愛機Zingali95-215をもじって「人狩り」です、怖いブログではありません。
by darda95_215
プロフィールを見る
画像一覧
Top
開梱、配線、発音
2010年 02月 15日 *
越してきてようやく音出しに漕ぎつけた。
e0022439_1974320.jpg

やりたく無かったがスペースの制約からチープなワイヤーラックを挟むセッティングになってしまった。
レコードを孫達の手から守り、かつ使いやすいようにするには妥協するしかないだろう。
e0022439_19155431.jpg

ソリッドウッドにカービングを施したビンテージな古い本棚をCraigslistで見つけ、売主にメールしたがもう売れてしまったのか返事すら来ない。

いつまでも段ボールにレコードを入れたまま山積みにして、音すら出せないのでは困る。

手持ちの物で誤魔化すことにしたが、スピーカーの間にこのようなモノを挟むのは視覚的にも音質的にも良くない気がするし、気分がよろしくない。

この形でしか運用できないのならせめて雰囲気の良い本棚を探したい。

ちなみにアンプ類を置いてあるコーヒーテーブルもCraigslistで見つけたものだ。
写真を見て某獄道邸で見かけた立派なコーヒーテーブルに似てたので天佑と思い込み購入した、値段は200ドルと古く並み程度の品なのに強気で、赤貧を地で往く身には堪えたが今は満足している。

私は美意識が高くもないしセンスも無い、ついでに言えば資金も無い。

しかし、せめて身の回りには安くても襤褸でもデザインや雰囲気の良いものを置きたいと思っている。




e0022439_19255183.jpg

とりあえずの音出しで、良い雰囲気の音が出ることに気づいた。

ハワイに来てから我がシステムは一聴しただけでガッカリすることの連続で、オーディオに対する情熱が下降気味であった。
この程度の音しかでないなら、少々足掻いても無駄だと諦めてしまっていた。

ダメな部屋は一瞬でダメと判ってしまうのは、ここを見てくれている諸兄には共通した認識であろう。
どんな機器でも部屋の影響を受けずにはいられない。
逆に言えば音の良い部屋があればそこそこオーディオでもじゅうぶん楽しめる。

長い部屋のほぼ中央部に短手方向を使ったセッティングである。
SPまでは2メートル強のニアな聴取位置となる。

直接音の比率が高いが余韻の消え方に艶がある。
天井は高くないが吹きつけウレタンで余計な反射音を防いでいるのと、床全面が大理石タイルを敷き詰めてあるのがこの艶のある音に貢献しているようだ。

ちょっと楽しみになって来た。

夕暮れに海を見ながらエヴァンスなんかを静かに聴くと幸せになれそうな気がする。


オーディオの神様に感謝したい。

しかし問題もある。

電源コンディショナーのTiceが壊れたようだ。
彫刻的な音像と奥行きのあるステージを醸しだす能力のあったモノだけに、無いと寂しい。

深刻なのはアナログで片チャンネルの音が出ないことだ。
たまに不調を見せていたリード線のような気がするが、カートリッジ内部の断線ならお手上げである。

ヒマを見て原因を究明し解決したい。

とりあえず、明日は午前ゴルフ、午後仕事、その後は子守りなので無理だ。
[PR]

by darda95_215 | 2010-02-15 19:49 | audio | Comments(4) *
Commented by vinvan at 2010-02-15 22:25 x
子守ジージさん、いい雰囲気ですね。
オーディオはまず見た目派の私にはいい音が聞こえてきます。
私も実は昨日鎌倉でアナログの片チャンの断音に遭遇。
カートリッジからプレーヤー、イコライザーまでチェックして
フォノケーブルRCAの天ぷら状態が原因。
半田付けがめんどくさく適当にいじって音を出しています。
Commented by darda95_215 at 2010-02-16 15:10
vinvanさん
先生でもそんなことがあるんですね、ちょっと意外でした(笑)
Commented by jbl375jp at 2010-02-17 10:55
こんにちは。
響きのよさそうなお部屋で良かったですね~
私も、この2~3日、フォノ入力が無音という現象に、プリをあれこれ
弄ってましたが、原因はカートリッジ・ホルダーの接触不良でした(笑い)
今後のdaradaさんのオーディオの書き込みが楽しみです。
Commented by darda95_215 at 2010-02-17 17:38
jbl375jpさん
早速アドバイスに従いホルダー接触部を接点復活材で磨きました。
見事にビンゴ!おかげさまで両チャンネルの音を楽しめるようになりました。
真似をしてモノラル道に突き進むのはもう少し後になったようです w
<< ちょっと嬉しい ページトップ 流浪のジンガリ >>
The Original Skin by Sun&Moon