方のせいか違和感を感じていた。

2226の使い方にはいろいろと制約がある。
不快な音が出ないようレベルや帯域に気を使う必要があるのだ。

女性ボーカルで顕著なのだがギャザードエッジから出ているであろう音が聴こえてしまう。

4343を使っていた頃、ロールエッジの150-4Cと2231を換装した時と同じ不満である。

小音量かつスピーカーに近接して聴取する現在の環境では加水分解してしまう運命を持つが、ウレタンエッジのほうが静かである。

ハードバップなどでもどかしさを感じる2235だが女性ボーカルで見せる優しい音は2231にも通じる美点である。

女性ボーカルでは2226と2235の受け持ち帯域を逆にして使っていた。

今回思いきってエッジを張り替えて2235をダブルで使うことにした。
e0022439_15563762.jpg

結果は労力を使ってシステム変更する度に感じてしまう愚かさではあるが良くなったように聴こえる。

設定を追い込んでいくのには日数がかかるがなんとか鳴らせそうだ。
e0022439_16103796.jpg

HALさんにNY土産として貰った「TomHarrell/NumberFive」
e0022439_16155991.jpg

勉強不足の私は知らないジャズメンであったが素晴らしい演奏だ。

ジャズジャイアンツのエッセンスをたっぷりと含みながらも現代の演奏であることを伝える秀作だ。
作曲も担うバンドリーダーのイメージをしっかりと演じきるサイドメンもかなりの出来である。

緊張感を失わず深く深く心に沁みるアルバムだ、機会があればぜひ聴いて欲しい。
私の雑な文章では伝えきれない精神性を持っているように感じた。

ここ何年かで聴いたアルバムの中で最も印象に残るアルバムであった。

何度も何度も呆けたように聴き惚れては調整を繰り返す。

HALさんのお蔭で快調を取り戻したエレナが

「まだまだイケる」

と訴えているようで嬉しくてたまらない。
[PR]

by darda95_215 | 2013-04-09 16:27 | audio | Comments(4) *
Commented by ナゾ男 at 2013-04-09 17:55 x
dardaさん、頑張ってますね。思い切って2231をダブルはどうですか?アルニコの甘さがいいですよ。オリンパスにも2231を入れた男より。
Commented by darda95_215 at 2013-04-10 03:55
2231は良いですね甘さと切れを兼ね備えていて2235より好きです。
オールアルニコはいつか達成してみたいです。
Commented by slapper1107 at 2013-04-10 15:09
トム・ハレル。僕も大好きなラッパ吹きです・・・自閉症気味なのですが演奏には差し障りなど無く、NYではヴィレッジヴァンガードの常連です。
Commented by darda95_215 at 2013-04-10 17:16
古いレコードばかりで満足してしまっていた自分に悔いています。
素晴らしいバンドを持つリーダーですね。
http://allabout.co.jp/gm/gc/322050/
<< アマゾン ページトップ 定期健診 >>
The Original Skin by Sun&Moon