愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
犯人探し
2010年 10月 09日 *
2441を飛ばした犯人を特定する作業を始めた。
e0022439_20182452.jpg

Aria Club Union JPを主宰するVINさんに親切丁寧に指導いただいて検証をすすめて行く。

結果、プリ、4台のパワーアンプ全て正常に動作していた。

VINさんによるとどこか接触不良があるのではないかとの事だったので、各ケーブルをゴニョゴニョするとプリとNeumannW444とを繋ぐJPS SuperconductorIIが怪しいことに気づく。

プラグを外してよく見るとハンダに亀裂を発見した。
太い単線を使ったケーブルなので、引越しで曲げたり伸ばしたりするうちにこの部分にストレスがかかり折れたのかも知れない。
e0022439_20291364.jpg

機器間にセットする曲げ状態のまま亀裂部分を修正してみた、これが犯人であってくれれば良いのだが・・・

まだ確証は持てないでいるが、こういう接触不良でユニットが飛ぶ可能性があることを不明にして知らなかった。




e0022439_2033638.jpg

NP220の検証ついでに以前から怪しいと感じていた出力管を交換してみた。
先だって入手しておいたTung Solである。

結果は情けない話だが、笑えるほど音が良くなった。

ずっと気になっていた歪み感が減っただけでなく、驚くほど音場の見通しがよくなり4301が鳴っているとは信じがたいほどの音で鳴り始めた。
深夜なので小音量でしかないのにこれほど違うと自分のズボラさを恥じなくてはならないと感じる。
とっくの昔に寿命を迎えていていたのにも拘らず見過ごしていたのだ。
e0022439_20365541.jpg

これまで使っていたBrimar 6SN7GTはNAOKさんの尽力で入手できた球だ。
当時手持ちの球などと聴き比べて、音の透明感や各楽器を色彩感豊かに鳴らし別けられることの能力に惚れ惚れしたものだが、寿命とあっては仕方ない。

2226Hを担当するもう1台のNP220は低域だけなので倹約しお安いSovtekに交換。

先入観のせいだけでなく4301でもはっきり判るほど音が違う。
これだけ聴けば判らないだろうが、Tung Solに比べるとただショッパイだけの音に聴こえてしまう。
寿命を迎えたBrimarと比べても分が悪いほどだ。


球は怖い。
無知はもっと怖い。


有力な友人知人のお陰ででそんな事を少しづつ覚えていく。

これで2441、075のダイアフラムを交換すれば前よりずっと良くなる気がして明るい気分になってきた。



それにしても、オーディオは深い闇を手探りで進むようなものだと感じることがある。


怖い、怖い・・・
[PR]

by darda95_215 | 2010-10-09 21:00 | audio | Comments(4) *
Commented by bmwk_rs at 2010-10-10 04:27
> こういう接触不良でユニットが飛ぶ可能性がある

言われてみればその通りで納得するも、言われなかったら気が付かなかったです。
怖い、怖い
Commented at 2010-10-12 17:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 音爺 at 2010-10-13 12:52 x
私も自作RCAコードのアースの接触不良で、30年近く使ったオーラトーンを焼損しました。
煙と火花を吹き出すユニットの悲鳴が、可哀想でした。(;>_<;)
Commented by darda95_215 at 2010-10-15 20:44
音爺さん
そんなに激しく!?
接触不良って怖いですね・・・
<< 洒落モノ ページトップ スーパーサブ >>
The Original Skin by Sun&Moon