愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
常用域
2012年 04月 11日 *
妻子は教会、マスターズは最高潮とウキウキと嬉しい日曜の朝。
e0022439_636764.jpg

ビット落ちの恐怖から少し救われた我がシステムで、音を楽しみながらマスターズを見るという最高の贅沢をやる。
e0022439_6371264.jpg

心穏やかに聴けるようになったのはARISAさんのおかげ。
e0022439_6385575.jpg

しかし調子に乗って少し音量を上げると、今度は入力がクリップしてしまう。

知らなかったのだが私のデジチャンDSC260はオーバーシュートさせると極端に音が歪んでしまい聴くに耐えない。
カセットテープに録音していた時代、ヒスノイズを目立たせなくするために少しでも大きく入力しようとするが入れすぎると音が歪んでいたあの頃を思い出した。
e0022439_6451112.jpg

しかたなくクリップさせない範囲で音を消したマスターズを見ながらノンビリ聴く。

我が家でいちばん大きいマグカップである娘愛用のファンシーなものを拝借し、いつもはブラックしか飲まないが今日は砂糖も入れたカフェオレをたっぷりとのむ事にした。

リラックス&リラックス。

だいたい80dBを少し超えたところでクリップしてしまう。

今までだと誰もいない日曜の朝は90dB以上まで上げて聴けていたので少し残念だ。

しかし毎日夜聴いている音量は60dBほどである、その常用域での音質向上をみたのだからこれはあきらめざるを得ないだろう。

このデジタルチャンデバを使い始めた頃から気付いてはいたが、美味しく聴くける音量の範囲はUrei525などのアナログチャンデバに比べて狭いようだ。

新居浜の我が家では常に100dB前後で聴いていた。

「ちょっと音が大きすぎる」

と言うお客さんに

「このくらいで聴かないとダメなんですよ」

と言って音量を下げずにいたのはそれを知っていたからだ。
e0022439_644432.jpg

しかし、あの頃とは違ってノンビリしたオーディオしかできないハワイでの借家暮らし。
曲の終わりを気にしなくてはならないレコードを止めて、ゆったりとCDで聴くのも悪くない。
e0022439_7103414.jpg

止めていたはずの悪い習慣も復活してしまおうというもの。
紙巻タバコと違って持ち歩かないので日に1回ゆったりと燻らせることで済むという言い訳にもパイプは便利。

JBLと同じく心で契約してしまっている我が「PING」の選手が4人も上位で大活躍して喜びもひとしおだった今年のマスターズ。
最後まで勇気を持って「自分を信じて」戦った青年「ババ・ワトソン」の勝利であった。
e0022439_80212.jpg

決着のプレーオフ2ホール目、大きく曲げて林に打ち込んだババのティーショットを見て「パー」で勝てると思ったのだろうか、相手のウースト・ハウゼンは堅く3Wでティーショットするもフェアウェイキープできず、ババより先に打ったセカンドはグリーン手前。

しかしライとピンまでのアングルは悪くない、ウーストは

「よしよし、これでいいんだ」

と思ったはず。

しかしオーガスタの女神は気紛れで悪戯である。

長い歴史のオーガスタでも長く語り継がれるであろうショットが炸裂した。

ライは松の葉が積もった最悪のライ。
元来フェードヒッターの彼が思いきって打ったインテンショナルドロー。
ギャラリーが40ヤードほどもの列を作って織りなす壁の隙間を切り裂いて青年の一打はグリーンに乗った。

最悪の状況、ギブアップしてもおかしくない絶体絶命のピンチから一気に優位となった。

これを見たウーストの3打目は力が入ってしまい、強く鋭角に球を捉え過ぎピンをオーバーしてしまう。
このアプローチを無難に打てばパーは取れると思っていたはずだが相手のスーパーショットで不利になったことを知っている。

下りのダブルブレイクライン、素人の私が見てもまず入らない難しいラインである。

やはり外してしまいボギーとなった。
ゴルフにおける勝負の機微、微妙な精神の綾というものを見た。
私たちゴルファーは自分がプレイする時もTVで観戦する時もこういう高揚感を愛している。

ババは2パットでも優勝できる。

この選手は豪快な300ヤードオーバーのビッグドライブが売りだが、案外気は小さいようで大事な場面での3パットなどよく目にする。

愛すべき田舎者の青年とでも言おうか、嫌いになれない親近感のわく選手だ。

しっかりとバーディで勝とうと思ったか、2パットでよしとしたかは本人のみぞ知るところだが、私の目にはとにかくカップの近くまで行ってくれと願いながら痺れた状態で打ったように感じた。

ボールの行方を不安そうに見守る顔にもそれが感じられる。

なんとかパーを取れそうな距離に寄せる。

もう彼は泣き出しそうな顔だがなんとかパーパットを決め優勝した。

オーガスタの女神は堅く計算したウーストより勇気を持って「振り抜いた」ババに微笑んだ。

その後はもう「号泣」である。

一緒に見ていた娘が

「あんなに泣きよるわ」

と言っていたが泣くに決まっている。

「バカタレ、泣くにきまっとるわ。遼くんだったらワシも泣くわい!」

今年のマスターズは素晴らしい見応えだった。

願わくば来年、日本選手の活躍をもっと見たい。
[PR]

by darda95_215 | 2012-04-11 07:46 | audio | Comments(6) *
Commented by リベロ at 2012-04-11 09:28 x
ここ数年で最高のマスターズだったと思います。
見応えありましたねー。
PINGの関係者は驚喜していたでしょうね。
Commented by gideon at 2012-04-11 09:56 x
オーディオもゴルフも悩み多き道楽ですね。
閣下のお導きで、あっしも悩むばかりです。
Commented by bj44v190e at 2012-04-11 18:42 x
チャンネルデバイダーのあとで音量を調整する仕組みにすれば解決しますが,そうすると大掛かりになってしまいますね.
Commented by darda95_215 at 2012-04-12 18:59
リベロさん
興奮しましたね、いい勝負が繰りひろげられました。
PINGの人気が上がるといいですね。
Commented by darda95_215 at 2012-04-12 19:00
gideonさん
オーディオもゴルフもやめると寂しいのでマイペースで行きます。
Commented by darda95_215 at 2012-04-12 19:01
bj44v190eさん
天神橋の人が使っているようなブツが必要ですね。
お高いし接続ケーブルを作るだけでもめんどくさそうです。
今のところはもうこれで良いかとあきらめています。
<< ortofonAS212修理 ページトップ ビット落ち >>
The Original Skin by Sun&Moon