愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
コップの中の嵐
2011年 06月 03日 *
e0022439_1027526.jpg

スタバで買ったコンピレーションアルバム。
e0022439_10274037.jpg

なかなかのメンツなので楽しく聴ける。
e0022439_10283754.jpg

飲みながら聴くのにはCDかHDDに録り貯めた曲が安心だ。
e0022439_10294313.jpg

そのまま寝入っても心配ない。


はずだったがふと思いついて作業開始。
e0022439_10303340.jpg

夜更けに3009>SE20>プリ、そしてW444>DSC260の間にずっと使ってきたAudioQuestCorlalをシステムから一掃しBerden8412に置き換えた。

シンプルな響きと付帯音が少なく感じる単線はボリュームを上げて聴くには良いが、深夜小音量で聴くには寂しく感じる。
ひきかえ縒り線、ことにスズ鍍金された昔ながらのBeldenは中高域にアクセントがあり小音量でも楽しめるようだ。
音の輪郭にもシャープペンと2Bの鉛筆くらいの違いがある。

単線と縒り線、どちらを選ぶかは環境や好みによって違うだろうが混ざると良くない気がしていた。
単に気分的な問題かも知れないのでアテにはならない。


翌朝、アームケーブルを交換したついでに外敵から大事なTD124を守るための箱を機能させるためボードの縮小を行った。
e0022439_10481262.jpg


ボードが大きくて完全に箱に収めるには工夫が必要だった。

ボードを縮小しGEとOrtofonのアームを置き換えてやっと箱が閉まるようにできた。
さらに各部のクリアランスを調整してなんとか成功。
e0022439_10482963.jpg

3時間ほどかけたろうか、納まってみるとなんでもなかったように見えるが面倒だった。

ケーブル交換とターンテーブルを箱に納める、ただそれだけの事。

コップの中の嵐。

気にかかっていた事はとりあえず解決、かかった費用は0円であった。


後は先日来進めているアーム3本ごとの専用カーブ設定もしつこく行ってみた。
計測機器も無いのに腐れた耳で弄り回してもなかなか思うようには鳴らない。
[PR]

by darda95_215 | 2011-06-03 11:01 | audio | Comments(4) *
Commented by vinvan at 2011-06-03 14:33 x
そうです。
耳が1番です。
Commented by darda95_215 at 2011-06-05 17:29
vinvanさん
その耳がアテにならないんで困ります。
日替わりどころか曲が変わるだけで印象が変わってしまいます。
Commented by mini4312 at 2011-06-11 15:33 x
3本アームがうまくまとまりましたね。
我が家では2本がせいいっぱいかな。
私も耳に感じるままなんです。
Commented by darda95_215 at 2011-06-11 16:33
mini4312さん
孫という大敵から身を守るにはケースが要ります。
先日も気づいたらパワーアンプのスイッチを1秒間に3回という
2歳児とは思えない速度でON/OFFしてました・・・

耳しかないので耳だけですがなかなか決まりません。
<< 大型ヘッド ページトップ SHURE専用 >>
The Original Skin by Sun&Moon