「ほっ」と。キャンペーン
愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
PS-400 6台目
2012年 02月 23日 *
いつもと違うUPSの配達員が黙ってガレージに放置して行った「ブツ」を開梱した。
e0022439_5125323.jpg

ちゃんとした梱包で嬉しかった。

元々アメリカ人は梱包がぞんざいなうえ、ハワイのワーカーの質の悪さによってe-Bayで本土から「ブツ」を買って届いたら破損していることはよくある。

同じアンプを何度も買うという愚行を繰り返している、通算して「6台目」のCrown PS-400である。

1台目
日本を出るときに売却。
2台目
e-Bayで購入するも破損していて返品。
3台目
無事届くが1年ほどで故障。
修理する業者がオアフになく、本土に送り返して修理してもらうと送料だけで別の固体が買えるので捨てる。
4台目
入手して2年ほどは動作していたがある日突然故障、3台目と同じ理由で捨てる。
5台目
程度のよい個体で今も使用中。
6台目
5台目よりも使用頻度が少なそうな美品だがなぜかフェイスパネルに銀色のスプレー塗料?が飛び散っていて汚く見える。
e0022439_6301998.jpg

駄犬が邪魔だが今回我が艦隊に参加したPS-400である。


書き連ねて自分でもまさに「愚行」としか思えない顛末である。

しかしようやくBassとMidBassに同じアンプを与える事ができた。

JBL075-022>Counterpoint SA-12
JBL2441>Counterpoint SA-20
JBL2265>Crouwn PS-400
JBL2235>Croun PS-400

という布陣となった。

構想としては日本に居たとき以来であるからずいぶん気の長いハナシだが今までMidBassにはCounterPointSA-20があったので先送りになっていた課題であった。

SA-20が不調に陥り、SA-12をBassに代役として充て075は2441を担当するもう1台のSA-20からコンデンサーのみでローカットし使っていた。
獄道の先生がツィーターにSA-12を使っているのを見てようやく重い腰をあげたのである。

私の音の「核」となるのはMikelElliott(昔はMikelElliottと名乗っていたが最近短くなった)の手によるSA-20改(NP-20と呼ぶらしいが面倒なのでSA-20と書く内容は別次元とも言えるグレードアップを果たしている)である。

このSA-20改はマルチアンプなどという面倒な手段を選ばずとも充分な駆動力と表現力を持つ。

Zingali社製内蔵ネットワークを捨てたことにより冗長なシステムとなっているが、アンプを自作できたりネットワークの素子を細かく変更して追い込む腕があればマルチアンプにせずともかなりのレベルでZingaliを鳴らす事ができるのは「115兄さん」のお宅で確認済みなのだが「ツルシ」を使う以外選択肢のない私にとって次善の策として今の構成になっている。

BassとMidBassを同じPS-400で駆動させて低域のスピード感を揃わせることも目的の一つだが、075にSA-12を与えることにも大きな意味がある。

「核」であるSA-20改はMOSに換えてバイポーラを使っているせいかクリアで見通しのよい音場を持っている。
しかしMOSは独特の煙るような粘りの在る高域を持ち、喫煙可能だった頃のライブハウスのようなムードを醸し出す能力があった。

SA-12は何度も故障したが苦労して入手したオリジナルMOSのままなのでその雰囲気を加味できるのではないかと期待したのだ。

この目論見を成功させる事ができるかどうかはまだ未知数だが、なんとか準備にこぎつける事ができた。
e0022439_634766.jpg

簡単に見えてなかなか面倒だったアンプの入れ替えが終わったのは深夜。
音が出るのを確認しただけでまだ手付かずの状態である。

ここからどう追い込むか、楽しみである。
[PR]

by darda95_215 | 2012-02-23 06:35 | audio | Comments(2) *
Commented by bj44v190e at 2012-02-23 13:12 x
銀のスプレーは映画館の銀幕の色ではありませんか?
そこで使われたのかもしれませんね.アルテックのスピーカーでよくある現象です.
Commented by darda95_215 at 2012-02-23 15:05
bj44v190eさん
!!!
映画館ではそんなことやってるんですね、知らなかった。
そういえば子供の頃ステージに上がってスクリーンを触ったら指に銀色が着いてきた記憶があります。
穴だらけにもビックリしましたが銀で着色してたんですね驚きました。
この飛散した塗料ペイントシンナーでは取れませんでした。
自動車用のクレイで取れるのかな?
<< 夏土産 ページトップ 独りの昼下がり >>
The Original Skin by Sun&Moon